ニュー・セントアンドリュースゴルフクラブ・ジャパン

更新日:2018年12月7日

ジャック・ニクラウス氏とデズモンド・ミュアヘッド氏が共同設計した、アメリカンスタイルの「NEW COURSE」の18ホール、St. Andrews NSAJ プロジェクトによる、スコットランドスタイルの「OLD COURSE」9ホールの、全27ホールで構成されている。丘陵地の地形を存分に盛り込んだレイアウトは、難易度もかなりのものだ。特に「NEW COURSE」のインは難しく、美しい。

コースガイド

読み方 にゅーせんと・あんどりゅーすごるふくらぶ・じゃぱん
住所 栃木県大田原市福原2002
電話番号 0287-28-1191
公式サイト こちら
開場 1975年5月10日
設計者 ニューコース:ジャック・ニクラウス、デズモンド・ミュアヘッド オールドコース:St.Andrew設計チーム
コースタイプ 丘陵
グリーン ベント1グリーン
ラウンドスタイル 乗用カート(セルフ)
名物ホール ニューインコース16番PAR4・オールドコース7番PAR4
プロツアー開催歴
宿泊施設
アクセス 東北自動車道/矢板ICより16㎞
クラブバス 那須塩原駅

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●ニュー・セントアンドリュースゴルフクラブ・ジャパンは栃木県大田原市にある本格的なチャンピオンコースです。皇帝ジャック・ニクラウスが日本で初めて設計したのがこのゴルフ場です。ここのゴルフ場の特徴はとにかく難易度が高いことです。コースレートは73前後と相当ハードなコースで、設計したニクラウス自身も日本で初めてのゴルフ場設計ということで張り切りすぎて、少し難しいコースにしすぎたかもしれないと後悔したと言い伝えられています。またここのコースは基本的にセルフで乗用カートを使ってラウンドする形でキャディさんをつけることができません。そのため初めて回る方は少し苦労することになるかもしれません。ただ料金は安いですし、コース自身も随所に池を配置した美しいコースレイアウトになっていますので一度プレーすればその魅力にはまること請け合います。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ