旧岩崎邸庭園

更新日:2018年12月7日

旧岩崎邸庭園は、台東区池之端にある庭園です。三菱財閥の創業家である岩崎家の旧本邸で、現在は一般に公開されています。庭園内には洋館・撞球室・和館の3棟が建っていて、洋館と撞球室はイギリス人建築家ジョサイア・コンドルが設計しました。ちなみに彼は後に旧古河庭園の設計も手掛けています。

この地は牧野弼成が所有していましたが、その邸地を購入したのが創業者である岩崎弥太郎です。そして弥太郎の長男である岩崎久弥がジョサイア・コンドルに設計を依頼したという経緯があります。

1961年には洋館と撞球室が、1969年には和館大広間と洋館北面袖壁が1999年には宅地と煉瓦塀と実測図が、それぞれ重要文化財に指定されました。

基本情報

読み方 きゅういわさきていていえん
英語表記 Kyu-Iwasaki-tei Gardens
住所 東京都台東区池之端1-3-45
電話番号 03-3823-8340
開園時間 9時~17時
休園日 12月29日~1月1日
入園料 一般・中学生:400円
65歳以上:200円
年間パスポート 大人:1,600円
65歳以上:800円
割引制度 【無料公開日】
みどりの日(5月4日)と都民の日(10月1日)は全員共通の無料公開日

【小学生以下・都内在住在学の中学生は無料】
【20名以上の団体割引】
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 建物内部のみ禁止
所要時間(目安) 30分 ガイドツアー
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
地下鉄千代田線「湯島駅」下車徒歩3分
地下鉄銀座線「上野広小路駅」下車徒歩10分
地下鉄大江戸線「上野御徒町駅」下車徒歩10分
JR山手線「御徒町駅」下車徒歩15分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●緑の鮮やかな芝生の上に、荘厳な洋風建造物が建っていました。壁も風情が良く出てて、きらびやかな時代を思わせるものでした。ここは三菱の創設者の岩崎家の本宅だそうです。さすが、としか言いようもありませんでした。100年ほど前にこんなすごい建物が造られていたなんて、本当に驚きました。歴史的価値も高く、内装やインテリアにも非常にこっていて、当時の贅を尽くした華やかさをしのばせます。まるでそのままが美術館のようで、見ているだけで溜息がでます。こんな立派なお屋敷に、実際に人が暮らしていたとは、すごいことだと思います。庭も広くて、お花がきれいに手入れされていました。和室も何とも言えない趣があり、これもまたすばらしいものでした。一人で来てもいいですし、カップルでデートに来るのもいいかもしれません。ぜひもう一度訪れてみたい場所です。

30代男性

●●私は良く上野や湯島などの下町エリアを散歩するのが好きです。私が初めて旧岩崎邸庭園に行ったのは、20代前半の頃です。まだスマホがない時代で不忍池を歩いていたら、旧岩崎邸庭園という案内看板を偶然見つけました。その頃、私は幕末の小説を読んでいたため、興味を持ち行きました。まず、旧岩崎邸庭園までの坂道が凄いです。土地が少ない下町エリアで、こんな長い坂道がある事に驚きます。丘の上に旧岩崎邸は建っています。旧岩崎邸は簡単にいうと、カッコイイです。明治に、こんなカッコイイ建物に住んでいる人は相当の成功者だなあと感心しました。建物の中は、明治時代を感じる事ができます。西洋的な作りで、立派です。そして、建物の中を見て、最後に見るのが日本庭園です。西洋的な建物から一気に日本庭園。なんか感動します。下町散歩する方は寄ってみたら面白いと思います。

30代女性

●●台東区の下町情緒あふれる中、ここだけは古き良き上品な西洋の雰囲気が味わえます。まったく別世界という感じで、気持ちが安らぎます。特に私が一押しなのが、洋風と和風の庭の風景の比較です。洋館は、立派な彫り物がされた柱や階段も見ごたえあるのですが、それを見た後の2階のバルコニーから見る洋風庭園は広々と開放的で、晴れた日では風も感じで、すがすがしいです。一方、和館は懐かしい日本家屋で大きいです。なぜかホッとします。ここには縁側から松や岩を使った日本庭園を見ることができます。落ち着いたわびさびの世界が感じられます。二つの違った風情の庭を見ることができて、しかも洋館・和館の建築技術もみることができるので、いろいろな感性を刺激される場所です。駅からも近いので、ふらっと立ち寄るのもいいかもしれません。

●●2回訪れたことがあります。時々観光バスが来ていることもありますが、割合静かで落ち着いて鑑賞することができます。訪れたのはどちらも4月頃で、牡丹の花がとてもきれいでした。色とりどりの牡丹が入り口で迎えてくれます。建物は現在は修復中のようでシートがかかった部分もありますが、問題なく観ることができます。中は静かでひんやりとした空気が心地よいです。1階に館内を紹介するビデオ上映のスペースがあり、10分ほとで観ることができます。大きな窓が開放的で外からの風が心地よいです。2階には婦人客間などがあり、イスラム調の装飾がおしゃれで重厚感を感じさせてくれます。こちらも大きな窓が開け放たれており、お庭からの涼しい風がレースのカーテンを揺らします。洋館は来客用で居住スペースではなかったようですが、ここに来賓として招かれた客人が同じようにこの窓からお庭を見下ろしたんだろうなと思いをはせました。上野近辺は外国人観光客が多いですが、ここは比較的少なく非日常を味わうことができる貴重な施設だと感じます。

40代男性

●●明治の雰囲気を存分に味わえる希有な庭園です。まず、入り口の門から緩い坂を上っていくのですが、しだいに自然に包まれていくような感じがとても心地いいです。敷地内に到着すると、ジョサイア・コンドルの設計によって立てられた洋館に圧倒されます。その出で立ちは、西洋の貴族の屋敷を思わせるもので、お城のような威圧感すら感じさせます。注目すべきは、この館内のインテリアです。クラシックな雰囲気を漂わせるアンティークな木のぬくもり、壁や柱に施された豪華な装飾、心地いいほどに開放的な大きなガラス窓、上っていくごとに歴史を感じさせるらせん階段、見晴らしのいいバルコニーなど、その一つ一つが気品に満ちあふれたものになっています。この洋館と対照的な和館もあり、その違いを楽しめるのもこの庭園のいいところです。最後は、広々とした庭園に出て、最初に見たときとは違った洋館の姿を楽しむことができます。

40代女性

●●上野に近いですが、上野を感じさせない場所、湯島にあります。建物の内部にも入れますが、まずは洋館の外観がとても素敵です。ヤシの木が建物の脇に生えていて異国を思わせるような、なんとも素敵な空間です。内部については建築様式に詳しくない私でも思わず感心しながらみとれてしまう雰囲気があります。印象に残っているのは金唐紙というものを使った壁紙です。細かくて素晴らしいです。2階のベランダに出ることができますが、眺めはあまりいいものではありません。ちなみに靴を脱いで館内に入ります。それにしても隣りの和館ですがだいぶ気持ちが落ち着いてリラックスしてしまい、日本人だなと実感しました。お茶も飲めるし、和館もおすすめです。

50代男性

●●旧岩崎邸庭園はお気に入りのスポットで、年間パスポートを利用して何度も訪れています。この庭園の最大の魅力は、古式ゆかしき洋館の見事な造りにあります。まず威厳ある外観に惹かれ、そして館内に入れば、古き佳き時代を偲ばせるクラシックな雰囲気に、再度感銘を受ける事になるでしょう。建物の内装の見事さだけではなく、当時を偲ばせる調度品の数々も、見応えのあるものです。又、2階のバルコニーから望む庭園も、風情があります。ただ、一般人が立ち入り出来ない部屋があるのは、少々残念です。そして、洋館を見終わると、続けて和館へと入館する順路になっています。こちらは、純日本風の造りで、日本庭園もあり、癒しの空間になっています。そして、和室の一室がカフェになっており、御抹茶やチーズケーキなどを頂く事が出来ます。

50代女性

●●私はここの洋館の佇まいと美しいお花がが大好きで度々、季節が変わるごとに訪れています。2階からの眺めは本当に絶景で、なんだかここから下を眺めていると西洋の世界に迷い込んだような不思議な気持ちになります。造りは豪華絢爛でありつつも上品で、この建築物は最高です。さらにここから見える庭園は最高に美しく季節によって様々な顔があります。私は年間パスを購入してかなり利用しています。また和館の方もまけずおとらず素敵なので一見の価値があります。障壁画は素晴らしいので是非必見です。あとお庭の方も素晴らしく、芝庭をもつ近代庭園がいつも心静かにしてくれるので、ほっとしたい時にここに行きます。重要文化財となっており、一見の価値のある鑑賞の数々が楽しめます。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ