葛飾区郷土と天文の博物館

更新日:2018年12月7日

葛飾区郷土と天文の博物館は、葛飾区白鳥にある博物館です。その名の通り、葛飾区についての資料が展示されているほか、天文に関する展示も充実しています。前者は「郷土展示室」という部屋で葛飾の歴史や文化などが解説され、後者は「天文展示室」という部屋で星座や宇宙についての紹介がされています。

そして、この博物館の目玉となっているのがプラネタリウムです。光学式プラネタリウムとデジタルプラネタリウムの両方の技術を採用していて、とても綺麗で迫力のある映像を楽しむことができます。また、音響にも力を入れていて、6台の大型スピーカーを始めとした全16台ものスピーカーが設置されています。

基本情報

読み方 かつしかくきょうどとてんもんのはくぶつかん
英語表記 Katsushika City Museum
住所 東京都葛飾区白鳥3-25-1
電話番号 03-3838-1101
開館時間 9時~17時(金土のみ21時まで)
休館日 月曜日(祝日の場合は開館)
第2・4火曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)
年末年始
入館料 大人100円 小中学生50円
年間パスポート 2,000円
割引制度 【20名以上の団体割引】
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー 写真撮影 ×
所要時間(目安) 120分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 あり(15台)
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
京成電鉄本線「お花茶屋駅」北口より徒歩8分
JR常磐線「亀有駅」より徒歩25分

【バス】
京成タウンバスに乗って「共栄学園」下車徒歩5分
京成タウンバスに乗って「上千葉小学校」下車徒歩5分
コミュニティ・バス「レインボーかつしか」に乗って「白鳥わかば公園」下車徒歩3分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●大好きです。学生時代によく通ってました。ここのプラネタリウムは迫力がすごいので見ごたえがあります。なんでも、2種類のプラネタリウムを融合させて放送しているらしいです。どこのプラネタリウムにも負けない映像の綺麗さに目を奪われます。そして、臨場感ある映像なのでまるで自分が宇宙空間にいるような錯覚に陥ります。しかも、ずっと同じ内容を放送するわけではないんです。放送内容がバリエーションに富んでいて、飽きがきません。また、評判が良かったものは再放送されたりもするんです。至れり尽くせりでありがたいです。ドラマ撮影の現場にも使われているくらい、建物や展示物自体がすごいおしゃれなので行くといつもテンションが上がってしまいます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●地元なので、子ども一緒によく利用します。葛飾区の郷土史に関するものが2階で、3階が天文学や宇宙に関すにもので、プラネタリウムがあります。ここのメインはプラネタリウムでレンズで星を映す光学式プラネタリウムと、CGで宇宙を表するデジタルプラネタリウムの2つを合わせた世界最新の設備だそうです。葛飾区にこのような設備があることがまず驚きです。実際、映像と音ともにとても迫力があり圧巻でした。「アンパンマン」の番組など子どもが楽しめるように工夫されています。子どもと見に行くので、こども番組しか見たことないのですが、大人用の番組はさぞかしすごい迫力が楽しめると思います。郷土史に関する掲示も体験コーナーなどもあり、勉強になります。また、子どもは少し障害を持っているのですが、愛の手帳を提示すると付き添い者が2名無料になるのでとても助かっています。2名無料の施設は珍しいです。葛飾区が誇れる施設だと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ