弘道館

更新日:2018年12月7日

節目の季節に梅の名所を巡ってみませんか?桜や紅葉も美しいですが、白に紅にと色づく梅の花はとっても風情があります。カメラマンの方も多く訪れ、静かにゆったりとした時間を過ごすことができますよ。偕楽園と並んで有名な茨城県水戸市の梅の名所「弘道館」では、およそ800本もの梅の花が観賞可能。見ごろシーズンは毎年3月上旬頃から中旬頃となっています。

基本情報

読み方 こうどうかん
住所 茨城県水戸市三の丸1-6-29
電話番号 029-231-4725/弘道館事務所
公式サイト こちら
例年の見頃 3月上旬~中旬
梅の本数 800本
主な梅の種類 烈公梅・月影・江南所無
開園時間 9~17時
梅まつり
ペットの入園
入場料 大人200円 小中学生100円
駐車場
アクセス JR水戸駅北口→徒歩8分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●弘道館は偕楽園の梅を見に行った日に一緒に行きました。弘道館では運良く車を停めることができましたが、収容台数があまりないので梅のシーズンは公共交通機関を利用することがおすすめです。弘道館はかつての藩校で、当時勉学に励んでいたその様子をまざまざと思い浮かぶほどに保存状態がよく見応えがあります。そして敷地内には60種類800本もの梅が咲き乱れており、比較的密集しているのでさほど歩き疲れることもなく楽しむことができました。園内はきれいに整備されており、梅の鑑賞がしやすく美しい写真をたくさん撮ることができました。足を運んだときは3月10日頃でしたが、ちょうど見頃を迎えていて観光客も多かったです、ただ梅の名所としての知名度はやや低いので穴場的な雰囲気も感じられます。ここ弘道館の魅力は歴史的建造物と梅をダブルで楽しめる点にあると思います。

ページの先頭へ