JAXA 相模原キャンパス

更新日:2018年12月7日

JAXAの相模原キャンパスは、様々な研究や開発などを行うことができる特殊実験棟が設置されています。施設見学は予約不要で、展示室やキャンパス内を自由に見学できるようになっています。展示室には人工衛星や探査機などの実物大の模型が展示されていて、解説の映像などを見ることも可能です。またキャンパス内にはロケットの実物大の模型も展示されています。

基本情報

読み方 じゃくさ さがみはらきゃんぱす
住所 神奈川県相模原市中央区由野台3-1-1
電話番号 042-751-3911
公式サイト こちら
見学内容 宇宙科学研究の各種資料や模型など
見学料金 無料
見学可能日時 9時45分~17時30分
見学可能人数 特になし
対象年齢 特になし
予約方法 不要(10人以上の団体のみ電話予約が必要)
お土産 要問い合わせ
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 120分
駐車場
アクセス 【電車】JR横浜線淵野辺駅南口より徒歩20分
【バス】神奈川中央交通バス宇宙科学研究本部もしくは市立博物館前より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●事前申込などは特に必要なく、入口門衛所の守衛さんから見学用のパスを受け取り、キャンパス内を見学する事ができます。見学できるのは展示室、屋外展示、図書室など。展示室では「はやぶさ」をはじめとした人工衛星や探査機、ロケットの模型などを見学できます。”おおすみ”から始まる歴代の探査機達やペンシルロケットなども見ることができます。図書館はもちろん宇宙関係の蔵書だらけなので、時間がいくらあっても足りない感じです。宇宙研生協(売店)では飲み物やお弁当、お菓子類の他に、JAXAグッズや宇宙関係の書籍など、他ではなかなか手に入りにくい商品も購入することができました。人気キャラクターと探査機のコラボ商品など、ちょっと面白いグッズもありました。平日は食堂も利用できるのですが、なんとJAXAの職員さんと共用なので、宇宙関係が好きな人にはたまらないと思います。(ランチタイムは混雑します)平日に限って事前予約が必要な、10名以上の団体見学者を対象とした解説付きの見学ツアーを行っているそうです。普段の見学では入れる場所が制限されていますが、毎年7月のJAXA相模原キャンパス特別公開では普段立ち入れないような場所も見学ができるので、宇宙が好きな人にはそちらもおすすめです。

40代男性

●●はやぶさの展示が観れるとのことで、家族そろって見学に行ってきました。見学は無料で近くの駐車場に停めることができました。駅からは少し離れているかと思いますので、できれば車の方が見学は便利かもしれません。建物の一階の入り口付近に見学スペースがあり、スペース自体はさほど広くはありませんが、歴代の探査機やロケット等の模型や技術説明が満載で、日本の最先端の技術を感じ取ることができました。特に、各展示のパネルは大人でもやや難しい内容でしたが、一つ一つ丁寧に説明されているため、じっくりと内容を味合いながら読み進めることができました。はやぶさの映画に出演された、渡辺謙さんのサインもありましたよ。JAXAの研究所の構内にあるため、勤務されている方々とすれ違うこともあります。いかにも研究者という方々の風貌の方もいらっしゃって、印象に残りました。

40代女性

●●子どもが小惑星探査機はやぶさの大ファンで何度か訪れています。まず、敷地内に入ると日本が開発したM-Vロケットの実機模型やM-3SIIロケット原寸模型などがドーンと展示されています。そしてJAXA相模原といえばはやぶさ。はやぶさに関する展示物の充実度はもちろん日本一。なんといってもこちらのJAXA相模原キャンパスが中心となってはやぶさを開発したのですから。はやぶさの展示だけでなく、日本の人工衛星の歴史を知ることもできます。宇宙に関する書籍も充実していて、自由に閲覧することが可能です。こちらはあくまでもキャンパス、研究機関なので博物館のようなきれいさや派手さはないのですが、それが逆に「ここで日ごろ日本の宇宙開発がされているんだ」という実感が持ててマニアにはたまりません。また、平日のみ営業している食堂は、職員の方も利用されるのではやぶさで有名な方々に会えるなんてこともあるかもしれないですね。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ