足利氏館

更新日:2018年12月7日

12世紀半ば、源義家の孫・義康が当地を相続し居館として建設したのが始まりです。その後、義康は足利氏を名乗り、鎌倉幕府を倒し室町幕府を開いた足利氏の祖となります。

その子・義兼の代、1196年に持仏堂等を建立し、これが鑁阿寺(ばんなじ)を称しました。鑁阿寺は周囲に堀や土塁を持ち、本堂は国宝となり足利氏宅跡として国の指定史跡、日本の名城100選にも選ばれています。

基本情報

読み方 あしかがしやかた
別名 鑁阿寺(ばんなじ)
住所 栃木県足利市家富町2220
電話番号 0284-41-2627
公式サイト こちら
城郭構造 ×
天守構造 ×
築城主と築城年 足利義兼 1196年
主な城主 足利氏
廃城年 ×
営業時間 ×
定休日 ×
入場料 15人以下6,000円(追加1人400円)
駐車場
アクセス JR東日本両毛線足利駅から徒歩10分
東武鉄道伊勢崎線足利市駅から徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●栃木県足利市にある、国史跡である足利氏の邸宅跡と足利氏の氏寺である、鑁阿寺(本堂は国宝)です。旅行と帰省を兼ね100名城スタンプラリーに行ってきました。日本百名城として城跡になっていますが、多くの日本人がイメージする石垣、櫓、天守閣のある城跡ではなく、鎌倉時代の武士の館の典型である方形館の形をとっています。それでも土塁と堀があり、ここから平山城、平城への進化した過程を見ることができます。しかし、いわゆる戦国期に発展した形の城好きな方には、城とは言えず、現在では本堂が国宝指定されているので、寺社仏閣に近いというかもしれません。ただどちらにせよ史跡としては申し分ないです。国宝指定された鑁阿寺の本堂には、鎌倉時代の有力御家人、源氏きっての名門一族・足利氏の「丸に二つ引」紋がどこか誇らしげに、桐紋、菊紋と並び刻まれていました。駐車場はすぐ近くにある、太平記館という、観光情報館の駐車場が無料で使用でき、お土産もそこで買うこともできます。駐車場から歩いて5分から10分くらいで行けますし、鑁阿寺のすぐそばには、中世時代、関東の最高学府といわれたという足利学校もあり是非ともセットで訪れるべき史跡、観光地であります。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ