渋沢史料館

更新日:2018年12月7日

渋沢史料館は、北区の飛鳥山公園内にある博物館です。飛鳥山公園には3つの博物館があり、紙の博物館と飛鳥山博物館と並ぶようにして建っています。公園内にあるということで周囲は緑が豊かで、館外でも落ち着いた時間を過ごすことができます。

館内では、幕末期から昭和初期にかけての実業家で、様々な企業の設立や経営に関わったことから「日本資本主義の父」とも称される、渋沢栄一に関する様々な資料を展示しています。2階建ての建物の2階部分が展示室となっていて、彼の生涯を追うことができます。1階の会議室では、彼を紹介する25分ほどの映像も見られます。

基本情報

読み方 しぶさわしりょうかん
英語表記 Shibusawa Memorial Museum
住所 東京都北区西ヶ原2-16-1
電話番号 03-3910-0005
開館時間 10時~17時
休館日 月曜日(祝日・振替休日の場合は開館)
祝日の代休(祝日・振替休日の後の最も近い火曜日~金曜日の1日)
年末年始・臨時休館日
入館料 一般:300円 小中高生:100円
年間パスポート なし
割引制度 【20名以上の団体割引】
公式ホームページ http://www.shibusawa.or.jp/museum/
レストラン・カフェ × コインロッカー
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 ×
所要時間(目安) 75分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
都電荒川線「飛鳥山停留所」より徒歩4分
JR京浜東北線「王子駅」南口より徒歩5分
東京メトロ南北線「西ヶ原駅」より徒歩7分

【バス】
北区コミュニティバス「飛鳥山公園停留所」より徒歩3分
都バス「飛鳥山停留所」より徒歩5分
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●ノスタルジックな都電荒川線に乗り、この博物館までやってきました。ここは飛鳥山という小さな丘の上にあり、緑が多く落ち着いた雰囲気があります。桜の季節にはとても綺麗だそうですが、私が訪れた時には既に葉桜でした。隣には紙の博物館や、渋沢栄一の邸宅だった旧渋沢庭園があります。私はここまで友達に連れてこられたので、渋沢は有名な実業家だというくらいしか知識がなかったのですが、この館の展示や映像を見て渋沢栄一にとても興味を持つことができました。日本経済の黎明期、渋沢は国の経済を発展させることを志し、そして実際にそれをなしえたのです。彼の努力や勤勉さはもとより、経済においても人間性を重視する点に心惹かれました。さらに、展示だけでなくリフレッシュコーナーもお気に入りです。この一角には大きな窓があり、旧渋沢庭園を望むことができます。シックな椅子や書棚が、お洒落で豪華な渋沢の時代を偲ばせてくれます。この館はお子さんには退屈だと思いますが、歴史や経済に関心のある高校生以上にはとてもおすすめです。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ