神奈川県立生命の星・地球博物館

更新日:2018年12月7日

こちらの博物館では、地球の歴史や生命に関する資料などを使い、わかりやすく展示されています。高さ3m以上もの立体百科事典27冊が収蔵されていたり、音声ガイドがあることなどから、地球の歴史の凄みを感じ取ることができるでしょう。また、映像やクイズなどで楽しめる、ミュージアムシアターも行われているので、楽しく学ぶこともできます。

基本情報

読み方 かながわけんりつせいめいのほし・ちきゅうはくぶつかん
住所 神奈川県小田原市入生田499
電話番号 0465-21-1515
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時30分
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
祝日の翌日(土日の場合は開館)
毎月第2火曜日
年末年始
入館料 大人520円 大学生300円 高校生100円
年間パス
駐車場
アクセス 箱根登山鉄道「入生田駅」から徒歩3分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●数年前、友人と小田原に遊びに行った時にふらりと寄りました。たしか、かまぼこ博物館に寄ったあとでした。古い建物で、ホームページも古びている印象だったのですが、実際に行くと印象が全く違いました。展示がなかなか充実していて、面白かったです。あまり期待せず、時間つぶしになんとなくで行ったのですが、興味深く鑑賞しました。館内は広く、ボリュームがありますので、時間に余裕を持って行かれた方が楽しめると思います。学芸員の方がとても親切で、こちらの小さな質問にもやさしく教えてくださったのが数年経った今でも印象的です。小中学生の課外授業としても使われているようで、その日は平日でしたが、館内にはたくさんの子供達がいました。後で知りましたが、小田原ではなかなか人気のスポットのようです。将来自分の子どもと一緒に再訪したいなと思っています。

30代男性

●●この博物館の凄い点は、他の博物館と違い、「写真撮影がOK」な所です。 また、「動物等の剥製に素手で触る事も出来る所も魅力」です。大抵の美術館や博物館は、写真撮影はNGな所が多いのですが、何故かここは大丈夫。それもそのはず。 博物館内には「化石ラボ」という部屋があり、そこで剥製等を素手で触れるように工夫していたりするのです。動物の剥製は、ライオン・コアラ・オオカミ・ペンギン・カピバラ等の近代の生物から、古い「化石」まで素手で触れます。素手で触れない動物の剥製もありますが、写真撮影OKなので、画像持ち帰って楽しめる所も良いと思います。大きな地球の模型や、天井には神秘的な地球のような模型も飾ってあったりします。入り口付近には、大きなクマの剥製も!売店もありますので、記念に何か購入して帰るのも良いかと思います。ちなみに、施設内も綺麗で、トイレもとても綺麗な博物館でした。

30代女性

●●女2人の箱根へのドライブの途中にふらりと立ち寄りました。子ども向けの施設だろうと期待していなかったのですが、意外や意外、収蔵品の幅の広さとボリュームに圧倒され、ついつい時間を忘れて楽しんでしまいました。圧巻なのはやはり化石標本の数々。恐竜の化石を見上げると不思議と童心に返ってしまいます。印象的だったのはラピュタの「飛行石」のような光る石。こちらも展示をのぞきながら子どものようにはしゃいでしまいました。箱根に向かう前に、ここで神奈川の火山について学んでおくのも面白いですね。知らなかったことがたくさんあって驚かされます。屋内の展示だけではなく、建物を一歩出たところに流れている川に目をやるのも一興です。都会を離れたことが実感できて、心が癒されます。運転に疲れた体を休めるポイントととしてドライブコースに組み込んでみてはいかがでしょうか。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●小学生の息子2人と行きました。小学生は無料でした。ミュージアムシアターは参加型のクイズ形式です。タイトルを多数決で決めるので、数回行っても同じものになる可能性があります。シアター以外は展示です。恐竜が好きな子にはおすすめですよ。大きな恐竜が飛んでいたり、マンモスの骨などに大興奮でした。長男は学校で地球のしくみを勉強しているので、鉱石や地層などに興味をもっていました。動物の展示もあるので、動物好きの小さいお子さんでも楽しめると思います。全体の展示の仕方が美しく、別世界に来たようで癒されました。冬休みの平日に行きましたがすいていました。駐車場も広かったです。小田原のかまぼこ博物館と近いので、かまぼこ作りを予約して終わってからこちらに行くのもおすすめです。お弁当が食べられるテラスがあり眺めがとてもよかったです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●箱根登山鉄道「入生田駅」のすぐそばです。ちょっと不便なところではありますが、行ってみる価値は十分にあります。いろいろな主題が掲げられ、それに沿った展示が並びますが、「生命を考える」の展示が圧巻です。広いところにあらゆる生き物の展示がされ、大きな恐竜の骨格標本には圧倒されます。「地球を考える」「私たちはどこから来たの」どれも興味深い展示が続きます。「ジャンボブック」として、大きな本の形の展示はよりわかりやすく工夫されています。特に小学生、また中学生にとって、とても興味を持ってもらえる博物館です。もちろん大人の方にも・・こんなこと知らなかった!が、あふれています。子供のころにこの博物館があったら・・もっと、理科好きになっていたのになぁ~と、思います。この博物館で、私たちはどこからきて、どこへ行くのか?と、考えを深めてほしいです。時間を忘れて展示に見入ってしまいました。

ページの先頭へ