ANA機体メンテナンスセンター

更新日:2018年12月7日

全日空(ANA)は、日本航空(JAL)と並んで日本を代表する航空会社です。羽田空港の新整備場地区に「ANA機体メンテナンスセンター」という工場を持っていて、こちらの施設を見学することができます。JALの機体工場見学と同様に、かなりの人気がありますので、日程が決まったら早めに予約しておくことをおすすめします。

ANA機体メンテナンスセンターでは、飛行機や整備に関する基本的な解説を受けたり、ビデオを見たりすることができるほか、実際に整備が行われている飛行機の見学もできます。格納庫に行って機体に近づくなんていうことは、見学しに行かないとできないことですので、子どもでも大人でも楽しむことができます。

基本情報

読み方 えーえぬえー(あな)きたいめんてなんすせんたー
住所 東京都大田区羽田空港3-5-4
電話番号 03-5756-5094
公式サイト こちら
見学内容 整備作業中の飛行機の見学
見学料金 無料
見学可能日時 平日:10時~11時30分、13時~14時30分、14時~15時30分、15時~16時30分
見学可能人数 1~80人
対象年齢 小学生以上
予約方法 電話・インターネット
お土産 要問い合わせ
写真撮影
所要時間の目安 90分
駐車場 ×
アクセス 【電車】東京モノレール新整備場駅より徒歩15分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●完全予約制なのですが、かなり人気が高くてなかなか予約が取りづらいです。もともと、私自身はそこまで飛行機好きでもなかったのですが、主人が飛行機バカで私も連れて行かれる感じで見学に参加しました。飛行機の知識があまりなくても、かなり楽しめます。間近で飛行機を見ることができて、迫力満点です。見学の前に会議室のようなところでマメ知識を教えてくれるのですが、それもなかなか興味深くて見学への期待も高まります。クイズに正解すると、飛行機のストラップがもらえました。その時に格納庫にある飛行機はその日次第なのですが、私が行った時はB787がたくさんありました。写真も自由に取れるので、帰り道は撮った写真を見ながら、主人と盛り上がりました(笑)無料でこれほど楽しめるなら、また何度でも行きたいです。今度は姪っ子でも連れて行ってあげようかな、と思っています。

30代男性

●●ANAの飛行機を間近で見学をすることができるということで、何度も行ってみたいと思い4回目の応募でやっと当選をすることができました。かなり倍率が高いようです。最初に飛行機に関する説明を受けて、なぜ飛ぶのかということを勉強することができます。そして、この見学でメインイベントである飛行機の見学場所に移動をします。ヘルメットをして格納庫に入るとそこにはB777-200が整備を受けているところでした。飛行機を遠くから眺めることはできても、これだけ近くで見ることはできないので感動しました。エンジンがとても大きく、内部の構造が複雑なのでこれを整備する人はとても大変であると同時に安全管理がしっかりと行われていることを感じました。無料でここまでいろいろと見学をすることができるので人気があるというのもうなずけました。

30代女性

●●小学校に勤務していた頃、修学旅行の付き添いで行きました。ものすごい人気でなかなか予約が取れないと担任の先生が言っていましたし、個人的にはなかなか来ようと思わないので、いい機会だったと思います。まずクイズを交えた説明があるのですが、クイズに正解するとオリジナルの記念品がもらえるので子どもたちも積極的に参加していました。その後見学なのですが、間近で見る飛行機の迫力は想像以上で驚きました。最初は少し離れた所から機体のメンテナンスの様子を見て終わるだけと思ったのですが、下まで降りて行き目の前で機体を見る事ができました。あんな近くで飛行機を見る事はないと思うのでとても良い経験になったと思います。また、バーチャル映像で飛行機の操縦体験みたいなこともできました。本物の操縦室とほとんど変わらないもので私も体験させてもらったのですが、子どもたちより興奮していました。これで見学が無料なのはすごいと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●小学生の子供2人と夫婦の4人でANAの機体メンテナンスセンターに見学へ行って来ました。飛行機見学は人気があるので半年前からスタンバイしてやっと予約が取れました。子供達は飛行機にも乗ったことがないので大喜びでした。着くとまず説明がありました。簡単なクイズを交えての説明です。その後ヘルメットをかぶって整備している飛行場へと向かいました。2つのグループに分かれての出発でした。飛行場で働く人たちはほぼ外で履いたらいていて、夏だったので暑そうでした。でもみんな飛行機が好きで、お客様の安全を願って一つ一つの点検の作業をしていました。間近で飛行機を見ることもあまりないので、大きさに圧倒されました。実際に飛んでいる飛行機も近くで見れて子供達も大満足のようでした。

50代男性

●●小学生の子供と二人で見に行ってきました。(2回行きました。)私は航空機部品製造の仕事に携わっており、自分の工場はなかなか子供に見せる機会がないので、エアラインの整備工場で飛行機を間近で見せてやろうと思いました。間近で見るボーイング767や777、さらに最新の787といった大きな機体は迫力があります。2階から見下ろしたり、主翼の下から見上げたりして写真を撮ることが出来ます。複雑なエンジンは何がなんだかわかりませんが、こんなものを作れるなんてすごいです。さすがに機体の中には入ることは出来ませんが、一度コックピットを覗いてみたいなぁと思います。787のパンフレットやクリアファイルをお土産にもらいました。売店ではANAグッズが売られていて、こちらも楽しかったです。

50代女性

●●飛行機が好きでずっと行きたいと思っていましたがなかなか予約が取ることができず、ようやく念願叶って行くことができました。見学の予約はインターネットでしました。空いている日を選んで予約をする方法で、予約日が近くなるとANAから確認のメールが届きます。見学のコースは、初めに飛行機についての説明があります。この説明がわかりやすく、少し踏み込んだ内容もあったので大人が聞いても十分納得できる内容でした。その後、ヘルメットを着用して格納庫に向かいます。飛行機を間近にみると、改めてその大きさに圧倒されます。そして、安全に飛行機を飛ばすために関わっているたくさんの人がいるんだなぁと感じました。一通り見学が終わってからは売店でANAグッズの買い物です。航空会社のグッズは好きで買い集めているので、買い物も楽しめました。仕事を休んで行った甲斐がありました。もう一度行ってみたいです。

60代~男性

●●友達どうしでたびたび近場を散策したりしているのですが、ANAの飛行機を見たいと思い工場見学に申し込みました。インターネット予約ですが、3か月分は殆ど予約が埋まっていました。しかし、何度かアクセスしてみるとキャンセルが出ることに気がつきました。辛抱強く待って、やっと希望日時に3名の予約が取れました。ANA機体メンテナンスセンターは、東京モノレール線の新整備場駅から徒歩で10分ほどの位置にあります。到着すると入館パスを手渡され、それを首にかけ講堂に案内されます。講堂では映像を用い飛行機や整備工場での仕事について説明があります。説明途中にクイズや記念品の配布があったりして、実機見学への期待がふくらみました。実機見学は10名程度のグループに分かれ、グループ毎に係員の方がついて格納庫に入ります。全員ヘルメット着用です。格納庫では整備中の飛行機を間近に見たり、記念撮影が行えます。格納庫から滑走路が見えます。滑走路には運よくANAのポケモンキャラクター機がとまっていました。そしてその後ろに、次々とANAやJALの飛行機が着陸してきます。ずっと見ていても飽きない光景でした。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ