第五福竜丸展示館

更新日:2018年12月7日

第五福竜丸展示館は、江東区夢の島の「夢の島公園」の中にある博物館です。第五福竜丸は、アメリカ軍が1954年に行った水素爆弾実験によって発生した放射性降下物を大量に浴びたマグロ漁船です。そのマグロ漁船の船体がまるまる展示されていて、展示館の外観も三角錐のような独特な形となっています。

館内は1階と2階の2フロアから構成されています。1階には第五福竜丸や水爆に関する展示があるほか、第五福竜丸と同様に被爆したマーシャル諸島に関する展示も行われています。2階は船体の上部を見学できるようなスペースとなっています。なお、船体からの残留放射能は発生していませんので、安心して見学できます。

基本情報

読み方 だいごふくりゅうまるてんじかん
英語表記 Daigo Fukuryu Maru Exhibition Hall
住所 東京都江東区夢の島2-1-1 夢の島公園内
電話番号 03-3521-8494
開館時間 9時30分~16時
休館日 月曜日(月曜が祝日のときは開館し火曜休館)
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ http://www.d5f.org/
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影
所要時間(目安) 40分 ギャラリートーク
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
JR京葉線・地下鉄有楽町線・りんかい線「新木場駅」より徒歩10分

【バス】
都バス 木11系統「夢の島」下車徒歩3分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●小学生のときに、学校の校外学習でおんなじ学年の子らと一緒に行きました。授業で事前に学習してから行きました。ですが、こころのどこかで歴史という物語の一部として捉えていました。だから、先生の説明を聞きながらこの第五福竜丸展示館を見ていくとだんだんこの悲劇が実際に起きた現実なんだとまざまざと感じられてとても恐ろしくなったのを昨日のことのように覚えています。放射能がもたらす人体や海洋生物、海への恐ろしい影響に目をそむけたくなるのと同時に当たり前のことですがもう二度とこんな苦しい思いをする人々を出してはいけないと思いました。第五福竜丸もきれいに除染されて展示してあったのですが、恐ろしいイメージばかり頭に焼きついてなんだか近づきずらかったです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●古座の町には清流・古座川が流れていて、河口近くには大きな中洲があり、この船はこちらで造船されたらしいのです。この後、焼津に引き渡されてマグロ船となって出港するのです。 1954年(昭和29年)3月、遠洋航海のマグロ漁にでた第五福龍丸は、中部太平洋・ビキニ環礁で行われたアメリカの「水爆実験」で被災し、「死の灰」を浴び、23人の乗組員が急性放射能症となり、そして、被爆から半年後「久保山愛吉」氏が死去したのです。現在、福島原発の事故で多数の人々が、その影響を受けて非難されてます。 このこともあって、今でも被ばくした第五福竜丸を展示している江東区の夢の島の博物館を見学したのです。館内は2階の2つのフロアから構成されていて、1階には第五福竜丸や水爆に関する展示があるほか、当時の模様に関する展示も行われていました。なお、現在は船体からの放射能は発生していないようなので安心して見学できます。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●今年(2014年)の5月に、アメリカ・ハリウッド版映画の「Godzilla(ゴジラ)」が公開され、評判を呼んでいます。 御承知の「ゴジラ」は元祖は日本で、今年で誕生60年を迎えるといい、日本のみならず海外でも人気度が高いといいます。渡辺謙さんをはじめとする日本人キャストも出演し、日本特撮映画から始まった同作品の日本公開がまたれます。60年前の「ゴジラ」は小生もBSテレビなどで観てまして、その衝撃を感じておりました。 中部太平洋でアメリカの水爆実験で、海の底にいたゴジラが蘇るという物語です。丁度、この時期、この場所で、遠洋漁業の航海のマグロ漁に出ていた「第五福龍丸」が、この水爆実験で被災し、「死の灰」を浴び、十数人が乗組員が被爆し、急性放射能症となって久保山愛吉氏が死去する事件も起きているのです。この時の、第五福龍丸を展示しているのが東京江東区の”夢の島”の博物館です。 館内は二階の二つのフロアから構成されていて、一階には第五福竜丸や水爆に関する展示があり、他にも当時の被爆の模様や関係する展示も行われていました。皆さんも「ゴジラ」公開を記念に、こちらへ立ち寄ってみては如何ですか。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ