21世紀の森と広場

更新日:2018年12月7日

「21世紀の森と広場」は千葉県松戸市にある自然豊かな公園。広場でゆっくりとしながら紅葉観賞できるのも特徴です。秋に松戸市を訪れた際にはぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?赤く色づくモミジが華麗で、広場を包み込むように染め上げる姿は必見。毎年11月中旬頃から12月中旬頃に見ごろを迎えます。入園料は無料。

基本情報

読み方 にじゅういっせいきのもりとひろば
住所 千葉県松戸市千駄堀269
電話番号 047-345-8900/パークセンター
公式サイト こちら
例年の見頃 11月中旬~12月中旬
開園時間 9~17時
紅葉樹の種類 モミジ類
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 無料
温泉
駐車場
アクセス 松戸新京成バス「公園中央口」バス停から徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●21世紀の森と広場は、松戸市にある豊かな緑に囲まれた公園です。近所に住んでいた頃は、子どもを連れてよく遊びに行きました。公園まではJR馬橋駅や新京成電鉄常盤平駅、八柱駅からのバスを利用することができます。また車で行く場合も、駐車場があるので便利です。公園に入ると、まず大きな池が目に入ります。さらに奥へ進むと広大な芝生広場があり、子どもたちの遊び場となっています。そして周囲を見渡すと、たくさんの木々に囲まれていることがわかります。なかでも紅葉シーズンに見た、モミジやケヤキの真っ赤に色づいた光景が印象的でした。紅葉のオススメスポットは、つどいの広場や光と風の広場付近です。時間に余裕があれば、バーベキューを楽しむのもよいと思います。またお弁当を持参して、芝生広場で食べるのもよいでしょう。公園内を縦断する道路まで足を伸ばせば、高い位置から公園を見下ろすこともできます。

40代女性

●●千葉県松戸市にある自然豊かな公園、21世紀の森と広場は近場で楽しめる紅葉スポットです。12月上旬に行きましたが、もみじやイチョウなど色とりどりに紅葉していて、とても綺麗でした。公園ですが、遊具などは殆どなく他の公園に比べたら、子供の割合が少ないので、のんびりお散歩するにはちょうどよい公園です。また、遊具などはないですが、とても広い広場がいくつかあるので、子供たちは持ってきたバドミントンやボールでのびのびと遊ぶことができます。公園内には、小さな川が流れていて、夏場は裸足で水の中に入って遊ぶことができます。また、公園内には竪穴式住居が建てられていて、中に入ることが可能です。この中に係の方がいると、住居内での暮らしの説明をしてくれます。お腹が空いたら小さなレストランが1カ所あるので、そこで食べることもできますし、もちろんお弁当を持ち込んで敷物やテントで食べることもできます。駐車場は公園の周りに何カ所かありますが、一番メインの東駐車場は、1日500円です。都内からも近いので、ぜひ紅葉の時期にのんびりお散歩に来てみてはいかがでしょうか。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●千駄堀という湿地帯だった公園は、多くを芝生広場などのために埋め立てていますが、湿地帯の自然も残して活かされいる公園です。私の紅葉のおすすめスポットは、大きな池のとなりにあるみどりの里を抜けながら行く「つどいの広場」です。大きなケヤキなどがたくさんあり、とてもきれいに紅葉します。広場の周りが遊歩道になっているので、大きな木を見上げながらのんびり歩くのがお勧めです。遊歩道をそのまま歩いていくと、生命の森と呼ばれる、ちょっとした山につながっているので、そのまま散策すると、いろいろな木の実や植物も見られます。ただ、21世紀の森と広場は、一番近い八柱駅からも、ちょっと距離があるので、車や自転車で訪れる人が多く、紅葉シーズンや行楽シーズンには、駐車場が混雑することがあります。また、駐車場は1日500円です。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ