国立音楽大学楽器学資料館

更新日:2018年12月7日

国立音楽大学楽器学資料館は、その名の通り楽器を集めて展示している博物館です。頭に「国立」と付いていますが、国が運営しているわけではありません。国立(くにたち)音楽大学が運営していて、同大学の立川市柏町にあるキャンパス内に位置しています。なお、大学関係者でなくても入館可能です。

4号館と呼ばれる建物の5階に国立音楽大学楽器学資料館が入っています。エレベーターを降りて左手にはロッカーがあり、右手をちょっと進むと受付があります。展示室は1つしかありませんが、広々とした部屋の右半分が「ヨーロッパの楽器」のコーナーに、左半分が「分類別展示」のコーナーになっています。

基本情報

読み方 こくりつおんがくだいがくがっきがくしりょうかん
英語表記 Gakkigaku Shiryokan (Collection for Organology), Kunitachi College of Music
住所 東京都立川市柏町5-5-1 国立音楽大学4号館5階
電話番号 042-535-9574
開館時間 9時30分~16時30分
休館日 毎週水曜日
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ こちら
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 ×
所要時間(目安) 25分 ギャラリートーク
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
西武新宿線・多摩都市モノレール「玉川上水駅」下車、西武線線路沿い徒歩8分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●近所の音楽大学で、私自身音楽を学んでいたので(大学自体は違うところでしたが)、しょっちゅう足を運んでいました。展示の充実さは勿論、よくイベントを開催しており、チェンバロやハープシコードの演奏を聞かせてくれるのが興味深かったです。奏者として活躍されている教授や学生さんとも面識がありましたので仲良くさせていただいて、公開演奏のイベントがあるたびに告知してもらって聞きに行きました。古い鍵盤楽器などが沢山展示されていますが、昔のリュートや弦楽器の古楽器、またホルンの原型のような管楽器もあり、音楽に携わったことのある方ならば誰もが興味をもてるような展示物がずらりと並びます。吹奏楽やオーケストラをなさっている中学や高校の学生さんにもおすすめの博物館です。入館料は無料ですし、学生証などの提示も必要ないので気軽に訪れることができます。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ