茨城空港

更新日:2018年12月7日

航空自衛隊百里基地との官民共用空港として、2010年にオープンしました。定期便は国内線がスカイマーク、国際線は中国のLCC・春秋航空が運航しています。ターミナル内でのアニメ「ガールズ&パンツァー」関連のイベントが、空港の知名度向上に貢献しています。空港の近くに「空のえき そ・ら・ら」という施設があり、空港がある小美玉市の名産品の販売店やレストランがあります。

基本情報

読み方 いばらきくうこう(ひゃくりひこうじょう)
別称 百里飛行場・百里基地
種別 共用空港
空港コード IBR / RJAH
住所 茨城県小美玉市与沢1601番55号
電話番号 0299-37-2800
公式サイト こちら
ターミナル 1棟
営業時間 8時~20時30分
国際線
免税店
駐車場
滑走路 ・2700×45
・2700×45
アクセス 各地からバス

口コミと評判

20代男性

●●茨城空港は、就航している路線こそは少ないですが、利便性に富んでいる為、私は度々利用しています。まず、第一の魅了は駐車場が無料なことです。成田空港や羽田空港は、1日車を駐車するだけで500~2000円程度かかってしまいます。もし、長期間の旅行の場合は、駐車場だけでもばかになりません。その点、茨城空港は広大な敷地に駐車場が整備されているにも関わらず無料で車を駐車することができます。これは利用者にとってはとても有難いことです。次に第二の魅力は茨城空港と東京駅を結ぶ高速路線バスが、茨城空港に就航する航空路線を利用した場合に、無料で乗車できる点です。通常では1000円の運賃がかかりますが、無料で東京駅まで移動できるという点も利用者にとっては大きなメリットだと思います。今後、就航路線が増え、ますます茨城空港そして茨城県が発展することを願っています。

20代女性

●●実際に利用したわけではなく、見学しにいきました。第一印象は、とても小さく思いました。某ショッピングセンターのほうがよっぽど大きいかなと思ってしまうほど。だけど、ちゃんと国際線があり大勢の外国人観光客がいました。2階には茨城県の特産物を買うことのできる売店もあり、そちらも大変賑わっていました。屋上からは飛行機の発着を眺めることができます。自衛隊の百里飛行場の近くでもありますので、自衛隊の飛行機も見えるかと思いきや、そちらの方向だけ見えないようなマジックガラスになっており、はっきりと見ることができませんでした。空港外にはたくさんの戦闘機のような飛行機が飾ってありました。自由に触ったり写真を撮ることができ、マニアにはたまらないと思います。こじんまりとしている空港ではありますが、来た人を楽しませてくれる、そのような空港でした。

30代男性

●●茨城空港は近くに駅がなくアクセスするには車を使うしかありません。しかし、駐車場は無料なので安心して飛行機を利用できます。以前はデッキから自衛隊の基地方面が見えないようにするためにガラスに加工してありましたが、現在は苦情が多かったためか普通のガラスになっているため身を乗り出さないでも滑走路全域と基地を見ることができます。同じ茨城県内の大洗町を舞台にしたアニメ「ガールズ&パンツァー」の看板が置いてあり滑走路の飛行機と一緒に記念写真を撮るのもいいでしょう。空港自体は大きめのスーパーくらいの広さですのですぐに1周できてしまいます。2階にはフードコートとお土産屋さんが入っており茨城県の特産品だけでなく、LCC路線があるためか韓国など海外の商品も扱っています。外には戦闘機が置いてあり間近で見ることができます。周りを見ると子供が大はしゃぎで写真を撮っているので、子連れでも飽きさせずに見学することができると思います。周りに茨城空港以外の観光施設が少ないため少々行きづらいのが難点ですが、気軽に入れるので飛行機を間近で見たい時はいい場所だと思います。

30代女性

●●茨城空港の良いところは、駐車場が無料な所です。また、飛行機を利用されるなら東京から空港までの高速バスが片道500円です。要予約ですが、とても安く利用しやすいと思います。待合室から飛行機乗り場までは、徒歩で外を歩きます。天気のいい時はいいと思いますが、雨の時はちょっと嫌だなと思いました。待合室にも売店はありますが、時間帯によってお弁当類は売り切れています。なので、待合室に入る前に食べ物類は購入した方がいいと思いました。飛行機の中でも飲食物は有料になりますので、事前に購入した方が安いし好きなものを食べられます。また、待合室は座れるところもちゃんとあり、トイレも綺麗でした。まだ茨城空港自体が新しいので建物は綺麗です。2階にフードコートやご当地のお土産売場があります。2階の外のデッキで飛行機の離発着を見ることが出来ます。テレビの撮影場所にも使われたことがあります。

●●自衛隊百里基地に併設された空港です。最寄の駅からはとんでもなく離れており、また高速を使用しないと遠いところにありますので、最初は物見遊山で訪れた茨城県民もいましたが、現在はそれほどでもないようです。自動車のあしがない方は路線バスが走っておりますので、水戸駅など主要駅までこのバスで行くことが出来ます。就航しているのはスカイマーク、中国便などです。2Fの展望デッキから飛行機を眺めようとしましたが、あまりに飛行機が飛んで来ないので30分ほどで飽きてしまいまいた。隣りの百里基地はあまり見えないようにクリアボードに加工がしてあります。ちょっと残念ですね。中の施設はちょっとしたお土産屋さんと飲食店が少し。ワクワク気分で行くとがっかりするかと思います。また農地が周辺は広がっておりますので、堆肥のにおいが風に乗って流れてきます。もともと茨城は田舎の雰囲気がありますが、より強調されるような気がしました。ただここは駐車場が無料なので、そのメリットを利用する価値はあるかも知れませんね。

40代男性

●●茨城県小美玉市にある、茨城空港です。ここは航空自衛隊百里基地の飛行場ですが、茨城県の要請を受けて民間空港を併設しました。国内線はスカイマーク、国際線は中国の春秋航空が就航しています。関東では羽田空港か、成田空港しか選択肢がなかったのですが、茨城空港の誕生により関東からの発着空港の選択肢が増えました。茨城空港のウリは、駐車場が無料であることです。何日間とめても駐車場無料となります。バスの定期便もありますが、駐車場が無料ということもあり、利用者数は少ないです。空港内にはお土産屋(自衛隊グッズもある!)と和食、洋食レストランが入店しており、待ち時間などもゆっくりと過ごすことができます。1Fが飛行機の乗り降りをするスペースで、2Fが土産、食事のスペースという風に分かれています。まだまだ新しい空港です。

40代女性

●●百里基地と同じ場所にある北関東唯一の国際空港です。立地は非常に不便な所にありますが、東京駅からワンコイン500円で行けるシャトルバスがあり、高速道路から降りて分かりやすい場所にあり、自家用車なら都内の渋滞なんか気にせずスイスイと行けちゃいます。おまけに駐車場は無料なので、私は帰省時にはよく利用します。下手に羽田まで行くよりは、お金がかからずに済みます。現在5社のLCCが乗り入れています。前は離発着も1日4回程度でしたが、訪日外国人が増えたおかげで茨城空港も最近は賑やかになっています。ターミナルのショップはこじんまりとしていて、非常に使いやすいと思いますが、お土産ははっきり言って物足りないかもしれません。空港見学者も民間機に加えてお隣の自衛隊機も見えることから、マニアにはたまらない空港となっているようです。

●●上海への往復が頻繁にありよく利用します。茨城にあるから不便、というイメージがあるかもしれませんが東京駅から専用のバスを利用し約2時間弱で到着します。電車で乗り継ぎを繰り返しヘトヘトになる2時間ではなくバスに揺られてのんびりと空港まで行けるので、住んでいる場所にもよりますが成田空港より便利な印象があります。バスは定時に来ますし、渋滞に巻き込まれたことは今まで1度もありません。空港は一見国際空港と思えないほどこじんまりとした建物です。2Fへ上がるエスカレーターを中心に右側が国際線、左側に国内線チェックインカウンターがあり一目でフロア全体が見渡せるほどの広さです。それぞれのカウンター数も数えるほどで飛行機が来る時間帯しか開いていません。成田や羽田空港のようにこれから海外に飛び立つんだ!というワクワク感はあまり感じられませんが、チェックイン・出国手続きに時間がかかりませんし広すぎて子どもを見失うこともないのはいいところです。1階にコンビニや宅急便カウンターがあり、2階には土産物屋と免税店、食堂があり飛行機をみながら食事ができます。といっても頻繁に離着陸があるわけではないので搭乗の待ち時間内で1,2回くらい見られるくらいです。茨城空港は航空自衛隊百里基地という側面もあり自衛隊機が飛び立つ瞬間を見られることもあります。旅客機とは全然スピードが違い迫力は桁違いです。こういうものが見られるのは茨城空港ならではのメリットです。

50代男性

●●子供が帰省する際に迎えに行きました。国際便も一応ありますが、あまり大きく無い国内の地方空港の典型的な建物だと思います。航空自衛隊の基地と共同になっているので、駐車場周辺に戦闘機の展示があったりします。また、茨城県大洗町はアニメの舞台となっているため、そのキャラクターがあちらこちらに立っています。そのせいか、マニアの方々がちらほらと見受けられます。売店には自衛隊グッズなどもならんでいて、結構面白かったです。飛行機へはボーディングブリッジをつかわず、なんと歩いて飛行機の下まで行き、タラップ(階段)を使っての乗降になります。雨の日はちょっとかわいそうな気がしました。一日の離着陸数は数本ですので、お昼前後以外はとても静かです。田園の中の空港ですので、天気の良い日はお弁当を持って(もちろん簡単な食事はできますし、車で数分内ににコンビニ・スーパー・空の駅があります)ピクニック気分でどうぞ。そうそう、マニアの方には言うまでもないことですが、秋には航空自衛隊の航空祭というのがあって、多くの人が訪れますよ。

50代女性

●●台湾への格安ツアー旅行で茨城空港発着プランを利用しました。初めての茨城空港利用で当初は少々不安でしたが、何と500円で東京駅から茨城空港までの直通バスが出ていて大変便利でした。時間も1時間半ほどで到着しましたので成田空港利用とあまり変わらなかったです。空港施設はまだ新しいので気持ちよく利用できました。地方空港といった位置づけですが中国や台湾などアジア圏への国際線も発着する国際空港なので、施設はそれなりに充実していました。大変コンパクトな空港なのですが、それが使い心地が良くメリットなのだと感じています。同じフロアで出国と入国のエリアがあるのも大型空港とは違って分かりやすくてよかったです。こじんまりとした空港ながら2階にはレストランやカフェ、お土産屋さんが軒を連ねており必要なものは大体揃っています。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●全国的にみれば新しい空港です。地方の空港ですので便数は少ないです。乗り入れている航空会社もSKYMARKと中国の春秋航空で、札幌、神戸、福岡、那覇と上海に定期便が出ています。面白い特徴としては、航空自衛隊百里基地に併設された空港ですのでたまにF-15等の自衛隊の航空機をみることができます。空港の敷地内には、退役したF4戦闘機も展示されています。乗ることはできませんが、かなり近く2~3mという近さで細部までみることができます。空港内には、茨城のお土産と航空自衛隊のグッズが買える売店と、カフェと食事場所があります。地方の空港ですので、広くはありませんが一通りは揃っています。また、以外と便利な点は駐車場のスペースが田舎らしく広く、しかも無料で利用できることです。車できて、飛行機にのって、車で帰るということが普通にできますのでその点は利用しやすいと思います。

ページの先頭へ