国営昭和記念公園

更新日:2018年12月7日

東京都立川市~昭島市に位置する「国営昭和記念公園」は昭和天皇が在位して50年となった記念として造られた国営公園となっています。毎年3月下旬頃になるとソメイヨシノやヤマザクラを中心としたおよそ30種類の桜を楽しむことができ、フラワーフェスティバルなども開催され、多くの花見客で賑わいを見せます。

基本情報

読み方 こくえいしょうわきねんこうえん
住所 東京都立川市緑町3173
電話番号 042-528-1751
公式サイト こちら
例年の見頃 3月下旬~4月上旬
桜の本数 1500本
主な桜の種類 メイヨシノ、オオシマザクラ、ヤマザクラなど31品種
桜の名所100選
桜まつり
夜桜・照明
入場料 大人410円
駐車場
アクセス JR西立川駅→徒歩2分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●毎年のように行っていますが、いくたびに見事な桜がたくさん咲いているなと感心してしまいます。ソメイヨシノだけでなく様々な種類の桜があるということや施設内が非常に広いということもあり咲き方に多少のばらつきがあるのですが、そのばらつきのために長く楽しめているのかなと好意的に捉えることにしています。一箇所でお花見を楽しむことも良いのですが、桜ポイントが点々としているので歩いて回るのも良いなと思います。広い園内を歩くだけでもなかなかの運動量になるため運動不足解消にも一役買ってくれました。国営昭和記念公園の良いところは桜以外のお花見も楽しめるところでしょう。特に春先は菜の花が非常に綺麗なので、桜のピンクと菜の花の黄色、そして空の青のコントラストは本当に綺麗で感動してしまいました。桜の種類の違いがいまいちわからなかったので次に行くときまでに覚えておくとより楽しめるかもしれないなと思いました。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●国営昭和記念公園は、東京の立川市に位置しています。都心からも1時間圏内でアクセス可能ですし、比較的広大な敷地を有しているので、のんびりと散策するには最適なおすすめスポットです。また、桜の時期には壮大な景色が拡がり、都内でも有数のお花見スポットとしても有名で、数多くの花見客が訪れ毎年賑わいを見せています。屋台なども出ていて手ぶらでも楽しめることができますよ。また、夏には花火大会も有名で毎年たくさんの客で賑わっています。園内にはアスレチックやトランポリンのふわふわドーム、ボートやレンタサイクルなどの楽しめるレジャーが充実していますので家族連れでも一日中楽しめるおすすめスポットです。飲食施設やトイレなども充実していますので、赤ちゃん連れでも安心して遊びに行けますので、大人気のレジャースポットとなっています。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●入場料がかかってしまう(ちょっと高いなと感じました…)のはちょっと残念ではありますが、かなり広いので、レジャーシートを何枚も広げてだったり、大きなレジャーシートを用いたりしての大人数でのお花見にはピッタリの場所だと思います。日によるかもしれませんがそんなにすごく混むこともないので、過ごしやすい雰囲気です。大きな桜の木があって、桜はとっても綺麗ですし、結構視界が開けた場所もあるのでスポーツなども楽しみやすいのではないかと思います。公園自体も広いので散歩にもいいですし、バーベキュー場もあるので、いろいろな楽しみ方ができそうです。駅から少し歩かなくてはならない点と、持ち込みの場合買い出しできるお店がちょっと遠い点においては大変かもしれません。車があるとかなり使いやすく便利になるんじゃないかと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ