旧芝離宮恩賜庭園

更新日:2018年12月7日

旧芝離宮恩賜庭園は、港区海岸一丁目にある庭園です。歩いて行ける距離にある浜離宮恩賜庭園と比べると面積は小さいですが、それでもかなりの広さがあり、豊かな自然を満喫することができます。また、浜松町駅や大門駅からすぐのところにあるというアクセスの良さも、人気に拍車を掛けています。

江戸初期の大名庭園として、小石川後楽園と共に長い歴史を持った庭園として知られています。1686年には庭園が造られ、当時は「楽寿園」と呼ばれていました。明治に入り、皇室が買い上げて芝離宮となりました。そして、1924年に東京市に下賜され、同年4月に旧芝離宮恩賜庭園として開園したという歴史を持っています。

基本情報

読み方 きゅうしばりきゅうおんしていえん
英語表記 なし
住所 東京都港区海岸一丁目
電話番号 03-3434-4029
開園時間 9時~17時
休園日 12月29日~1月1日
入園料 一般・中学生:150円
65歳以上:70円
年間パスポート 大人:600円
65歳以上:280円
割引制度 【無料公開日】
みどりの日(5月4日)と都民の日(10月1日)は全員共通の無料公開日

【小学生以下・都内在住在学の中学生は無料】
【20名以上の団体割引】
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影
所要時間(目安) 75分 ガイドツアー
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
JR「浜松町駅」北口から徒歩1分
地下鉄大江戸線・浅草線「大門駅」下車徒歩3分
ゆりかもめ「竹芝駅」下車徒歩10分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●旧芝離宮恩賜公園は浜離宮恩賜庭園の陰に隠れてしまっているようで、あまり注目されることがない庭園です。実際、観光客もあまり見かけることはありません。しかし、それゆえに東京都内、しかもビジネス街の中心でありながら、信じられないほど静かでゆったりとした時間が流れている場所でもあります。都会の喧噪から離れて、物思いに耽るも良し。広さもそこまで大きくないので、何となくブラブラするも良し。居心地の良さとしては、旧芝離宮恩賜公園は都内随一と言えるのではないでしょうか。散策路がシンプルなため、面白みには欠けるかもしれませんが、庭園の手入れはきちんとされていて、決して他の庭園に見劣りするようなことはありません。隠れたオアシス的な存在として、今後もこの場所にあり続けて欲しいと思います。お昼のコーヒー代を節約すれば入園できるリーズナブルなお値段も魅力的です。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●旧芝離宮恩賜庭園は、場所がいいですよね。浜松町駅を出てすぐですから、行きやすいというか、案外行ったことがない人が多いというか。いったん中に入ってしまうと、あり得ない光景が見えるので面白いくらいです。とにかくお手入れが行きとどいた見事なお庭のバックには、オフィス街がどーんと見えます。あれは借景かな?(笑)。すぐそこに東京の人ゴミがあるのに、この公園の中は完全に別世界ですよ。季節の花を見ながら、バックのビル街も楽しめます。とにかく意表を突いたアンバランスさがかえって魅力になります。東京ってすごい場所だなって思っちゃいますよ。それと、東京タワーもみえるんです。園内に花はたくさんありますが、カキツバタはとりわけキレイです。初夏の爽やかな風の中でみるカキツバタは、ひときわ風情がありますね。

40代男性

●●もともと、浜離宮をメインに観ていた私ですが、3か月前に友人に誘われたのをきっかけに、初めて旧芝離宮恩賜公園に行きました。浜離宮から近い所にあるのですが、浜松町の駅から近いので、交通のべんは最高です。どうしても浜離宮と比べてしまいますが、パッと見た感じ、浜離宮に負けないくらいの良さがありました。私が行った時は、一部改築工事をしていて入れない部分もあったのですが、池や丘などとても素晴らしいものがありました。私と友人は1時間程かけ、ゆっくりと見物しました。1番良かったのは、庭園の外はビルが立ち並んでいるので、そのギャップが東京ならではだと思いました。お昼休憩で、庭園の中でお弁当を食べている人が居たりと、とても落ち着いた魅力ある庭園でした。東京には何ヵ所か庭園がありますが、私は浜離宮の次に旧芝離宮をおすすめ致します。

40代女性

●●JR浜松町駅から歩いてすぐの場所にあって、とにかく近いです。少し離れた場所に別に大きな人気がある日本庭園がありますが、こちらも地味ながらもなかなか見事な庭園です。石や岩のオブジェが池の周りにあったり、小高い丘を登って池を見下ろしたりしました。園内はそれぞれの季節の花が咲き、春は桜、秋は彼岸花があちこちに見られます。園内での写真はもちろんステキですが、実は園外に取って置きの写真スポットがあります。浜松町駅から日の出桟橋に向かう出口に歩いて行くと、左手に大きなガラス窓が見えてきます。そこから園内が全て上から見渡せるので、色とりどりの花がたくさん咲く季節や雪の降った日には絶景の撮影スポットです。混み具合もわかるので、こちらで園内をチェックしてから入場されることをお勧めします。入場料もお安いので気軽に入りやすいですね。

50代男性

●●旧芝離宮恩賜庭園は、規模こそ都立庭園の中では小さい方ですが、独特の魅力が備わっています。まず、浜松町駅のすぐ傍というアクセス性の高さは、他の都立庭園にはない魅力です。勿論、アクセス性だけでなく、庭園自体にも魅力があります。他の都立庭園と異なる点は、広大な池が庭園最大の見せ場となっている事です。又、起伏が比較的少なく、林も少ないのが特徴的です。その為、面積の小ささと相まって比較的楽に一周出来ますし、何処にいても庭園全体が見通せるので、独特の開放感があります。逆に、散策路自体はシンプルなので、迷路のような散策路を歩き回りたい人には、少々物足りないかもしれません。あとは、池に多数の鯉がいて、人を見掛けると口をパクパクして餌をねだる可愛い姿を楽しめます。ただ、売店に鯉の餌は売っていないので、もしかすると餌やりは禁止なのかもしれません。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●JR浜松町駅から海側に向かって5分程度歩いて行くと入口に着きます。入園料(150円)を払い、園内に入ると、大きな池が出迎えます。周囲の車の往来の音は届かず、落ち着いた庭園の中でゆったりとした時間を過ごすことができます。中央にある池を一周しながら、木々の緑や季節の花を見て回るのが定番のコースと言った感じです。そんなに広くないので、急いで隅々まで散策するというよりも、椅子に腰かけて、あるいは池にかかっている橋からのんびりと風景を眺めるのがお勧めです。池と周りの木々越しに中層ビルが見えたりする「都会の公園」ならではの景色です。私のお気に入りは、実は冬。渡り鳥のカモ達が飛んできていて、近くで見ることができるのです。冬になると東京湾に飛んでくる冬ガモと呼ばれているスズガモなどの鳥たちをすごく近くで見ることができます。望遠鏡などなくても大丈夫、ちょっとしたデジカメや携帯のカメラでもドアップの姿を撮ることができ、持ち帰ってあとでなんていう鳥かをWEBで探すなんてことも鳥の素人でも楽しめます。まあ、そんなことをしなくても、少しの時間でもぼ~っとカモを眺めているだけで、私の心は癒されます。仕事で近くに来た時には、お昼を抜いて立ち寄ることもしばしば。お気に入りのところです。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ