陸上自衛隊広報センター

更新日:2018年12月7日

広報センターは、個人であれば予約不要で自由に見学することができるようになっています。90式戦車やAH-1Sヘリコプターなどを実際に見学することができるほか、AH-1Sのフライトシミュレータで飛行体験をすることもできます。自衛隊員が使用する服装や装備の体験コーナーや、組織についての解説の展示物なども豊富に用意されています。

基本情報

読み方 りくじょうじえいたいこうほうせんたー
住所 埼玉県朝霞市栄町四丁目6番地先
(正式住所:東京都練馬区大泉学園町九丁目4番)
電話番号 03-3924-4176
公式サイト こちら
見学内容 自衛隊に関することや各種体験など
見学料金 無料
見学可能日時 火~日:10時~17時
見学可能人数 特になし
対象年齢 特になし
予約方法 不要
お土産 要問い合わせ
写真撮影 要問い合わせ
所要時間の目安 90分
駐車場
アクセス 【電車】東武東上線和光市駅から徒歩20分
【バス】税務大学研修所前から徒歩12分
【車】東京外環自動車道和光インターから2分

口コミと評判

20代男性

●●幼馴染の友人が学生時代から軍事マニアだったので、大学のキャンパス内でたまたま社会科見学のポスターを見つけたのがきっかけでそこに一緒に見学しに行くことになりました。そして着いた時に一番驚いたのが、一階においてある本物の戦車やヘリコプターに触ることができたというのが自分の中で何よりも一番の驚きです。友人もこの時点でかなりテンションが当然既に上がっていましたが、その後に体験する自衛隊の隊員が実際に使っている本物の道具や武器を実際に身につけてみたときはとても興奮し盛り上がりました!軍事系について何も知らない自分でもかなり驚きの連続がありましたが、自衛隊はこういうイベントを毎月数回も大きなイベントをやっている事を見学途中で初めて知ったので、それを見たときに、友人とまた一緒に見学しに来たいなと強く思いました。ですがそこで毎月行われる一大人気イベントになると、毎年正月あたりに行われる富士山周辺の訓練場の人気ぶりかのようにたくさん見学者が押し寄せるようなので、抽選は絶対に運がないと見れないな~と思いました。なので、軍事系について何も知らなくても雰囲気だけでも十分味わえるので一回行ってみる事を強くオススメします!

20代女性

●●2014年3月に大学の友人と陸上自衛隊広報センターへ社会科見学をしに行きました。入口でパンフレットをもらうとまずは2階の展示室へ出ます。自衛隊の歩みや遺産についての資料展示を見た後、戦車やヘリコプターが展示してある吹き抜けの大空間へ行きます。日曜日なので子ども連れの家族が多く、各体験コーナーには行列ができており驚きました。私が訪問した日は館内にある90式の戦車に乗って写真撮影ができるというイベントも開催されており、子どもが装備体験や射的シュミレーター等の自由に遊べるコーナーで楽しんでいる間に親が並んでいるという場面を多く見ました。外にはなんと地下指揮所の再現まであり、思わずはしゃいでしまいました。偵察用のオートバイや装備体験は実際に自分の手で触りながら体験でき、実物大の戦車やヘリ・銃弾等も相当な迫力がありました。。自分に子どもが出来たら連れて行くのもいいなと思いながらそうした光景を見ていました。出口にあるお土産コーナーもユーモアがあって面白かったです。とにかく無料で入れるので家族連れにもやさしく、大人だけでいっても十分楽しめる施設でした。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●東武東上線和光市駅から徒歩20分の距離にあり、立地は良くありません。しかし、実際に陸上自衛隊で使われている様々な"本物"に触れることができるため、非常に面白いです。まず、2階は自衛隊の歴史や役割について学ぶパネル展示が中心で、これは他の博物館と雰囲気が変わらないのですが……1階ではなんと、本物の戦車やヘリコプターを見て触ることができます。また、外には数々の戦車が複数台並んでいて、迫力満点で驚かされます。更に装備探検コーナーで実際の背のうや防弾チョッキを着た時にはテンションが上がりました。毎月、複数回のイベントが開催されているため、その日に合わせて行った方がより一層楽しめると思います。ただ、自衛隊はファンが多いようなのでヘリコプターや戦車の体験搭乗のイベントは抽選倍率が非常に高く、少なくとも私は当選した経験がありません。4月に行ったところ、見事な桜が花を咲かせていました。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ