那智の火祭

更新日:2018年12月7日

日本三大火祭りの一つで、毎年7月14日に開催される熊野那智大社の例大祭「扇祭り」の一幕で行われます。重さ50キロ以上もある大きな松明の揺らめく炎が参道を埋め尽くし、見る者を幻想的で荘厳な世界へと誘います。また、当日奉納される「那智田楽」は国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

基本情報

読み方 なちのひまつり
開催日時 7月14日10時~
開催場所 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町(熊野那智大社)
電話番号 0735-52-0555(那智勝浦町観光産業課)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】紀伊勝浦駅からタクシーで20分
【バス】滝前より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●那智勝浦にある熊野那智大社で執り行われる例大祭です。歴史ある熊野那智大社は、「那智さん」の愛称で親しまれ、滝の神様が祀られています。その神様が、那智の滝の滝元の神社まで戻られる日が、那智の火祭り「扇祭」にあたります。大松明を手に、白装束姿で那智の滝の参道を進む様子は迫力満点です。参道の両側から、一般人が観覧できる場所がありますが、大自然の中ですので整備された道でもなければ、ゆっくり座って見られような場所でもありません。木々も被い繁っているので、足元の根にも注意が必要です。しかしながら、例年早朝から場所取りをされる方もいらっしゃいます。早めに現地に到着し、落ち着いて見られるスポットを探しておくべきでしょう。火祭りは午前中から、田楽の奉納があったり、扇御輿が運ばれたり、大松明以外にも見所はたくさんあります。場所の確認も重要ですので、前日入りがオススメです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ