新宿御苑

更新日:2018年12月7日

新宿御苑は、新宿区と渋谷区にまたがる大きな庭園です。都内でも特に多くの人が行き交う新宿に、こんなに大きな庭園があるのかと驚かされるほどの規模を誇ります。春夏秋冬の季節ごとに異なる雰囲気を持っていて、特に花見のシーズンには多くの方が集まり、桜を始めとした綺麗な花々を鑑賞しています。

新宿御苑の歴史は長く、この地はもともとは江戸時代に信州高遠藩主であった内藤家の屋敷があった場所でした。それが1879年に「新宿植物御苑」という農園になり、1906年に「新宿御苑」としてオープンされました。この時はまだ皇室の庭園として利用されていて、その後1949年に一般公開されました。

基本情報

読み方 しんじゅくぎょえん
英語表記 Shinjuku Gyoen National Garden
住所 東京都新宿区内藤町11番地
電話番号 03-3350-0151
開園時間 9時~16時
休園日 月曜日(祝祭日の場合は翌日)
12月29日~1月3日
入園料 大人(15歳以上):200円
小・中学生:50円
幼児無料
年間パスポート 一般:2,000円
高校生:1,000円
小中学生:500円
割引制度 【30名以上の団体割引】
公式ホームページ http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/
レストラン・カフェ コインロッカー
外国語パンフレット 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影
所要時間(目安) 200分 ガイドツアー
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 大木戸駐車場(普通車200台、大型車5台)
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車・新宿門】
JR・京王・小田急線「新宿駅」南口から徒歩10分
東京メトロ副都心線「新宿三丁目駅」E-5出口から徒歩5分
西武新宿線「西武新宿駅」から徒歩15分
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」出口1から徒歩5分
都営地下鉄新宿線「新宿三丁目駅」C1・C5出口から徒歩5分
【バス・新宿門】
品97:品川車庫~新宿駅西口「新宿二丁目」下車
池86:東池袋四丁目~渋谷駅東口「新宿四丁目」下車
早77:早稲田~新宿駅西口「新宿三丁目」下車
新宿WEバス「新宿御苑」下車

【電車・千駄ヶ谷門】
JR総武線「千駄ヶ谷駅」から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線「国立競技場駅」A5出口から徒歩5分
【バス・千駄ヶ谷門】
池86:東池袋四丁目~渋谷駅東口「北参道」下車
黒77:目黒駅~千駄ヶ谷駅「千駄ヶ谷駅前」下車
早81:早大正門~渋谷駅東口「千駄ヶ谷駅前」下車

【電車・大木戸門】
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前駅」出口2から徒歩5分
【バス・大木戸門】
品97:品川車庫~新宿駅西口「北参道」下車
早81:早大正門~渋谷駅東口「新宿一丁目」下車
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●新宿御苑は大人の入場料がたったの200円です。植物園の入場料金は安いところが多いのですが、新宿御苑もまた格安であり、客の身分ながらも200円でやっていけるのだろうかと心配になってしまうくらいです。そんな格安で、都会のオアシスを提供してくれる新宿御苑、庭園があまりにも美しく、映画のワンシーンかのように感じられました。どことなく懐かしいような古きよき美しさでした。四季によって公園の表情もがらりと変わるので、また季節が変わった頃に癒されに行きたいです。ビル郡に囲まれた都会に疲れてしまった時、ちょっと寂しい時、故郷の自然が懐かしくなった時に、200円という格安さからふらりと寄ることができるので重宝をしています。

20代女性

●●新宿御苑に初めて行って来たのですが、とても新宿とは思えない、緑豊かな公園でした。今回はお弁当を持ってピクニックに行きましたが、ぴったりの場所です。正門から入り少し行ったとことには芝生が広がります。シートをひいて寝転がると、ふさふさとした芝生がとても柔らかく、顔に当たるお日様のあったかさと相成り、うとうとしてしまいました。目をつぶると鳥のさえずりや草花の風に揺れる音も聞こえ、日ごろのストレスが昇華されていく感覚を味わいました。そんな自然の中で食べるお弁当は格別です。食べたあとは移動して、御苑内を歩きました。新宿御苑はとても広く、お散歩にもぴったりです。歩いていくと日本庭園らしい景色が広がり、どこで写真を撮っても絵になります。日ごろ歩いているコンクリートジャングルと180度違い、歩いているだけで気分転換となりました。気軽に行けて、自然と触れ合える貴重な庭園だと思います。ぜひまた晴れた日に遊びに行きたいです。

●●新宿という大都会の中にあんなに広くて美しい庭園があるとはビックリでした。お花見の時期に行った時は桜が大変きれいで見とれてしまいました。ペットは入場不可なのでワンちゃん等のフンを気にせず芝生に横になったりできるのもうれしいです。子供連れも多いですし、お仕事の休憩中かな?というような方もよく見かけます。ボールなどの遊具は使用不可ですが、広いとそれだけで気持ちがいいですし、子供は楽しそうです。緑がきれいなのに奥に高層ビルが見えるのがなんとも言えないです。そんなのここだけじゃないでしょうか。お花や木、風景の写真を撮りに来ている方も多くみかけます。それほど美しい庭園です。あれで大人200円で入れますからね。コスパ最高です。

●●はじめて新宿御苑の中に入りましたが、とても広くて驚きました。いい天気だったので日差しが強く暑かったですが、木々の緑が反射してとても綺麗でした。日本庭園の方にはスケッチブックを持って絵を描いている方も多くいて、水彩画などを描いていました。旧御涼亭は正面から見た様も風情があって、とても東京とは思えないような雰囲気だなと思いました。思わず写真に撮ってきました。裏側の方まで歩いて、御涼亭入口の方も行きましたが、たくさんの方が水辺の景色を楽しんでいたので、大変な混雑でした。この付近には外国人の方も多くいらっしゃったように思います。近くにあった茶室でさくらクレープを頂きましたが、茶室の中も日本風になっていて、ゆっくりと休憩することができました。

30代男性

●●新宿御苑の入場料が無料となる4月29日の「みどりの日」に行ったので、多くの来園客がいましたが新宿御苑は広大な敷地を誇っているため、混んでいることを感じませんでした。芝生広場や庭園では多くの家族連れがレジャーシートを敷いて思い思いに過ごしていました。入口では季節に合わせたパンフレットが配布されており、その時期に咲いている花などが紹介されていますし、地図と花がリンクされているので、見逃すことなく一つ一つ丁寧に眺めることができます。またベンチや腰掛けが多数置かれていますので、高齢者でも休みながら新宿御苑の植物を鑑賞できると感じました。また、リニューアルした大温室は日本では見かけないような植物が多数展示されていて見応えがありました。

30代女性

●●新宿駅から徒歩10分で到着する立地の良さが魅力です。(新宿の駅ビル等で好きなお弁当を買って、園内で食べると楽しいと思います。)木々のみずみずしさと、その背景に新宿のビル群が見える様子は自然と都会の融合=近未来的な美しさがあり、いつまでも見ていたくなります。特に、お花見の時期は桜がとても綺麗です。少し混雑しましたが、有料であることと敷地が広いためか、他の普通の公園よりもゆっくりお花見することができました。あとは様々な種類のバラが咲いているのが印象深いです。敷地全体に手入れがゆき届いている感じがしますが、特にバラはフランス式庭園の中で美しく見ることができます。しかし入場料が大人は200円、小・中学生は50円……と、安いもののこれら以外に特にこれと言った見所はないためそう何度も行かなくても良いような気はします。

●●新宿御苑は新宿駅からほど近く、買い物ついでやちょっとした空き時間にも気軽に訪れることのできる、都会の憩いスポットです。入場料も安くて、中にあるお店のご飯も美味しいのに高くはありません。だから、友達同士や恋人で来ても楽しめますし、子連れでも一日たっぷりと遊ぶことができます。新宿御苑の中は広い散策公園になっていて、春は桜が満開で綺麗ですし、夏は新緑に包まれて、秋にはうっとりするほどの紅葉も見ることができます。また、暖かな温室もあり、そこでは南国の植物を見ることもできます。散歩してもいいし、芝生にシートを敷いてピクニックもいい。写真を撮るにもいいスポットがたくさんあるんです。新宿都心に近く、入場料も安いのに全部見るには半日かかってしまうくらいの内容量。いつ来ても楽しめます。

●●新宿の真ん中に、まさかこんなに美しい緑の広がる土地があることが、本当に不思議に思えるくらいです。すぐ近くに高層ビル群が立ち並んでいるのに、とても広い空間に緑がいっぱいで、まさに私のホッとできる癒しの場所です。ブラブラと緑を眺めながらお散歩するだけで、ふだんの疲れた心をときほぐしてくれます。都会の中にいながら大自然をゆっくり楽しめるなんて、すごく素敵なことだと思います。四季を通して、いろいろと自然の情景を楽しめますが、春のお花見のシーズンは桜がとても綺麗なので、特におすすめです。桜の花びらがたくさん舞い散って、ピンクの波が揺れているようでした。ゴールデンウイークは少し混んでいました。レジャーシートを敷いてお弁当を食べたり、恋人同士でデートしたり、一人でのんびり気ままに歩くのにもいいな、と思います。

40代男性

●●高層ビルの立ち並ぶ東京のど真ん中に新宿御苑があります。まずは、そのコントラストの違いに魅了されます。そして、次に魅了されるのが庭園の大きさです。都内に大きな公園・庭園が少ない中で、この新宿御苑の大きさは非常に贅沢な気がします。庭園内にも、日本的なものが沢山ありますし、四季おりおりの植物も植えてあるので色々と楽しめます。また、外国人の友達が多い私としましては、外国人の友達に日本を案内する際に、欠かせない場所となっています。外国人向けのパンフレットも整ってい点、ツアー等もある点は非常に助かります。東京オリンピックを迎える時は、きっと沢山の外国人の方々がここを訪れ、日本の庭園にきっと舌鼓を打つことだと思います。

40代女性

●●新宿御苑は都内の中心にありながら、広い敷地でのびのび散策できる絶好のスポットです。便利な場所にあるため、仕事の合間や買物の帰りなど、いつでも訪れることが出来るのも魅力です。日本庭園もいいですが、イギリス式の庭園やバラ園も素敵です。植えられている木の種類も豊富で、とくに春に行くと、桜をはじめ種々の花を観賞することができるので、花好きには堪りません。とにかく敷地が広く、施設もたくさんあるので、何度行っても飽きないのも新宿御苑のいいところだと思います。大人だけでなく、楽しい各種の自然体験教室があって、子ども連れで出かけても楽しめます。都会の中で自然に触れ合うことの少ない子どもたちには理想的な見学場所といえます。また園内の構成自体も変化に富んでいて、ちょっと休憩できる場所も十分に設置されているので、子どもから年配の方まで誰でも楽しめます。散策するのにちょうどいい歩きやすい庭園だと思います。

●●新宿御苑はおすすめの場所です。都会にありながら自然がいっぱいなのでとても癒されます。新宿や新宿三丁目から歩いてすぐですし、伊勢丹でお昼ご飯を買って中でピクニック気分でゆっくりご飯が食べれます。中には広い芝生や池、大きな木がいっぱいあります。時期によってはバラが咲いているエリアなど、テーマにそって花や木が並べられていますので、いつ来てもゆったり心地よい気分になれます。新宿御苑内は家族連れも結構多いのですが、かなり広いので、込み合ってはいません。ゆっくりのんびりするには持っていいの場所です。入場料が必要にはなりますが、そんなに高くないので土曜とか日曜とかおすすめです。桜の季節もとてもきれいなので、真夏というより、春先の方が綺麗でおすすめです。帰りも新宿まで歩ける距離にあるので買い物もとても便利です。御苑の周りにはおいしい料理やさんもとても多いので帰りは寄ってかえるものいいかもしれません。

50代男性

●●大都会の真ん中にあるオアシス、それが新宿御苑です。東京の真ん中にこんな広い空間があるなんて、とても贅沢。特に桜の季節が最高です。入口は激混みしますが、中に入ると広々としてゆったりした気分になれます。桜の木も古くて大きいので、木の下にいると桜に包まれている気分が味わえます。園のはじっこの方へ行けば人もあまりいなくてのんびりできます。にぎやかなのが好きな人は芝生へどうぞ。普通に庭園の雰囲気を味わうのもいいですが、より学術的に学びたい人は園内の案内板を良く見てください。詳細な説明が載っています。また、温室もありますのでのぞいてみると楽しいかも。森林浴で気分がリフレッシュできて勉強にもなる新宿御苑は最高です。

50代女性

●●新宿へ買い物や仕事で出かけた際、ついブラリと寄ってしまうのが「新宿御苑」です。入園料が200円ほどかかるのですが、有料だけにあやしげな人に遭遇する危険がないので安心して楽しめます。休日は家族連れなどが多くにぎやかですが、平日は年配のご夫婦やグループが中心のことが多く、シーズンや時間帯によっては人影もまばら。特に平日の午前中はすいている印象で、雑誌の撮影など面白いシーンを目撃したこともあるんですよ。春から初夏や秋の気候のいい頃なら、お弁当を持参して、ランチがてら訪れるのもおすすめです。もし昼時に急に行きたくなったら、園内のレストランで鹿肉のカレーやミートソースに舌鼓を打つのもいいと思います。とにかく自然の中でぼーっとしたくなった時に、絶好の場所です。

●●新宿御苑には、花見をしに何度か行ったことがあります。桜はソメイヨシノが一番多いですが、シダレザクラやその他の種類の桜もあります。新宿御苑はお酒の持ち込みが禁止で、ゴミも自分で持ち帰らなければなりません。酔っぱらてるいる人がいないし、酒臭さもゴミもなくキレイで、気持ちよくゆっくりお花見ができます。花見の時期は混雑しますが、午後から出掛けてもレジャーシートを敷く場所は十分に確保できます。16時半に閉園になるので、夜桜見物はできません。新宿御苑には、母と子の森、日本庭園、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園の4つのエリアがあります。母と子の森は、道の両サイドが木々で覆われていて、静かな森の中にいる雰囲気が味わえます。日本庭園では、池の中で鯉や亀が優雅に泳いでいて、ゆったり落ち着いた気分になれます。イギリス風景式庭園は、芝生の広々したスペースがあり、解放感が感じられます。フランス式整形庭園のプラタナス並木は、ロマンチックな雰囲気が漂っていて、バラの季節は、バラ花壇がとてもきれいだそうです。新宿御苑は、紅葉の季節もきれいだと有名なので、今度は秋に行ってみたい思っています。

60代~男性

●●東京都民のオアシスという形容がぴったりの新宿御苑。「東京で一番ネームバリューのある大庭園」と言ってもいいでしょう。日本庭園、自然観察エリア、イギリス風景式庭園、フランス式整形庭園など、変化にとんだ景色が楽しめるのが、大きな魅力。もとは徳川家康の家来だった内藤氏の屋敷の一部だったといわれています。この広大な敷地が「一部」だということに驚かされます。現在の新宿御苑だけでも新宿門、大木戸門、千駄ヶ谷門という3つの門があって、地下鉄とJRの4つの駅が隣接しているという規模なのですから。園内には「旧洋館御休所」というクラシカルな建物があって、重要文化財に指定されていますし、リニューアルされた大温室もみどころでしょう。しかし、なんといってもすばらしいのが、桜。上野公園などとちがい、ここはソメイヨシノの本数、ボリュームで花見を楽しむところではありません。70種類近いさまざまな桜の風情と表情を愛でるお花見スポットなのです。一葉、妹背、関山、鬱金(うこん)、普賢象など、中には薄緑の桜もあり、さながら「桜の博物館」。半日かけてゆっくり桜を楽しみたいスポットだと思います。

60代~女性

●●桜の花見は、必ずといって新宿御苑に出掛けます。広々としているので、場所取りする必要がないのがいいんです。数年前までは、アルコールの持ち込みOKだったので、友達10人位で、ワイワイして楽しみました。私の手作り弁当は、筑前煮や牛肉とキノコの甘辛炒めに漬物などです!みんな喜んでくれるので、作り甲斐があります。桜がたくさん咲き乱れて、それは綺麗です!散会したあとは、夫婦でぐるっと散策します。池もあり、森林浴できる所やバラ園と飽きのこない作りですね。四季折々の花を愛でることができて、お勧めの庭園です!昭和の日は無料ですが、入園料金2百円は、見ごたえたっぷりで、とてもお得です。温室がリニューアルしたというので、早く行ってみたいなと思っています。

ページの先頭へ