国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館

更新日:2018年12月7日

国際基督教大学博物館湯浅八郎記念館は、三鷹市大沢の国際基督教大学(ICU)キャンパス内にある博物館です。国際基督教大学の学生や関係者だけではなく、一般の方も無料で入ることができます。都心からは少し離れた場所に位置していますが、バス停がキャンパス内にあるので、アクセスは便利です。

この博物館は、昆虫学者として知られる湯浅八郎を記念して建てられました。実は、彼は国際基督教大学の創設者であると同時に初代総長でもあります。総長を退任した後は理事長も務めました。彼が収集した民芸品や美術品や歴史資料などが主な展示で、企画展も年に3回開催されています。

基本情報

読み方 こくさいきりすときょうだいがくはくぶつかんゆあさはちろうきねんかん
英語表記 ICU HACHIRO YUASA MEMORIAL MUSEUM
住所 東京都三鷹市大沢3-10-2
電話番号 0422-33-3340
開館時間 10時~17時
休館日 日曜・月曜・祝日・3,7,8月の土曜日
展示替え期間中・夏期休暇中・年末年始
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ http://subsite.icu.ac.jp/yuasa_museum/
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影 ×
所要時間(目安) 30分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 あり
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【バス】
小田急バス「国際基督教大学」下車すぐ
小田急バス「富士重工前」下車徒歩10分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●大学(ICU)の中にあるちっちゃな博物館です。広いキャンパスの中にひっそりとたたずんでいる感じです。ICUの初代学長だった湯浅八郎先生は、民芸品や美術品のコレクターでもありました。彼の収集品をおさめたのがこの博物館です。年に3回ほど、テーマをきめて企画展を行っています。キャンパスは三鷹市に位置し、都心からはやや離れていますが、三鷹および武蔵境駅から出ているバスで大学の敷地内まで行くことができます。正門から続く長い桜並木はそれは見事なので(地元のお花見スポットのひとつです)、春先にお花見がてら訪れるのが一番よいかもしれません。秋は桜やイチョウの木が紅葉してまた美しいものです。博物館自体はごく小さいので、訪ねる際には歩いて5分ほどのところにある中近東文化センターなどと組み合わせるとよいのではないかと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ