六義園

更新日:2018年12月7日

都会でも見られる紅葉スポットをご紹介!東京都文京区に位置する「六義園」ではモミジやイチョウ、ハゼノキ、ドウダンツツジといった種類の紅葉をゆったりと観賞することが可能。毎年の見ごろ予想は11月下旬頃から12月上旬頃となっています。日没になると周囲はライトアップされ、昼間とはまた違った紅葉の姿を楽しめるのもポイント。

基本情報

読み方 りくぎえん
住所 東京都文京区本駒込6-16-3
電話番号 03-3941-2222
公式サイト こちら
例年の見頃 11月下旬~12月上旬
開園時間 9~17時
紅葉樹の種類 モミジ、ハゼノキ、イチョウ、ドウダンツツジなど
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 大人300円 小学生以下無料
温泉
駐車場
アクセス JR駒込駅南口→徒歩7分

口コミと評判

20代男性

●●六義園のオススメはなんといっても、紅葉シーズン真っ只中に行われる夜間のライトアップです。これがなんとも美しい。六義園の中に入って、ライトアップされた紅葉を見ると、本当にここは東京の中心地なのかと驚かせます。ライトアップも紅葉を魅せるためのライトアップで邪魔になりません。お茶屋さんやお菓子屋さんも営業しているので、お団子などを食べながら、紅葉を見ることもできます。六義園はIR山手線の駒込駅から徒歩7分なので、とてもアクセスしやすいところにあるのも魅力の一つ。仕事帰りに立ち寄ることもできちゃうんです。さらに入場料が300円と激安なのも嬉しいですよね。夜間営業時でも普段の入場料と変わらないので、お財布にとても優しいですよね。東京の中心部で美しいライトアップされた紅葉を見ることができる六義園をぜひ訪れてみて下さいね!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●六義園は紅葉の時期になると夜間もオーブンします。普段は早い時間に閉園してしまうので、暗くなってから園内散策を楽しめるというのは何か特別な感じがしてお得感があります。園内は細い道に沿って歩くのですが、平日の夜でもなかなかの人手で、まあ、前の人についてぞろぞろ歩く、といった感じですが、窮屈で嫌になってしまうと言うような感じではありませんでした。昼間はちょっとしたハイキング気分で園内をまわれて楽しいですが、ライトアップされた紅葉は見事に美しくて、やはり夜がとくにおすすめです。園内の小さな川もキレイなブルーにライトアップされていました。茶屋では抹茶と和菓子を楽しみながら紅葉を眺めることができました。夜間で1つ残念なのは、入れない区域があると言うことです。園内隅々まで廻りたいなら昼間行かないとですね。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ