国営昭和記念公園

更新日:2018年12月7日

「国営昭和記念公園」は東京都立川市と昭島市イチオシの紅葉スポットとしても有名。紅葉と一緒にバードウォッチングも楽しめるのが特徴。見られる主な紅葉の種類はモミジやイチョウ、コナラ、サクラとなっており、こどもの森(ふわふわドームあり)やバーベキューガーデンと家族一緒に楽しめる施設も充実しています。

基本情報

読み方 こくえいしょうわきねんこうえん
住所 東京都立川市緑町3173
電話番号 042-528-1751
公式サイト こちら
例年の見頃 10月下旬~11月下旬
開園時間 9時30分~17時
紅葉樹の種類 イチョウ、モミジ、サクラ、コナラほか
紅葉まつり
ライトアップ
入場料 大人410円 小中学生80円
温泉
駐車場
アクセス JR西立川駅→徒歩2分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●国営昭和記念公園は、東京の立川市に位置していて都心からも1時間圏内でアクセス可能ですし比較的人気のスポットですが、広大な敷地を有しているのでのんびりと散策するには最適なおすすめスポットです。もちろん自然豊かですので、紅葉の時期には美しいオレンジ色に染まった木々の風景に癒されること間違いなしです。紅葉以外にも桜の時期には壮大な景色が辺り一面見渡せますし、秋には秋桜畑が有名です。夏でもひまわり畑があったり、花火大会は日本有数のスポットで毎年盛大に賑わっています。もちろんおこさまが遊ぶアスレチックやトランポリンのふわふわドームなどもあって一日中楽しめるレジャースポットになっているので、ぜひ機会があれば訪れてみることをおすすめします。中にはボートにのれるアクティビティーや、レンタルサイクルなどもあり楽しめるスポットです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●一応、都内にあります。JR中央線西立川駅から多少歩きます。自転車があったら良いなぁと思う距離です。公園には入口がいくつかあり、別の駅(隣り?)から帰ることも可能です。そして、国営なだけあって、ものすごく広いです。メインゲートからしばらくは、真っ直ぐに銀杏並木が続きます。その並木だけでもかなりの直線距離があり、並木が終わる頃にはもう座りたいなぁ、と、そこにはカフェがあり、一休み出来ます。カフェの面積は広く、座席数も沢山あるので、席は簡単に取れるのがすごく良いです。休みたいタイミングは皆さん同じですものね。そこから先は、和を重んじた雰囲気の庭園や広場など、様々な植物を楽しめます。とにかく広いので、小さなお子様が走り回っても不快感は沸きません(当方、他人の子供は苦手)。人出は多いですが、広いので人混みが苦手な方も楽しめる空間になっていると思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●こちらの紅葉スポットは、なんといってもイチョウ並木です!立川口から入場すると、目の前に現れる水路とその両脇に整然と植栽されているイチョウ、水路を挟んでシンメトリーな景観の美しさが、イチョウが黄色く染まるとなお一層際立ちます。ただこの時期にはぎんなんも熟して路面にたくさん落ちてくるため、独特なにおいもすごいのですが…。それでもぎんなん好きの人たちが、たくさん拾いに来ています。

そして、公園の北側にある日本庭園エリアの紅葉もきれいですね。東京都西部の立川市にある公園内のほうが寒暖の差が大きいせいかもしれませんが、市街地のモミジよりも色づき具合が鮮やかに感じます。こちらは、エリア中央に池を配した回遊式庭園で、まわりには茶屋や盆栽コーナーなどもあり、散策しているといろいろ楽しめます。

公園内は大変広いため、園内を走るバス路線がありますが、そのバスは機関車の形をしたかわいいかたちで、子どもたちにおすすめです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ