東京都中央卸売市場 大田市場

更新日:2018年12月7日

東京都中央卸売市場の大田市場は、主に小中高生の団体向けの見学となっています。大田市場では鮮魚や青果、花き類などの品目を取り扱っています。基本的には、係員がつかない自由見学となっていますが、見学者用のコースが用意されています。また、大田市場の資料を展示しているコーナーもあるので、詳しく学ぶことができるようになっています。

基本情報

読み方 とうきょうとちゅうおうおろしうりしじょう おおたしじょう
住所 東京都大田区東海3-2-1
電話番号 03-3790-6539
公式サイト こちら
見学内容 水産物や花きのセリ
見学料金 無料
見学可能日時 平日:5時~15時
見学可能人数 特になし
対象年齢 特になし
予約方法 不要
お土産 ×
写真撮影 可能
所要時間の目安 30分
駐車場 ×
アクセス 【電車】東京モノレール流通センター駅より徒歩20分
【バス】京浜急行バスもしくは都営バス大田市場より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●まずとてもきれいでした。築地市場にも見学に行ったことがありましたが、築地は市場そのものを歩くことができるので市場らしい臨場感があります。その反面狭い通路だったり雑然としているところもあったりしました。後ろから前からくるフォークリフトのお邪魔にならないように移動するところもあり、それは楽しくもあり申し訳ないと思ったりしていました。そこへいくと大田市場は見学コースがよく整っており、見学者向けの説明版などもある見学者専用の通路で、市場の方に迷惑をかけることなく安心して見学することができました。ただ、上から市場を見ることになるので、全体を見渡せますが、臨場感は薄かったです。でも、すごい量の野菜などが入荷している様子や働いている市場の方々の様子、市場の圧倒的な広さがとてもよく分かり迫力がありました。事務棟から市場へは長い通路を通っていきますが、きれいなガラス張りで壁に野菜数え歌が書いてあったりして飽きない工夫がされていて楽しく見学できました。

ページの先頭へ