箕面の滝(箕面大滝)

更新日:2018年12月7日

大阪府箕面市にある「箕面の滝(箕面大滝)」をご存知ですか?高さ33mの迫力ある光景を観賞できるスポットとしても有名ですが、春になると新緑、秋になると美しい紅葉の姿を楽しむことができます。毎年の見ごろシーズンは11月中旬頃から12月上旬頃、滝周辺の紅葉は観賞客に人気があるので訪れる際は混雑に注意してください。

基本情報

読み方 みのおのたき(みのおおおたき)
住所 大阪府箕面市箕面公園
電話番号 072-723-1885/箕面 交通・観光案内所
公式サイト
例年の見頃 11月中旬~12月上旬
開園時間 自由散策
紅葉樹の種類 トウカエデ、イロハモミジ、ヤマモミジ
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 無料
温泉
駐車場
アクセス 阪急箕面駅→徒歩40分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●最寄り駅から少し歩いたところにあるのですが、道路はちゃんと保存されており、お年寄りの方でも歩きやすいようになっていました。紅葉の大きな木が滝の周りにたくさんあるのですが、赤や黄色に色づいていて本当にきれいでした。滝の近くまで近寄ることができ、水しぶきや落水の音を間近で感じることができます。水の上に浮かんだ紅葉を眺めるのも風流があって良かったです。滝の付近には売店が数店あり、紅葉を眺めながらお食事もできるようになっていました。私が鑑賞に行ったときは比較的寒い時期(11月下旬頃)だったので、売店でおしるこを買って鑑賞しました。山道へ続く遊歩道があり、そちらへ行くと山中の紅葉鑑賞も可能です。滝の周りに比べ人が少ないので、ゆっくり鑑賞されたい方には良いのではないでしょうか。山の中で滝の近くという事もあり、鑑賞される際には防寒対策をしっかりされてから行かれることをおすすめします。

●●大阪の北摂に住んでいる人にとっては、言わずと知れた紅葉の観光名所、箕面の滝。実際、私も毎年、秋の紅葉シーズンになると、決まって箕面の滝へ紅葉狩りに行きます。最寄りの駅は、阪急電鉄箕面駅。そこから箕面の滝を見るためには、山道を登って行く必要はありますが、比較的傾斜も緩やかで、基本的には山道も舗装されているため、子どもや年配の方にも登りやすくなっています。山道を登り切ると、水しぶきを上げる箕面の滝と、紅葉の赤が目の前に広がり、疲れも吹き飛びます。迫力満点の滝と、美しい紅葉の光景は、まさに日本の秋を感じずにはいられません。また、箕面の滝の周辺には、ちょっとした茶店もあり、休憩にも打ってつけです。紅葉シーズンには、そこそこ混雑は見られますが、平日であれば割と落ち着いて紅葉を楽しむことが出来ます。滝のマイナスイオンを浴びながらの紅葉狩は、他所ではなかなか味わえません。

30代男性

●●山の中のロケーションで軽い散歩と見事な紅葉を満喫できます。車でも近くの駐車場を利用すれば、大滝まで10分くらいで楽に散策できますし、長めの散歩を楽しみたければ駅から歩いても街並みから紅葉のエリアに足を踏み入れる楽しさがあります。箕面の滝付近では売店で販売されているもみじの天ぷらというものがあり、紅葉を眺めつつもみじを食べる目と口で楽しむことが出来ます。滝の前では細やかな飛沫が立ち上がり、マイナスイオンをしっかり浴びて日々の喧騒から離れて全ての視界を紅葉と滝で埋め尽くしてストレスから解放された気分になりました。散策の道には茶屋で軽食や甘味も販売されているので、のんびりと散歩して体を休ませるのにはもってこいです。醒めるような紅葉スポットに日本有数の滝とのコラボレーションはここでしか味わえない魅力があります。

30代女性

●●箕面の滝までは、駅から歩いて1時間半ほどかかります。箕面公園内を通り抜けて、最後に滝があるという感じです。箕面公園内は山の中に道があると言った感じで、滝まで行く道は紅葉に囲まれています。紅葉がとてもきれいで、360度どの景色も素敵です。もちろんラストに待っている滝も素晴らしく、紅葉した木々の中に流れる滝は、まさしく絶景です。箕面の滝は紅葉の観光地として知られているので、紅葉のピーク時にはかなり人が多いです。個人的には早朝に行くのがおすすめです。早朝の方が人も少ないし、空気も澄んでいてすごく癒されます。少し寒いくらいの朝に、1時間半散歩してほんのり汗をかいて最後に待っている滝を見るのは、本当に気持ちがいいです。箕面名物として紅葉の天ぷらというものもあります。紅葉の葉を塩漬けしたものを油で揚げているそうです。ほんのり甘くておいしいですよ。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●箕面の滝は、日本の滝100選に選ばれている美しい滝です。紅葉の時期が一番良いと聞いたので、紅葉の状況を確認しながら、今という時の週末に行きました。滝というから、行きにくいところにあるのだと思っていたのですが、梅田から1回乗り換えをして、3、40分くらい言ったところに最寄り駅がありました。

最寄駅からすぐに山が始まります。子供も一緒だったので、滝まで1時間以上かかったと思います。まだなの、まだなのと子供は聞いていましたが、登り切って真っ赤な紅葉に囲まれた箕面の滝の前に来たら、綺麗~と声を上げていました。大人の目から見ても、絵に描いたように美しかったです。そして、マイナスイオンも半端なかったです。

箕面に紅葉を見にいらしたら、有名ですので紅葉の天ぷらもご賞味ください。また、焼き栗も売っていました。大きくて、美味しい栗でした。紅葉の時期の箕面の滝は、目だけでなく、味覚の方も楽しめるんだなと思いました。

●●大阪府箕面市にある箕面の滝は、大阪府内でもとてもすばらしい紅葉スポットとして有名な場所です。小学3年生の息子にもその綺麗な紅葉を見せてあげたくて、一緒に行って来ました。阪急箕面駅より約3キロ、箕面川の上流へ向かって40~50分歩いた先にその滝はあります。40分~50分と聞くと少し遠いようにも感じますが、箕面川沿いをハイキング気分で歩いていると、所々に土産物屋さんがあったり川沿いにも綺麗な紅葉が広がっているので、楽しみながらどんどん進んで行くことが出来ました。そしてその日は運が良く、山の斜面に野生の鹿を見ることが出来ました。上流へ向かって歩いて行くので坂道がずっと続きますが、決して険しい坂道ではなかったので、小3の息子でも無理なく進むことが出来ました。そして目的地、箕面の滝へ到着です。箕面の滝は大阪府内の紅葉スポットランキングに選ばれるだけあって、さすがにとても美しい場所でした。滝の少し離れたところに瀧安寺へ続く赤い橋があるのですが、その橋の赤色と美しいもみじの紅葉、川の水と滝のしぶき、それぞれの色合いがとても美しく絶景でした。滝に一番近くまで寄ると、滝の迫力を感じながら紅葉の美しさも楽しむことが出来、しばらく時が経つのも忘れる程眺めていました。小学生の息子もその美しい景色を何枚も写真に収め、とても楽しんでいました。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●駅から滝まで歩いていくのがおすすめです。歩いていくのにちょうどよく、期待が高まります。観光シーズンは、人でいっぱいなので車は通れません。途中で、もみじの天ぷらが実演販売されています。気分が盛り上がります。大阪の中心部から近いのに、とっても自然に囲まれた場所です。少し山道ですが、景色を楽しみながらなので疲れは気になりませんでした。散歩が好きな方なら、小さな子供から高齢者まで無理なく楽しむことができます。紅葉はとてもきれいです。滝と紅葉のコントラストは、とても美しいです。滝を見るだけでも癒されるのに、色鮮やかな紅葉がプラスされることでとても印象に残ります。駅から歩いて滝までの道中も、ずっと紅葉が続いているので飽きません。ゆっくりと歩きながら進むので、紅葉もゆっくりとたっぷりを味わうことができて、心からすがすがしい気分になれました。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ