大雄山最乗寺(道了尊)

更新日:2018年12月7日

天狗のうちわや鉄下駄などが奉納され、1394年に了庵慧明禅師が開山したとされる曹洞宗の古刹、それが「大雄山最乗寺(道了尊)」です。この寺では毎年11月中旬頃から12月上旬頃にかけてイチョウやカエデ、モミジなどの紅葉が色鮮やかに咲き誇ります。参堂は石畳になっており、紅葉との共演が美しく目に焼きつきます。

基本情報

読み方 だいゆうさんさいじょうじ(どうりょうそん)
住所 神奈川県南足柄市大雄町1157
電話番号 0465-74-3121
公式サイト こちら
例年の見頃 11月中旬~12月上旬
開園時間 自由散策
紅葉樹の種類 モミジ、カエデ、イチョウなど
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 無料
温泉
駐車場
アクセス 伊豆箱根バス「道了尊」バス停から徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ