旧古河庭園

更新日:2018年12月7日

旧古河庭園は、北区西ヶ原にある庭園です。洋風庭園と日本庭園の両方があるという大きな特徴を持っています。洋風庭園と洋館はイギリス人建築家のジョサイア・コンドルが、日本庭園は作庭家の小川治兵衛が、それぞれ設計を手掛けました。

もともとは陸奥宗光の邸宅でしたが、陸奥宗光の次男が古河財閥の養子となったこともあり、古河家が所有するようになりました。1917年に洋館と庭園が作られ、現在のような姿になりました。戦後になって古河家に代わって国が所有するようになり、国から東京都に無償貸与されるという形で、都立公園としてオープンしました。

基本情報

読み方 きゅうふるかわていえん
英語表記 なし
住所 東京都北区西ヶ原1-27-39
電話番号 03-3910-0394
開園時間 9時~17時
休園日 12月29日~1月1日
入園料 一般・中学生:150円
65歳以上:70円
年間パスポート 大人:600円
65歳以上:280円
割引制度 【無料公開日】
みどりの日(5月4日)と都民の日(10月1日)は全員共通の無料公開日

【小学生以下・都内在住在学の中学生は無料】
【20名以上の団体割引】
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 建物内部のみ禁止
所要時間(目安) 90分 ガイドツアー
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
東京メトロ南北線「西ヶ原駅」下車徒歩7分
JR「上中里駅」下車徒歩7分
JR「駒込駅」下車徒歩12分
都電「飛鳥山駅」下車徒歩18分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●バラの時期に彼女とこの旧古河庭園に行きました。この庭園の売りはバラなのですが、庭園にはたくさんの種類のバラが咲いています。時期は春から夏にかけてですが、様々な色のバラが咲き誇り、その光景は圧巻です。花好き、バラ好きの人にはかなりオススメの場所です。彼女も花が好きなので、かなり喜んでいました。パネルには個々のバラの解説なども載っており、どういう風に交配されたか、いつ発明されたかなど、興味深い情報が載っています。バラ以外にも、日本庭園もあり、ちょっとした滝があったり、鯉が泳いでいたりして、癒されます。茶房ではお茶菓子をいただくこともできます。また、洋館もあり、中を見学できたり、カフェでお茶を楽しむこともできます。庭園自体他と比べるとそこまで大きくはありませんが、他とは違う雰囲気があり、楽しめると思います。和と洋の両方があり、興味深い庭園だと思います。

20代女性

●●友達と行ったことがあります。ここに行けば、西洋庭園と日本庭園が一度に見れてとてもお得です。西洋庭園は左右対称に揃えられていてわかりやすく美しくエンターテイメント性があり見ていて面白かったです。日本庭園は一見何も手を加えていないように見えるくらいあるがままの自然の美しさを感じさせてくれました。洋館には喫茶室があり、そこには入ってお茶をすることもできます。ちょうどバラがきれいに咲いている季節に行ったので、バラの花の匂いが漂っていてとても優雅な気分でティータイムを過ごすことができました。洋館内は事前に予約していくと見学ツアーをしてくれるみたいだったのですが、知らなかったので喫茶室にしか入ることができませんでした。でも、とてもおいしい紅茶とケーキを食べることができたのでよかったです。

30代男性

●●コンサートで行った東京、時間つぶしの為に何気なく立ち寄った旧古河庭園ですが、その美しさにウットリしてしまいました。見どころは山ほどあるのですが、私が一番気に入ったのは古くても気高い美しさで圧倒的な存在感を放つ洋館です。見る場所によって様々に表情を変え、絵になる洋館は本当に素晴らしく、私は写真を撮るのに夢中になりました。洋風庭園と和風庭園が相反することなく見事に調和しているのもこ庭園の見どころです。こういった文化に疎い私は最初、「何で庭見るだけで150円も取られるんだ」と思いましたが、心身ともにリラックスできて満たされ、入場料の何十倍もの価値があるスポットだと思いました。次に東京を訪れた時も絶対に立ち寄りたいと思います。

30代女性

●●私の母に「バラの綺麗なところがあるから行ってみない?」と誘われて行ったのがこの旧古河庭園です。実はそれまで旧古川庭園というところがどんなんところだか知らなかったのですが行ってみるとお洒落な洋館が建ち、その周りには様々な色と形をしたバラの花が咲き乱れていました。たくさんの人が訪れていて写真撮影に鑑賞にと大忙しの雰囲気でした。私も母と写真撮影しながらたくさんの見たことのない品種のバラの鑑賞を楽しみました。バラの花は本当に華やかな感じがして乙女心がくすぐられます。その日はイベントは行っていなかったのですが休日などはミニコンサートなど行っている日のあるようでした。また、秋にもバラが咲くようで、秋には見に行ったことがないので次は秋に行ってみたいと思っています。

●●バラが非常に綺麗だという評判を聞いたので、旧古河庭園に遊びに来てみました。入ってみると、入園料が安いし以外と都心からも近くて、東京都のオアシス的存在だと思います。バラの花が良く手入れされており、そのほかの花や木々もバランスよく配備されていて、さすがだなあという感じがしました。英国式の美しい庭園や、素敵な洋館が楽しめたし、日本庭園も同時に見学することができて、非常に満足しております。週末はやっぱり都内だけあって、たくさんの人で賑わっていました。バラ園の部分はそんなに広くはないので、結構人で混んでいました。今度はもっと空いている季節に、早めの時間に訪れてみようと思います。夜はライトアップもされるらしく、バラと古い洋館がさらに幻想的に見えるとのことです。今度一度、会社の帰りにふらりと立ち寄ってみたいです。

40代男性

●●こちらの庭園を訪れてまず目に付くのは、グレー煉瓦と白い窓淵のシックな洋館です。情報を仕入れず行ったので知らなかったのですが、こちらは「大谷美術館」と呼べれるそうで、事前申込をすれば見学会に参加できる美しい建築物です。私の目的は5月に開催されていた「春のバラフェスティバル」で、規模は大きくありませんが黄色や白色のキレイなバラが咲き誇っていて、洋館とのコントラストを満喫しました。バラ自体は香りも楽しめるので気分もリフレッシュできます。園庭好きではない人でも楽しめるポイントとしてはやっぱりグルメ。こちらでは「バラアイス」や「バラひとくちようかん」などが販売されており、お手頃価格で購入可能です。私はバラアイスを買いましたが、食べた瞬間に口の中で香りが広がりリッチな気分を味わえました。園内には雰囲気のある茶室、滝や池もあるので、散策も十分に楽しめます。

40代女性

●●10年ほど前ですが、旧古河庭園の洋館の中のガイドツアーに参加しました。庭園の場所は本郷通りに面していますが、一歩入ると、大通りの喧噪は消え、静かな森に入ったような感覚になりました。洋館はジョサイア・コンドル氏の設計で、ガイドツアーでは、洋館の歴史を説明していただいたり、写真を見たり、庭を望める部屋を見学する事ができあmした。庭園は洋風の庭園と和風の庭園がありました。どちらも手入れが行き届き、とても美しかったです。私が行った時期はバラの季節が終わったころでしたが、バラの季節は洋風庭園に咲き誇るバラを鑑賞できるようです。庭園に関して、多少の高低差があったように記憶しています。歩きやすい靴や服装の方が、より楽しめるのではないかと思います。

50代男性

●●旧古河庭園は、面積こそ都立庭園の中では小さい方ですが、庭園に必要な要素を全て持っていると言っても過言ではありません。庭園内に入ると、まず風情のある洋館が佇み、その先には美しい洋風庭園、そして丘を降りると日本庭園といった具合に、様々な要素が楽しめるのです。又、春にはソメイヨシノ、秋には紅葉も楽しめる、魅力的な庭園になっています。そして、面積が狭いとは言っても、アップダウンがあって景観が変化に富んでいる為、物足りない感じはありません。園内には売店があり、飲み物やお菓子を売っているので、ベンチに腰掛け小休止するのもまた良いものです。不満があるとすれば、洋館の見学システムです。事前の予約が必要で、しかも別途料金が掛かるので、少々見学のハードルが高い印象があります。実際に、洋館は外から眺めて写真を撮るだけの人の方が多いようです。もし、旧岩崎邸庭園のように自由に館内に入れるシステムにすれば、更に魅力的な庭園になると思います。

50代女性

●●旧古河庭園はJR山手線駒込駅、京浜東北線上中里駅、東京メトロ南北線西ヶ原駅から徒歩圏の、庭園です。傾斜地に造園されていることから、その地形を活かして高台には西洋館と西洋式庭園、低いところには大きな池を作り、回遊式の日本庭園が造られています。西洋館と隣接するバラ園は有名で、映画のロケなどでも使われることがあります。西洋館と西洋庭園は日本における建築学の礎を築いたジョサイア・コンドル博士の設計になるものです。東京でもバラの名所の一つとして名高い旧古河庭園ですが、西洋館には喫茶室があり、美味しいお茶とケーキを頂きながら窓越しに観るバラ園の景色は、非常に優雅なものです。なお、日本庭園でもお茶室が公開されており、お茶とお菓子が頂けます。近くにある六義園などと比べると確かに規模は小さい庭園ですが、規模の割に変化に富む景観を備えており、何度訪れても飽きることのない名園だと思います。私が特に好きなのは、日本庭園の池ごしに見上げる西洋館の姿で、日本庭園にもマッチした、素晴らしい建物だと、いつも感心して見入ってしまいます。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●JR駒込駅から、徒歩で旧古河庭園へ行ってきました。陸奥宗光の邸宅であったと聞いていましたので、硬いイメージがありましたが、実際に訪ねてみると、印象は全く違いました。洋風庭園と和風庭園があり、洋風庭園には素敵な洋館も建っていました。ちょうどバラの美しい頃で、まるでヨーロッパの貴族の邸宅へ迷い込んだようでした。洋館が一番高いところにあり、そこへ向かって小道が続きます。その両側にはバラが咲き誇っていました。バラの種類も大変多く、バラ好きにはたまらない場所です。ひとつひとつ花を愛でていると時間の経つのも忘れてしまいました。いつも、カメラを離さない私ですので、小さなつぼみから大きく開花したバラの写真を沢山撮ることができました。また、洋館とバラを合わせた写真は、とても素敵に仕上がり我が家の壁を飾っています。

ページの先頭へ