大阪市立科学館

更新日:2018年12月7日

こちらの施設では、科学に関するあらゆる資料を収蔵したり、展示したりしています。また講座や講演会などを開き、より理解を深めてもらうためのイベントも開かれています。さらに、サイエンスショーを開き、お子様にも科学に興味を持ってもらえるような工夫をし、多くの人に科学に興味を持ってもらう努力をしています。プラネタリウムもあり、オーロラやビッグバンなどの多くの種類の上映を行っております。

基本情報

読み方 おおさかしりつかがくかん
住所 大阪府大阪市北区中之島4-2-1
電話番号 06-6444-5656
公式サイト こちら
営業時間 9時30分~17時
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
入館料 大人400円 高大生300円
年間パス
駐車場
アクセス 大阪市営地下鉄四つ橋線「肥後橋駅」3号出口より徒歩7分

口コミと評判

20代男性

●●一見、展示内容は普通の科学館にありふれた内容に見えるが、よく見てみるとかなりマニアック、というのが大阪科学館の特徴です。体験型の展示を歌っているだけあって、どこの科学館にもある、月の満ち欠け模型や人力発電機などはもちろんあります。目を引くのは、原子炉内での核分裂反応の様子をピンポン玉のフローでシミュレーションする装置や、ノーベル賞を獲得した「対称性の破れ理論」が一目でわかる方位磁石が敷き詰められたテーブルなど、こどもがなんとなく楽しむ展示だけではなく、科学に詳しい専門家ですら楽しむことができる本気の展示を見ることができるのが、この科学館の特徴です。普通の科学館とは異なり、展示方法も工夫されており、高尚に科学を楽しむ展示だけではなく、日ごろ使用している製品を分解して動かして見せるような展示もあり、マニアから子供まで十分楽しめる科学館です。

20代女性

●●大阪市立科学館は京阪中之島駅の近くにあり、車でも電車でも簡単に行けます。日本では珍しく、体験型の科学博物館になっており、楽しみながら科学について学ぶことができます。子供連れはもちろん、大人のカップルでも十二分に楽しめる場所です。雨の日でもいけるので、デートスポットとして頭にいれておいてもいいかもしれません。てこの原理や発電の仕組み、宇宙などについて学ぶことができます。普段、学校などで座学でしか学んでいなかったことも、実体験を通して、体で感じることができます。算数や数学、理科の問題を解く際には簡単なことも、その原理は意外とわかっていないことがたくさんありました。実際に試して不思議に思い、もっている知識をフル活用して、友人や子供達と一緒にあれこれと話し合うことは、理解を深めるためにもとても貴重な機会になります。

30代男性

●●地下にプラネタリウムも併設されている科学館で梅田の繁華街から電車で一駅、そこから徒歩で5分ほどとアクセス抜群なので今までに何度も訪れています。常設展ももちろんですが時期ごとに「サイエンスショー」という参加型のショーが行われており、よりどっぷりと科学の世界に浸ることができます。常設展では階ごとにテーマが分かれており、理系の人なら高校物理化学で習ったであろうスペクトルや回折格子などから、ナイロンなどの身近ものに関する話までが高校の授業よりも分かりやすく説明されています。2階の展示はほとんどが体験型になっているので、いつ行っても2階は子供連れの家族で大賑わいです。建物自体はそんなに大きくないのですが、内容の多様さ・深さのおかげでどれだけいても飽きることはありません。地下のプラネタリウムと合わせて一日コースで楽しむのがいいと思います。

30代女性

●●大阪市立科学館へは夫と行ってきました。展示室の見学は最上階の4階から始まり、見学が進むに従って下の階に降りていきます。まず4階は宇宙とその発見というテーマがあり、オーロラ発生装置や人間磁石など体験をしながら宇宙について学ぶ装置や、江戸時代の天文学や古代の宇宙観といった天文学史的なことも学ぶことができます。次の3階では身近に化学というテーマがあり鉱物や宝石の展示がありました。意外な場所が宝石の発見場所だったので驚きました。他にも、においの世界というコーナーでは人間の出すにおいや、食品に使われるにおいなどを学べます。次の2階ではおやこで科学というテーマになっており、ボール運動など物理を体験しながら学べますが、学びというよりもむしろ遊びそのものなので大人でも童心に返って楽しめます。次の1階では電気とエネルギーというテーマになっているのですが、この会に到達するまでにたくさんある体験装置で遊んでいたために、見学することができませんでした。そのくらいたくさんんの面白い展示があるということです。そして、この大阪市立科学館にはプラネタリウムがあり、私たちはプラネタリウムを楽しみました。大阪市立科学館の入館料は大人400円で、プラネタリウムはそれとは別に大人600円が必要です。私がこの施設を子ども連れの方ばかりでなく、ご夫婦やカップルのデートの場所としてとても良いと思っています。まず、ここは施設ですので真夏でも真冬でも冷暖房完備で快適です。そして私が夫と出かけたこの日、夫はようやく仕事を休めた休日でとても疲れていたので、プラネタリウムでの45分間に夫の体が休まればと思って計画しました。私の考えた通り席に着くと寝息が聞こえてきました。私は星の世界を楽しめて、夫はデート中でも気兼ねなく休息時間を持つことができたので、2人とも満足してデートを楽しむことができました。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●夏休みに小学生と幼稚園児の子供二人と友人親子二組と共に科学館に行ってきました。大人400円、子供たち(小学生から幼稚園)は無料で入場できます。一旦4階まで上がり順番に見ていくのですが、『見て』『触って』『体を動かして』体験するものがたくさんあり、朝からお昼ご飯をはさんで夕方まで滞在しました。職員の方が装置の説明や解説もしてくださり、子供にもわかりやすかったです。プラネタリウムとサイエンス・ショーなども行われているので、次回は見に行けたらなあと思います。1階には喫茶がありそこでお昼ご飯を食べることも出来ますが、ここは食事の持ち込みが可能なので、入館前にコンビニなのでお弁当と飲み物を買い、チケットカウンターと同じ地下1階にあるコインロッカーに入れておけば、お昼の時間に開放される1階のスペースで食事が出来ます。また入り口横にはロボットの『キューブくん』、ルービック・キューブを素早くそろえるところを見せてくれます。冷暖房完備で、入場料がたいへん安く感じられる科学館で、充実した一日を過ごすことが出来ました。

50代男性

●●大阪市立科学館は昔から知っていましたが特別行く用事もありませんでしたが数年前に奇跡の生還が話題になった小惑星探査機はやぶさの天体映像をしていた時に行きました。入場料は600円でした。建物自体は近未来的なデザインですがもう築25年以上経っています。館内は綺麗です。ネットで混み具合が確認出来るのが便利です。小学校の団体学習とかも多数来ているようです。最寄りの駅からは一番近い地下鉄四つ橋線の肥後橋駅からでも歩いて10分ほどかかりました。お年寄りには少ししんどいかも判りません。催し物は定期的に変わります。プラネタリウムは随時やっていてその他の催し物も入れ替わり立ち代わりしています。何が観たいのかネットで前もって調べるのがベストです。定休日も原則月曜日ですが祭日等により変わりますのネットで確認しましょう。親子はもちろんカップルで来ても十分楽します。大阪観光のお薦めスポットのひとつです。

50代女性

●●子どもが小さいとき、よく行きました。我が家にとっては、天気が悪いときや、真夏や真冬で外で遊びにくいような時の、お助け場所のような施設でした。プラネタリウムもあって何度行っても飽きることなく楽しめます。見るだけでなく、実際に手や体を動かして体験できるのが嬉しかったようで、博物館などにはあまり興味のなかったうちの子どもも、ここは喜んでいました。行くのが休日のせいかいつも人でいっぱいで、子どもと同じくらい大人も多く来ています。プラネタリウムでは若いカップルの姿もよく見ました。また、私は参加したことがありませんが、サイエンスショーなどのイベントも豊富にあるようです。理科が好きな子は楽しめるのはもちろんのこと、特に興味のない子どもでも勉強や知識を増やすなどを意識することなく遊べる施設です。親にとっては楽しい思いをさせながら、もしかしたら知識も増えるかも、と期待を持つことができます。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ