昭和女子大学 光葉博物館

更新日:2018年12月7日

昭和女子大学 光葉博物館は、世田谷区太子堂の昭和女子大学キャンパス内にある博物館です。昭和女子大を始め、付属の中高なども建てられているキャンパス内の施設ですが、大学関係者や女性だけが入れるというわけではなく、広く一般に公開されています。近くには緑豊かな世田谷公園もあります。

館内では年に6,7回の展覧会が開催されています。日本と世界の民芸品などといった民俗資料が充実しているため、これらが展覧会に登場することがあるほか、昭和女子大学に通う学生らによって制作された絵画や写真などを展示することもあります。なお、過去の展覧会情報も公式ホームページから見ることができます。

基本情報

読み方 しょうわじょしだいがく こうようはくぶつかん
英語表記 SHOWA WOMEN'S UNIVERSITY KOYO MUSEUM
住所 東京都世田谷区太子堂1-7
電話番号 03-3411-5099
開館時間 9時~17時
休館日 日曜日・祝祭日・年末年始・大学の定める休日
入館料 無料
年間パスポート なし
割引制度 なし
公式ホームページ http://museum.swu.ac.jp/
レストラン・カフェ × コインロッカー ×
外国語パンフレット × 音声ガイド ×
バリアフリー × 写真撮影 ×
所要時間(目安) 40分 ギャラリートーク ×
周辺のミュージアム 編集中
駐車場 なし
タグ 編集中
最寄り駅・アクセス 【電車】
東急田園都市線「三軒茶屋駅」より徒歩7分
東急世田谷線「三軒茶屋駅」より徒歩8分

【バス】
「昭和女子大」下車すぐ
周辺地図

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●昭和女子大学の光葉博物館は私の母校でもあります。校門から入ると正面に向かってまっすぐ歩いた奥まった場所にあります。光葉博物館は普段の日でも一般の方も入ることができますが特に学園祭のときに行くことをオススメします。学園祭では本校の学生が実際に作製した工芸品や民芸品などを展示することがあり、主に日本の歴史や伝統文化に触れることの出来る博物館になっています。館内での展示会は過去にうちわの歴史などが催されていました。館内は学生が博物館の学芸員を目指すために利用する施設でもあります。館内はこじんまりとしていて学生の作品をダイレクトに味わうことが出来るので歴史に興味のある方にはとてもオススメな博物館だと思います。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ