羽村市郷土博物館

更新日:2018年12月7日

羽村市郷土博物館は、羽村市羽にある博物館です。主に、羽村と多摩川の歴史や風土や自然などに関する展示を行っています。都心からは離れていますが、新宿から最寄り駅までは1時間ちょっとで行くことができます。広い駐車場が設けられているので、自家用車で行くのもおすすめです。

縄文時代から江戸時代にかけての羽村を紹介する「多摩川と共に」、江戸時代から現在にかけての玉川上水を紹介する「玉川上水をまもる」、明治以降の近現代の羽村を紹介する「農村から都市へ」、羽村で生まれた作家である中里介山の資料を展示する「中里介山の世界」という4つのコーナーから屋内展示が構成されています。

また、屋外展示も用意されていて、中里介山の大菩薩峠記念館の正門であった「赤門」や国指定重要有形民俗文化財の「旧下田家住宅」などといった歴史的価値の高い建造物を見学することが可能です。

基本情報

読み方 はむらしきょうどはくぶつかん
英語表記 なし
住所 東京都羽村市羽741
電話番号 042-558-2561
開館時間 9時~18時(10月~3月は17時まで)
※屋外展示は屋内展示よりも1時間早く終了
休館日 毎週月曜日(ただし月曜日が祝日と重なった日は開館)・年末年始
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 ×
所要時間(目安) 60分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 あり(17台)
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
JR青梅線「羽村駅」西口より徒歩20分

【バス】
羽村市コミュニティバスはむらん「郷土博物館」下車すぐ
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●自宅が羽村市にあるため、幼稚園に入園する前から、しょっちゅう通っていました。小学生の社会の授業でも行き、中学の社会の授業でも行き、高校では個人的に行き、大学では教育実習中に行きました。小中学生時も個人的に訪れています。その理由は、歴史的に価値のある昔ながらの旧邸「旧下田家」で、季節毎に様々なイベントが開かれるからなのです。琵琶と浪曲だったり、養蚕体験だったり、お月見だったり、お話だったり、どれも興味深いもので、ほとんどが参加費無料ですので、徒歩でもいける程近くに住んでいる身としては何度でも通ってしまうのです。冬はいろりを炊いてくれるので、外国の方などにもとても好評です。東京都の小学生ならば必ず学習する「玉川上水」という項目がありますが、その舞台が羽村市ですので、社会化見学で訪れます。玉川上水を作るにあたっての歴史などがとても分かりやすく展示されているので、小学生の学習にもおすすめの資料館です。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ