豊田城

更新日:2018年12月7日

1346年に豊田善幹によって築城、居城とされました。その後、多賀谷氏の領有となりましたが1601年に江戸幕府の天領となった際に廃城となりました。1992年、すぐそばに模擬天守が建てられ常総市地域交流センターとなっており、内部に大ホールや図書館、資料の展示室を備え、こちらも「豊田城」と呼ばれています。

基本情報

読み方 とよだじょう
別名 ×
住所 茨城県常総市新石下2010
電話番号 0297-42-0169
公式サイト こちら
城郭構造 不明
天守構造 不明
築城主と築城年 常総市 1992年
主な城主 常総市
廃城年 ×
営業時間 9時~16時30分
定休日 月曜日(祝休日の時はその翌日)
入場料 一般400円 小中学生200円
駐車場 あり・無料
アクセス 常総線石下駅より徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●旧石下町(現常総市)によって、竹下内閣当時の政策であるふるさと創生政策の1億円を原資に建設されました。この地域に実際に城はあったと言われていますが、現在この豊田城がある場所ではないそうです。建設経緯からも分かるように、非常に新しく、昔の城の復元というより、城の形をした資料館&市民ホールという感じです。ちなみに天守閣の高さは日本第2位と言われている通り、外観は非常に立派な城となっています。内部は最上階の7階が展望室となっており、関東平野と筑波山が一望できます。6階は地元の小説家長塚節に関する展示が主となっています。しかしながら、観光名所というより、「地域交流センター」という名称が付いていることもあり、ホールや図書館の利用が主となっています。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ