板橋区立教育科学館

更新日:2018年12月7日

板橋区立教育科学館は、板橋区常盤台にある科学館です。科学館らしい近代的でユニークなデザインをした建物となっています。東京教育大学(現:筑波大学)の跡地を利用してオープンし、恐竜の化石の展示やプラネタリウムなどがあることから、小さな子どもからも人気を集めています。

館内は、地下1階から2階にかけての3フロアから構成されています。エントランスがあるのは1階で、このフロアにはプラネタリウムが設置されています。地下1階には楽しく科学を学ぶことができる常設科学展示やビデオシアターが、2階には実験室や創作室や研究室などといった設備が設けられています。

基本情報

読み方 いたばしくりつきょういくかがくかん
英語表記 Itabashi Science & Education Hall
住所 東京都板橋区常盤台4-14-1
電話番号 03-3559-6561
開館時間 9時~16時30分(夏休み期間は17時まで)
休館日 月曜日(祝日にあたる場合は、その翌日)・年末年始
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ http://www.itbs-sem.jp/
レストラン・カフェ × コインロッカー
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影 ×
所要時間(目安) 120分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
東武東上線「上板橋駅」北口より徒歩5分

【バス】
国際興業バス「教育科学館」下車すぐ
国際興業バス「常盤台4丁目」下車徒歩3分
無料バス「4館送迎バス」に乗って「教育科学館」下車すぐ
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●教育科学館の素晴らしい所は入館無料で遊べるところです。一見こじんまりとしていますが、地下の展示室には地震のシミュレータや、中に入ることのできる竜巻の発生器など大掛かりな装置も置いてあり、子供から大人まで楽しめます。何度も行ったことがありますが、子供よりも私の方が真剣に遊んでいることが多いです。入口すぐに置いてある恐竜の化石は、レプリカではなく本物だと教えてもらいました。プラネタリウムは一般向けの回とは別に、幼児向けの無料の回があるので、小さな子連れでも気兼ねなく鑑賞することができます。意外と気に入っているのは、地下へ向かう階段の途中にある天窓から雲を観察してみようのコーナーです。四角く切り取られた空の一部を見上げながら、ほっこりしています。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ