府中市郷土の森博物館

更新日:2018年12月7日

国内最大級の床面積を誇るプラネタリウムを併設した博物館。直径23メートル・287名収容で、巨大なスクリーンを有しています。12000個という恒星を映し出し、季節の星座などを鮮やかに再現。音と映像が織りなす、臨場感たっぷりの演出も必見。宇宙への旅を満喫しに、何度も訪れたくなることでしょう。

基本情報

読み方 ふちゅうしきょうどのもりはくぶつかん
住所 東京都府中市南町6-32
電話番号 042-368-7921
公式サイト こちら
ドーム径 23メートル
座席数 / 形 279席 / 扇形
機材・機種 五藤光学 GL-AT
投影日時 火~金:14時~・15時30分~
土曜日:12時30分~・14時~・15時30分~
日祝春夏休み:11時~・12時30分~・14時~・15時30分~
観覧料 一般400円 中学生以下200円
※別途入場料(一般200円 中学生以下100円)が必要
駐車場
アクセス 「郷土の森正門前」バス停より徒歩すぐ
「南町二丁目」バス停より徒歩6分
「芝間稲荷神社」バス停より徒歩6分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●小さな頃から何度も足を運んでいますが飽きることはありません。広さとしては広いほうだと思います。椅子や機械は新しいものではないと思うのですが、そこがまたなんとも落ち着く雰囲気があり、とても好きなポイントです。プログラムは前半にその日の夜見ることができる夜空やその時に見える星座の形や神話などの解説をしてくれて、後半には映像作品などの特別なプログラムを見ることができます。行く時によってアニメーションだったりドキュメンタリーのようなものだったりといろいろ楽しめるので良いです。個人的に良かったのは「銀河鉄道の夜」ですね。映像がとても綺麗で見入ってしまいました。個人的にはその日の夜空の説明が大好きなので、何度も足を運びたくなってしまいます。

●●小学生の頃に何度か母親と姉と出かけたことがあります。広さもちょうど良くて、常に何かイベントをやっているのでいつ行っても楽しむことができます。子供が好むようなキャラクターとコラボしているものなども頻繁にやっているので毎回楽しみにして行っていた記憶がえります。大人になった今でも時々出かけて見たいと思う時があります。梅の季節や、紫陽花の季節など時期によってはプラネタリウム以外も楽しめるところが良いところだと思います。プラネタリウムが始まる前に時間が潰せるのでオススメです。割とプラネタリウム自体も広く作られておりゆったりとくつろぎながら天体観測がすることができます。カップルで、落ち着いた雰囲気の場所にあるので出かけるのにも行きやすい場所だと思います。駅から離れているのでバスなどを利用しなければならないですが時間があれば分倍河原からお散歩しながら行くのも良いと思います。

30代男性

●●府中市郷土の森博物館のプラネタリウムは年季が入っていて落ち着きます。子どもの頃は星座に魅了されてよく見ていました。大人になってからはKAGAYA銀河鉄道の夜を見に久しぶりに訪れることになります。空いていれば中心の見やすい席で見ることができます。座席はリクライニングすることができ、目の前は画面一杯になります。銀河鉄道の夜で宇宙の場面や列車が動く画面での一体感はプラネタリウムならではです。音響設備もほどよく非日常へといざないます。身近に体験できる場所があるというのは素晴らしいことだと思います。入口付近には上映作品の展示スペースや、惑星と星の動きを体感できるちょっとしたアトラクションがあり、楽しむことができるでしょう。入園料200円、プラネタリウム400円、大人は合計600円です。中学生以下なら半額、4歳未満なら無料と親子連れに人気があるのも納得です。

30代女性

●●小学生の子供が星に興味を持ち、こちらのプラネタリウムへ訪れました。初めの30分でその日の星空の様子を生のナレーションで説明してくれます。後半の30分は映像投影で、日程や時間帯によって内容が異なりますが、子供達に人気のアニメを取り入れたものから壮大なものまで投影時間表を確認して選ぶ事が出来ます。我が家は「ネイチャーリウム『オーロラの調べ』神秘の光をさぐる」という内容のものを見ました。合計1時間あるので、子供はもしかしたら飽きてしまうかと思ったのですが解説もわかりやすく興味深かったですし、通常目にしない星の数に大人も子供もあっという間に惹き込まれていきました。後半の投影も、360度広がる巨大なスクリーンに映し出される星空や大自然、宇宙空間に、映画館とはまた違った臨場感を感じてとても興奮しました。幼い子も来場していましたが、皆飽きる事なく楽しんでいたように思います。プラネタリウムの入り口付近に天文展示コーナーもあり、ボタンを押すと解説が聞けたり、押したボタンの星座を点灯させて見る事が出来たりして、天体に興味が出てきた子供達にもわかりやすかったようです。また季節を変えて訪れてみたいと思いました。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●年長の息子が星が大好きで、近いのでよく利用します。施設自体は新しくはありませんが、十分楽しめる内容になっていると思います。季節ごとにプログラムが異なるので、息子も何度も利用していますが飽きずにまた行きたがります。子ども向けの人気アニメキャラクターのプログラムも組み込まれているので、うちの場合はその時間を狙って行きます。施設自体が府中郷土の森公園という広い公園の中にあるので、時間によってはプラネタリウムの前後に公園内で遊んだり、暖かい日にはピクニックを楽しんだりしてのんびり過ごしています。特に遊具などはありませんが、とても綺麗でとにかく広いです。またプラネタリウム前のロビーでは、これまた少し古いですが天文展示コーナーがあり、三球儀、太陽系運行儀、四季の星座などが展示されています。うちの息子はこの展示コーナーが大好きで、プラネタリウムに着くといつも真っ先にここへ向かいます。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●KAGAYAさんの「銀河鉄道の夜」が見たくて、プラネタリウム館を探し、自宅から一番近いこの府中市郷土の森博物館に行きました。内容は素晴らしかったです!これまでにプラネタリウムは何度も見てきましたが、映像や内容がものすごくよかったこと。それから360度の画面という事で、もう話の中に引き込まれました!もう1度見に行こうと思っています!プラネタリウムだけが目的でしたが、せっかく行きましたので、園内を散歩しました。その時に見た萩のトンネルがまた美しいこと美しいこと!こういったトンネルもまた他所でも見たことがありますが、萩の葉の繊細な様子がとても美しく、それも忘れられません。古い民家のようなものも建ち並び、穏やかな散歩ができました。行ったのはあいにく曇り空の日でしたが、ここは園内全体が非常にいいものとして印象として残っています。バスを使わなければ行けませんので、交通の便が不便といえば不便ですが、これだけの自然のものは少しぐらい都会からはずれていてこそのものだと思います。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●東京の郊外にあるプラネタリウムですが、とても評判がよかったのでわざわざ足を運んでみました。敷地内には博物館、子供が遊べる池、プラネタリウムなど様々楽しめることも魅力的な場所です。こちらのプラネタリウムはドーム内がとても広々としており、開放感抜群の空間でプラネタリウムを楽しむことができました。天文関連の展示物なども充実しており、とてもきれいなので大人のデートにもおすすめだなと感じました。お土産におすすめなのがミュージアムショップで、普段なかなか購入できない宇宙食もあって見ているだけでとてもワクワクしました。ちょうど行ったときはオーロラをテーマとしたプログラムが上映されており、臨場感溢れる上映はまるで北欧を旅しているような気分を味わうことができました。プラネタリウムの入館料は400円でしたが、博物館の料金は別途200円でついでに行ってみましたが府中に関するものが多く展示されていました。

ページの先頭へ