鉄道博物館

更新日:2018年12月7日

こちらの博物館は、鉄道の歴史について紹介しています。館内に設置されているレストランも、実際に食堂車で提供していたメニューを出していたりと、とことん鉄道の世界を楽しむことができるようになっております。車両走行が行われているジオラマも、リアルに再現されているので見ていて引き込まれてしまいます。

基本情報

読み方 てつどうはくぶつかん
住所 埼玉県さいたま市大宮区大成町3丁目47番
電話番号 048-651-0088
公式サイト こちら
営業時間 10時~18時
休館日 火曜日
年末年始
入館料 大人1,000円 小中高生500円 幼児200円
年間パス
駐車場
アクセス ニューシャトル鉄道博物館(大成)駅から徒歩1分

口コミと評判

20代男性

●●国内最大の車両展示がある施設で、大人から子供、親子連れから鉄道マニアまで、どの年代の人でも圧倒されること間違いなしの施設です。大人は1階の実物車両の展示に目を引かれるかと思います。その実物車両の数36!!特にヒストリーゾーンの真ん中に展示されている実物車両による「転車台の回転実演と、EF55 1電気機関車の気笛吹鳴」のイベントが圧巻です。1870年代の蒸気機関車から現在の車両に至るまでの展示がされているので、歴史を追いながら展示を楽しむ事が出来ます。子供に関しては、野外スペースのミニ運転車両か、2階に展示されている国内最大級の鉄道ジオラマがオススメです。ミニ運転車両では実際に運転を体験する事も出来ますし、鉄道ジオラマは見る箇所が多すぎて大人でも目移りしてしまう事間違いなしです。交通の便もニューシャトルという路線で鉄道博物館駅という直通駅があるので、特に不自由しないかと思います。お子さんがいる家族に是非ともオススメしたいスポットの一つです。

20代女性

●●鉄道が大好きな子供と夫と三人で出かけました。鉄道フリークにとっては、夢の国ですね!とにかく豪華な展示、特に鉄道に興味のない私でも、夢中になってしまいました。最初は「大宮駅からニューシャトルに乗っていくなんて、案外不便なのだな…」と考えていましたが、このニューシャトル自体がなかなか面白く、まったく悪くないものでした。館内で駅弁を買って、展示してある一部の車両の中で食べることができるということにも、子供は大喜びで、こういったちょっとした仕掛けがあちこちにちりばめられていることに、鉄道や鉄道ファンへの愛を感じました。体験型コンテンツは、特に休日ともなると大人気のようで、思い立って申し込もうと思ってもまず無理でした。確実に体験をされたい場合は、募集の時間や込み具合などを事前に調べ、計画を立てて赴かれるとよいと思います。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●週末に子供たちを連れて、家族みんなで行きました。都心から離れているので、割と空いているのかと予想していたのですが、休日だったせいか家族連れや若いカップルもいて、けっこう混雑していました。とにかく電車がたくさんありました。日本の鉄道の歴史を学べるので、子供にも大人にもいい勉強になりました。電車の運転を体験できたり、小さな電車にも乗れたりするので、お子さん連れにはぴったりな場所だと思います。ただすごく人気があるところは、整理券が配られていたり、ずっと並ばなければなりませんでした。電車に詳しくて好きな方でしたら、大人でも十分楽しめると思います。客車の中でもお弁当が食べられますし、レストラン施設もあるので、雨の日でも一日中遊べます。電車好きな方や、小さいお子さんのいるご家族には、ぜひおすすめしたい場所です。

40代男性

●●子供の頃に行った上野の鉄道博物館みたいにジオラマがあるのかな?と思いながら家族で鉄道博物館に出かけました。国内最大級規模の鉄道博物館とは聞いていましたが、昔の車両スペースの広さにビックリ。エレベーターやエスカレーターに乗って上からも観られるようになっています。とにかく、これでもかというほどの展示車両の数には圧倒されました。ジオラマも上野にあった鉄道博物館の頃とは比較にならないほどの規模で、映画館で映画を見ているようなショーになっていて、子供が飽きることのないジオラマでした。また電車を運転するシュミレーターも人気があって、大人でも帽子を被って自分の時計を持ち込んで本格的にシュミレーターを操作する人もいて鉄道趣味の深さを思い知らされました。レストランなどの飲食スペースはもちろん充実していましたし、各展示の近くに休憩スペースがあるので、赤ちゃん連れの人も安心して見られるんじゃないかなと感じました。

40代女性

●●JRの大宮駅からニューシャトルというタイヤで走る電車に乗って一駅です。ニューシャトルは小回りが利いてビルの間を走っていくのが面白いので、鉄道好きな方にはぜひ乗っていただきたいです。鉄道博物館の入り口は駅の改札のようになっており、スイカやパスモがあればチケットを買わなくても改札と同じようにタッチひとつで入館できます。広い館内に多くの車両が展示してあり、ひとつひとつの車両を近くで見ることができますが、テラスのような通路があって上から全体を眺めることもできます。眼下にたくさんの車両が並んでいる景色は迫力があって圧倒されます。屋外には線路が引いてあって、そこを走る小さな電車を実際に運転できます。人気があるので、絶対に乗りたいという方は開館時間までに行って、開館と同時にまずは整理券をもらに行くのがお勧めです。小学生以上なら自分で運転できますし、三人乗りなので小さなお子さんでも親と一緒に乗ることができます。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ