井の頭恩賜公園

更新日:2018年12月7日

「井の頭恩賜公園」は東京都武蔵野市自慢の桜名所として人気を集めています。毎年、地元の方はもちろん地方からも花見客が訪れ、公園内の池にぼんやりと映る様や水面に儚く散っていく桜吹雪を見ることができます。毎年の見頃予想は3月下旬頃~4月上旬頃となっており、売店でビールや日本酒も購入可能。

基本情報

読み方 いのかしらおんしこうえん
住所 東京都武蔵野市御殿山1-18-31
電話番号 0422-47-6900
公式サイト こちら
例年の見頃 3月下旬~4月上旬
桜の本数 500本
主な桜の種類 ソメイヨシノ、ヤマザクラなど約20種類
桜の名所100選
桜まつり
夜桜・照明
入場料 無料
駐車場
アクセス JR吉祥寺駅または京王吉祥寺駅南口→徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●学生時代から、私の定番のお花見スポットになっています。公園内の池を囲むように植えられた桜の木々が、春になると一斉に咲いてとても美しいです。公園内でボートを借りて、花見を楽しむカップルや家族連れもたくさん見かけます。水面に映る桜も絵になります。公園の近くには、いろいろとおいしいお店があるので、そこで買ったものを公園のベンチやピクニックシートの上でまったり食べながら、お花見するのが大好きです。休日ともなると、たくさんの人出で賑わいます。家族連れやカップル、サークルのメンバーなどで、思い思いに楽しんでいるようです。夜桜も、きれいなのでオススメです。一緒に行った友人も、都心よりもゆっくりできるね、と気に入ってくれました。東京の中でも、自然を感じることのできるスポットで、駅からも近いので気軽に行くことができるのも、魅力です。

30代男性

●●井の頭公園の桜の特徴は、なんといっても大きな池と桜のコラボレーションですね。水面に映し出された桜は本当に絶景です。また散り始めると、今度は池に桜の花びらが落ちて非常に綺麗な景色を見ることができます。特に桜の花びらが絨毯のようにびっしり広がった景色は本当に絶景だと思います。この桜の絨毯の中をボートで泳ぐこともできるので、デートなどに利用するのが最適ではないでしょうか。しかしボートに乗ったカップルは別れるという都市伝説もあるようなので注意が必要です。このように、井の頭公園は満開時と散り始めの両方の時期にいっても楽しめると思いますね。池の周囲には何箇所もベンチあるので、桜をじっくりと堪能することができます。もちろんシートを広げて宴会する場所もありますし、一人でも大人数でもお花見を満喫できると思います。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●私は春になると必ず訪れる場所があります。自宅から比較的近く自転車で行くことができる、井の頭恩賜公園です。吉祥寺駅からも徒歩5分以内で行くことができ、特に週末は沢山の人で賑わっています。3月下旬から4月上旬は桜が見頃を迎えます。毎年多少開花スケジュールは違いますが、だいたい4月の初めには満開になります。井の頭恩賜公園での花見で良いところは、混みすぎていないことです。ですのでお花見をするレジャーシートもあまり混まずに敷くことができます。そして池を囲むように桜が咲いているので、とても優雅で美しい景色を眺めることができます。池に浮かぶ桜の花びらがとても綺麗で、毎年沢山の人が写真を撮っています。また花見だけではなく、池でスワンボートに乗ったりして遊ぶことができるので、小さいお子様も楽しむことができます。井の頭恩賜公園はのんびりお花見をするのに、とてもお勧めです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ