埼玉県立自然の博物館

更新日:2018年12月7日

こちらの博物館では、埼玉県の自然に関する資料が展示されており、人の生活と自然との関わりについて学べるようになっております。展示コーナーでは、実際に剥製を触ることができたり、ジオラマで解説されているので理解しやすいよう工夫されています。またオリエンテーションホールにある巨大ザメの復元模型は迫力があります。

基本情報

読み方 さいたまけんりつしぜんのはくぶつかん
住所 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞1417-1
電話番号 0494-66-0404
公式サイト こちら
営業時間 9時~16時30分(7月と8月は17時まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
入館料 大人200円 高大生100円
年間パス 大人1,500円 高大生700円
駐車場
アクセス 秩父鉄道「上長瀞駅」から徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●館内に入るとまず大きなサメの模型にビックリ!吹き抜けになっているエントランスには親しみやすい雰囲気でたくさんの展示が。動物の鳴き声を聴く事の出来る装置を借りて順路をまわりますとたくさんの剥製にまたビックリ。しかも触ってもいいというものもあります。広々と展示されているのでどこに鳥が隠れてるのかな?と子供と遊び感覚で剥製を探したり。埼玉から発掘された化石を見るとこの山中がかつて海だったのかと途方も無いときを感じます。長瀞は今も川の近くでは小さな化石を自分で探す事ができるのですが自分で探せないような大きなアンモナイトやサメの歯などをタップリ見られました。小さなショップもあり、そこでサメの歯をおみやげに買う事も。あまり広いとは言えませんし設備が充実しているわけではありませんが長瀞にきた時お子さんと一緒に立ち寄ると喜ばれると思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●秩父の観光地としても有名な長瀞にあります。家族旅行で訪れた際に下の子が恐竜が描いてある看板を見つけ、みんなで入ってみることにしました。下調べをして行った訳ではなかったのですが、結果として大満足でした。まずは入り口を入ったすぐのところにある古代の巨大ザメの歯型。上下に大きく口を開けた姿は、高さが人の背丈ほどあります。さらにその頭上には巨大ザメを復元した模型が宙を泳いでいて、この展示だけで楽しそうという期待が高まりました。まったく知らなかったのですが、秩父というところは日本の地質学の発祥の地なんだそうです。長瀞のライン下りで観られる荒川の地層や、県内で採られる鉱石類の展示も非常に興味深いものでした。というのは、大人の感想で子供には退屈だったみたいですが、同じコーナーに恐竜の骨格模型があって下の子は大喜びしていました。そのほか、埼玉の地形とそこにすむ生物を再現したジオラマが素晴らしかったです。2階の企画展示室は、私たちが行ったときには森とそこに住む生物たちといったテーマでしたが、森のなかにいるような展示とそこで自分で発見する楽しさを体験しました。入場料がとても安かったと記憶していますけど、お得な気分になりました。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ