早稲田大学會津八一記念博物館

更新日:2018年12月7日

早稲田大学會津八一記念博物館は、新宿区西早稲田の早稲田大学キャンパス内にある博物館です。早稲田大学の学生や関係者でなくても、誰でも入館することができます。キャンパス内には図書館や講堂を始めとした多数の建物が建っていますが、こちらの博物館は正門を入ってすぐ左手に位置しているため、分かりやすいです。

早稲田大学の名誉教授である今井兼次の設計により1925年に図書館がオープンしたのが始まりで、キャンパス内の別の場所に新しい図書館ができたのを機に、1998年に會津八一記念博物館としてリニューアルオープンしました。館内には4,000点以上もの収蔵品があり、その一部を鑑賞することができます。

基本情報

読み方 わせだだいがくあいづやいちきねんはくぶつかん
英語表記 AIZU MUSEUM, WASEDA UNIVERSITY
住所 東京都新宿区西早稲田1-6-1 早稲田大学内
電話番号 03-5286-3835
開館時間 10時~17時
休館日 日曜・祝日・大学が定めた休日
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 ×
所要時間(目安) 40分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
JR山手線・西武新宿線「高田馬場駅」より徒歩20分
地下鉄東西線「早稲田駅」より徒歩5分
地下鉄副都心線「西早稲田駅」から徒歩17分
都電荒川線「早稲田駅」より徒歩5分

【バス】
都営バス「新宿駅西口 - 早稲田」
都営バス「渋谷駅 - 早大正門」
都営バス「上野広小路 - 早稲田」
スクールバス「高田馬場駅--早大正門」
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●都の西北、早稲田の杜……、大隈講堂と目と鼻の先にある會津八一記念博物館は、活気溢れる早稲田大学の中にあって、ゆっくりとした時間が流れる場所です。奈良について詠った歌人として、また書家として、そして、早稲田大学美術史学科の創立者として知られる會津八一。その名を冠している通り、美術史の研究史料として収集した美術品をルーツとする展示が行われています。二階の常設展示には、学生に本物の美術品を見せるために買い集めたという伝説の残る中国の古美術や、貴重なアイヌ民族の民俗資料が展示されており、学問を追及する空気に身が引き締まりました。また一階で行われる企画展示では、早稲田大学の研究成果に基づいた展覧会が行われることがあります。これまで二回行われた、戦時中に戦意高揚のために描かれた油絵の展示はおそらく国内初めての試みで、知的好奇心が大いに刺激されました。入場も無料なので何度も見に行きたい場所です。都電早稲田駅からも歩いていけるので、街歩きに組み入れても面白いスポットだと思います。

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ