千葉県立中央博物館生態園

更新日:2018年12月7日

都会の野外博物館・千葉県立中央博物館生態園では、自然の中で活き活きと暮らす生き物を展示しています。生き物を観察しながら、森や草地、湿原、海岸なども眺めることができます。園内には水鳥の生息する池もあるので、普段なかなか目にすることのない水鳥の暮らしぶりも観察できます。運がよければタヌキやイタチに出会えるかも!

基本情報

読み方 ちばけんりつちゅうおうはくぶつかんせいたいえん
住所 千葉県千葉市中央区青葉町955-2
電話番号 043-265-3111
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時30分
休園日 月曜日(祝日の場合は翌日休園)
年末年始
入園料 大人300円 高大生150円
年間パス 大人1,500円 高大生750円
駐車場
アクセス 京成千葉寺駅から徒歩15分

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●仕事の関係で近くまで行った際に、千葉県立博物館生態館に立ち寄りました。こちらの案内によると、千葉県の自然と歴史を学べる云々との事でしたが、入館すると間もなくナウマンゾウの骨格標本がお出迎え。少し思っていたのと違うなと思いながらも、スズメバチの巣や様々な動物の化石を眺めたりして、奥に進むと、今度は生きた蛇や蛙の水槽。なかなかディープで面白い博物館でした。園内の喫茶店で一息いれて、続いて屋外の生態館に行きました。ここでは江戸時代からある、溜め池を舗装したという風情のある池があり、夕暮れ時の散歩にはもってこいです。池の上に佇む野鳥の観察小屋が、夕焼けを浴びて絵葉書のような美しさを放っていて、とても綺麗でした。不思議な博物館と、自然に囲まれた生態館に心を癒された良い一日となりました。私は一人でしたが、家族連れにおすすめの穴場スポットですね。

30代女性

●●とても小規模な博物館ですが、このコンパクトさが子連れにはほどよい規模だと思います。青葉の森公園に併設されており、公園に遊びにきたついでに行ってみたのですが大人300円とは思えないほどにコストパフォーマンスがよく、なかなか見ごたえがありました。ちょうど足を運んだときは夏休みに合わせて企画展が行われており、家族連れで賑わいを見せていました。企画展の内容は恐竜で、リアルな模型も展示されていてなかなか興味深かったです。また常設展は房総半島の歩みについて主に展示がされているのですが、今と昔を文字だけではなく写真なども積極的に使って展示されているので子供でも分かりやすい内容でした。じっくり見ても1時間ほどですが、内容が濃いのでとトータル的にはとても満足しました。子供もまた行きたいといっていたので、自由研究などにもとてもおすすめです。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●千葉県立中央博物館生態園は、千葉県立青葉の森公園の中にあります。この公園はとても広くて、すべてを1日で見ることはとても不可能です。私は昨年末にこの公園を訪問して気に入ってしまい、連続して3日訪問してしまいました。そのうちの1日は生態園です。生態園は自然の生態をそのまま展示する野外博物館です。園内はとても広くて、森や草地や湿原を体験できます。いろいろな木々を眺めながらの散策もとても面白いのですが、野鳥観察舎からの野鳥を見ているだけで時が過ぎてしまいます。水鏡に映る色づいた木々の上を野鳥が通り過ぎる波で乱されるとき、まるで水面の絵の方に吸い寄せられるようです。今度行くときは野鳥だけでなくタヌキやキツネに会えたら、なんと楽しいことでしょう。都市の中にあるのに豊かな自然の生態に出会える場所、それが生態園です。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●博物館の庭というか、この生態園の中に博物館があるといったほうがいいような広大な敷地です。池と丘が基本的な地形になっていて、房総地域の水辺から丘陵までの要素の中に生える植物を、自然な状態で見ることができます。園内は歩道が整備されているので、雨の後とかでなければ普通の靴でも大丈夫そうです(ハイヒールはダメかな?)。昔はどこにでもあった池や森がある子供の遊び場だったのでしょうが、今の都会の子供は自然とふれあうのも、わざわざこのような場所に来ないといけなかったり大変だなと思ったりします。私自身は田舎で育ったので、こんな場所では、春から夏は、オタマジャクシやヌマエビ、ヤゴやトンボを見つけたり、秋・冬だったらカマキリの卵やミノムシを見つけたりするのだろうと、童心に帰れそうでした。今の子供に教えてあげるなんて高尚なことは考えず、自分自身で楽しめそうなところです。行った時は夕方でしたが、池に沿ってカワセミが飛んでいて、鮮やかなブルーの姿にはちょっと感激しました。一緒にいた人は、そんなに自然とふれあう機会もない方だったので、分からなかったみたいです(カワセミは意外と小さい)。 ここで、楽しむには少しコツがいるかもしれません。隣の博物館で、この風景に潜む生き物たちの勉強ができるので、体験と合わせるというのが狙いなのでしょう。そんなに混雑するような人気スポットではないでしょうが、残っていってほしい場所と思いました。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ