下総三山の七年祭り

更新日:2018年12月7日

丑年と未年にあたる年に開催される祭り。船橋市や千葉市、八千代市、習志野市にある9つの神社のお神輿が二宮神社境内に参拝に集結します。数えで7年目毎に行われるので「七年祭り」という名がつきました。近年では2009年11月22日に開催されました。文安2年(1445)に始まり、現在では千葉県の無形民俗文化財にも指定されています。

基本情報

読み方 しもうさみやまのしちねんまつり
開催日時 丑年と未年(6年に1回)
開催場所 千葉県船橋市三山(二宮神社)
電話番号 047-472-1213(二宮神社)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】京成電鉄大久保駅から徒歩20分

口コミと評判

20代男性

●●地元の人は必ず足を運ぶと言われているのが「下総三山の七年祭り」です。六年に一度しか開催されないのですが、このお祭りがある日には大々的な交通規制が敷かれるほど、地域全体が盛り上がります。このお祭りは4市9神社が一同に会することで知られています。9つの神社の御神輿にはそれぞれ家族の役割が割り当てられていますが、その担ぎ手の衣装や法被の色なども、神社ごとに違いが見られます。9つの神社ごとに、どこが違うのかを見比べていくのも楽しいことでしょう。そして見所は神揃場と呼ばれる場所に、御神輿が勢揃いするところです。9つの御神輿が集合して揉まれている様子は、まさに圧巻の一言です。その後、昇殿といって二宮神社の社殿に御神輿を上げる儀式が行われますが、これは一般客は見ることができません。4市9神社が一同に会する様子を見ると、日本のお祭りがいかに地域をまとめる役割を担っていたのかを再確認できます。日本の古きしきたりを受け継いでいるお祭りと言えるでしょう。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●おまつりは毎年開催されるものも多いのですが、この「下総三山の七年祭り」は毎年あるおまつりではありません。干支で言うところの丑年と未年の年に開催されます。7年目ごとに行うので「七年祭り」とされています。三山にある二宮神社が中心となって行われるお祭りで、千葉県の無形民俗文化財にも指定されています。二宮神社を中心として船橋市や千葉市、八千代市、習志野市に点在する9つの神社が一緒になって行うもので、それぞれの神社の氏子たちが総出で参加します。何日にもわたって行われるお祭りにはそれぞれの神社の神輿が繰り出し、たくさんの観光客でにぎわいます。二宮神社の近くに引越してからは、毎回楽しみにしています。お囃子に合わせて神輿が勇壮に担がれて進むのは、見ていてわくわくします。神社にはおまつりに合わせてたくさんの出店もあり、それを楽しみにしている子供たちもいます。

ページの先頭へ