葛飾区郷土と天文の博物館

更新日:2018年12月7日

葛飾区の歴史などを展示する博物館。オリジナルのプログラムを、生解説で上映するプラネタリウムが評判です。季節ごとの番組から、過去に上映し人気の高かった番組を投影する「アンコールアワー」など多彩に揃っています。

最新のデジタルプラネタリウムは、平成19年(2007)にリニューアルしたハイブリッド方式を採用し、リアルで臨場感あふれる映像を実現しています。

基本情報

読み方 かつしかくきょうどとてんもんのはくぶつかん
住所 東京都葛飾区白鳥3-25-1
電話番号 03-3838-1101
公式サイト こちら
ドーム径 18メートル
座席数 / 形 不明 / 一方向傾斜
機材・機種 コニカミノルタ ジェミニスターⅢKatsushika(ハイブリッド式)
投影日時 平日:13時~・14時30分~・16時~
土曜日:11時30分~・13時~・14時30分~・16時~・17時30分~
日曜日:11時30分~・13時~・14時30分~・16時~
観覧料 一般350円 小中学生100円 座席を使う幼児50円
駐車場 15台
アクセス お花茶屋駅北口より徒歩8分
亀有駅より徒歩25分
「白鳥わかば公園」バス停より徒歩3分
「共栄学園」バス停より徒歩5分
「上千葉小学校」バス停より徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●駅から少し歩きますが、歩いている間も美しい花や木が歩道脇に植えてあり、街全体もきれいなので楽しみながら向かうことができました。博物館では、一度入場してチケットを買うといくら番組を見ても料金が加算されることはありません(土日は例外だったかもしれません)。なので、私は朝に一番組みたあと、次の上映までは併設している郷土博物館で暇を潰していました。郷土博物館にはあまり期待していませんでしたが、期待を大きく超える面白さで上映時間ギリギリまで遊んでいました。肝心のプラネタリウムですが、番組の内容も映像も文句なしの星5つでした。とても綺麗な映像と興味を惹かれる内容で、本当に宇宙の中にいるような気分になれました。他にいろいろなプラネタリウムを回りましたが、今の所ここが一番のお気に入りです。チケットも安いので、アクセスが良ければ、もっと人に勧めやすいのに…とは思います。

30代男性

●●色んなプラネタリウムに行ったことがあるのですが、ここはかなり独特な雰囲気を持ちます。ただのプラネタリウムというよりも、名前通り博物館を兼用しているためです。その内容も『郷土』というのがテーマだけあって、昭和自体の懐かしいものから、もう少し前のものまでがあり、非常にノスタルジックな気持ちになれます。おもしろい仕掛けがたくさんあって、昭和生まれの人たちであれば共感できたり、感動できる方もいるんじゃないでしょうか。また、それだけでも楽しめるのですが、本題のプラネタリウムもそうした展示品と連動したような上映が多く行われるため、いつ行っても新しい作品を見ることができます。駅としては、少し都心より離れてますし、駅からも結構歩くのですが、下町ならではのゆったりした感じがとても癒しを与えてくれます。癒しにはぜひおすすめです。

30代女性

●●駅から少し歩くので、とってものんびりした住宅地の中にある印象が強いです。郷土博物館と同じ建物の中にあるので、プラネタリウムのチケットを購入した後、入場までの空いた時間に、よく郷土博物館を見ていました。(実際の復元された家などもあって楽しいですよ)内容は、「季節番組」「こども番組」「ミュージックプラネット」の3つがあります。私は、「季節番組」「ミュージックプラネット」をよく見に行きましたが、特に、「ミュージックプラネット」が好きでした。結構ニッチなミュージシャンをメインにした番組などを取り上げていて、星空によくマッチしていました。小さめながらも投影もキレイだし、それほど混む事もないし、番組も下手に他の有名なプラネタリウムよりは楽しめる内容などもあって、色々とプラネタリウムは好きで行っていますが、結局家から一番近いこのプラネタリウムが一番好きでしたね。現在はリニューアルのために平成26年4月まで休館中ですが、新しいプラネタリウムにも、期待しています。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●地元にひっそりとある博物館なのですが、その中に立派なプラネタリウムがあります。近所の人以外はなかなか行きづらい場所にあり年季が感じられるものの、施設は広々として平成19年にリニューアルされた設備なので非常に楽しめます。入館者も学校行事で訪れている小学生がたまに大勢いるくらいで、基本的には空いていて落ち着いてゆったりとプラネタリウムを楽しむことができます。あまりにも居心地が良い為、正直眠ってしまったことがあるくらいリラックスできる場所です。私が訪れた際は子供と一緒でも楽しめるクイズ形式のプログラムなどがあったので、大人も知らない知識を子供と一緒に星を探しなら答えるのは自分も子供も夢中になってしまいました。下町の中の隠れた名スポットだと思います。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●自宅から歩いてすぐのところにあるのですが、子どももすでに中学生以上だったので、プラネタリウムを観に行くことはありませんでした。それが一昨年の夏、他県に嫁いだ娘が小学生の孫を連れて里帰りに来たときに、一緒にプラネタリウムを観ようということになり「クイズ!スター&プラネット」というプログラムを初めて観ました。初めは一般的な今日の夜空の紹介などで、解説の方の声がとても心地良いものでした。その後がらっと雰囲気が変わって、星や宇宙に関するクイズが出題され、椅子の手すりのボタンを押してそれに解答するというものでした。これには孫もとても喜び必死に答えを考えていましたが、大人でもとても難しい問題が多く、やりがいがありました(笑)クイズだけでなく番組としてとても面白く、とても入場料350円のものとは思えない内容でした。この「クイズ!スター&プラネット」という番組は1994年から毎年夏に上映されているとのことで、それからは毎年夏に娘親子が帰省したときには必ず足を運んでいます。親子三代で楽しめるプラネタリウムです。

ページの先頭へ