コニカミノルタプラネタリウム満天

更新日:2018年12月7日

池袋サンシャインシティにある、立体的な映像と音楽、バラエティーに富んだ番組、プログラムにあわせたアロマの香り…など、これまでにはなかった新感覚のプラネタリウム。リクライニングシートもワイドでゆったり。

そしてもちろん、約40万個の星を美しく再現したコニカミノルタの最新投影機も自慢です。満天の星空に包まれる感覚を一度味わってみませんか?

基本情報

読み方 こにかみのるたぷらねたりうむまんてん
住所 東京都豊島区東池袋3-1-3 サンシャインシティワールドインポートマートビル屋上
電話番号 03-3989-3546
公式サイト こちら
ドーム径 17メートル
座席数 / 形 214席 / 扇形
機材・機種 コニカミノルタ INFINIUM S
投影日時 10時15分・11時~・12時~・13時~・14時~・15時~・16時~・17時~・18時~・19時~・20時~
観覧料 一般1,000円 65歳以上800円 小中学生500円 幼児400円
※ヒーリングプラネタリウムは一律1,300円
駐車場
アクセス 東池袋駅6,7番出口より徒歩5分
池袋駅東口より徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●友達と二人で見に行きました。元々星を見るのが好きなのですが、当時プラネタリウムに行くのは初めてでした。その季節ならではの星空の解説を丁寧に行って下さり、星座の見つけ方を学ぶことができました。BGMは著名なJpopアーティストであることが多く、彼ら彼女らの美しい音楽に合わせて、星空をたっぷりと満喫することができました。実際に今度は生で星座を探してみたい、という想いが出てきてプラネタリウムに行った二週間後に天体観測に行ってしまったくらいです。また、池袋という立地上、おたく文化が栄えている面がありますので、プラネタリウムの講演のナレーションを有名なアニメ声優の方が担当していることが多く聞いている側としても耳が幸せになります。

●●コニカミノルタプラネタリウム満天は東京都の池袋サンシャインシティ内にあります。複合商業施設の中に入っているので、近くには水族館やショッピングモールもあり、1日中遊び回れる施設です。コニカミノルタの最新技術を駆使したリアルなプラネタリウムは、平面だけではなく奥行きをしっかり感じることができます。こちらの施設の特徴の1つはヒーリングプログラムという音楽とアロマを調和させた、癒しのためのプログラムです。座席を倒して、ゆっくり星空を見ながら星空とアロマの香りに包まれるこのプログラムは、心の底からゆっくりとした時間を楽しむことができます。更に、もう1つの特徴は独特のシートがあることです。その名も、雲シートと芝シート。雲シートは棒人間をダメにするソファの様な、フワフワのソファに横になってプラネタリウムを楽しむことができます。芝シートはその名の通り、芝生の上に寝転んでいる様な感覚でプラネタリウムを楽しむことができます。どちらのシートも大人気のため、予約でほぼ埋まってしまうので当日には難しいです。事前に予約するのをお勧めします。是非ここでしか楽しめない空間をご堪能下さい。

20代女性

●●旦那との初デートの時に私が水族館とプラネタリウムに行きたいと言うと連れてきてくれたのが、このプラネタリウムです。初めて行ったプラネタリウムでしたが、思いのほか広くゆったりしているように感じました。椅子もリクライニングでき、首が痛くなることなく見ることが出来ました。時間により内容が違い、私が見たのは冬の星座と太陽のお話でした。冬の星座のお話では、これぞプラネタリウムと言う感じの内容でした。冬の大三角形のお話など、星と星を線で繋ぎ解りやすくとても楽しく見ることが出来ました。ただ、太陽のお話しは平原綾香のジュピターを流しながらのお話で少々うとうとしていまいました。内容が少し難しい気がしたからだと思います。旦那もそのようで、星座のお話は楽しく見られたようです。

●●私は今の夫と付き合っている頃に何度もこのプラネタリウムに来ました。私はもともと星が大好きで、プラネタリウムには小さい頃から何度も行って楽しんでいましたが、ここのプラネタリウムが一番好きです。まず、プラネタリウムの室内が広く、席もゆったりしているので快適に星空を鑑賞できます。また、ここではヒーリングプラネタリウムの作品なども充実しているのが良いです。色々な星空だけでなく、南の島や世界の夜景などの美しい光景がスクリーンに映し出されます。そのバックに素敵な音楽も流れているので、まるで自分が南の島や世界の国々に飛び立ち、そこで星空を眺めているような気分に浸ることができます。時を忘れてしまうような幸せなひと時を味わうことができるので、仕事で疲れている時などにも最高の癒しになると思います。今は子供たちが小さいので行けなくなってしまいましたが、子供たちが大きくなったらまた家族で行くつもりです。

●●都会にあるということもあり他の場所と比較すると少し会場は狭めですが、その狭さをかんじさせないくらいの迫力があります。また、ヒーリングプラネタリウム作品の場面に合わせてアロマの香りがします。その香りがとても心地よいです。天空の星々の説明だけでなくアロマの説明(意味等)がある場所は私は今まで見たことがありません。会場内の雰囲気はデートスポットということもあり、家族や親子連れよりはカップルやご夫婦で来られているかたが多いという印象です。その雰囲気もあり落ち着いてプラネタリウムを鑑賞することができます。また、近日芝生の席も用意されるそうです。芝生席では椅子のシート席とは違い寝転んで見るスタイルなのでよりリラックスして星空をかんしょうすることができると思います。ぜひ、カップルには訪れてほしいところです。

30代男性

●●サンシャインシティにあるプラネタリウムですが、綺麗な映像投影はもちろん、心地よいサウンドとナレーションによりとても感動的な空間になります。さらにこのプラネタリウムの特徴はシートの種類が3種類あり、通常の椅子形式のシートとは別に「芝シート」と「雲シート」があります。私が利用した芝シートは床に敷かれた人工芝に寝転がってスクリーンを眺めることができ、とても心地よく、首も痛くならずに開放的な気分で鑑賞できました。また、見えるスクリーンの範囲も通常の椅子よりも広く、迫力もあります。もう一つの雲シートは地べたに横たわるのではなく、大きな柔らかいクッションの上に寝て鑑賞するタイプのシートです。こちらも通常のシートより広い視野でかつふかふかのクッションの上ですので、心地よく鑑賞できます。カップルで鑑賞する場合は是非こちらのシートの利用をお勧めします。

●●大学が池袋の近くにあったので遊びに行くのもデートに行くのも池袋をよく使っていました。そしてデートに使うなら間違いなくここのプラネタリウムがおすすめですね。時期によって上映される内容も変わるため何度行っても飽きることはありません。お昼に行くのもいいですが、デートなら夜のほうがオススメ。とてもロマンチックなプラネタリウムを見ながら香りが出てくる演出があるんです。最初に行ったときにはとても驚きました。一緒に行った女性もこんなプラネタリウムは初めてだったようでとても満足しているようでした。映像自体はとても美しくキレイで本当に癒されます。癒され過ぎて眠ってしまいそうなほどです。実際に後ろの席に座っていたおじさまは気持ちよさそうな寝息を立てながらぐっすり寝ていました。ここはデートだけじゃなく1人で行っても全然問題ないと思うので池袋で行く場所に迷ったらここは本当にいいスポットです。

30代女性

●●外国人の彼氏が日本に遊びに来た時に、観光で池袋に行った時、サンシャインシティに行きました。雨が降ってきたので、お茶でもするかどうしようかと思っている時、久しぶりにプラネタリウムが観たくなり、コニカミノルタプラネタリウム 満天 in Sunshine Cityに行きました。最初あまり興味がなかった彼も、数万の星と物語、そして心地良いシートにとても大満足のようでした。デートや観光で歩き疲れた時に、休憩も兼ねて、プラネタリウムを観るのも、いいなと思いました。プラネタリウムを観た後は、素敵な音楽とゆったりとシートで横になったおかげか、そのまま、夜まで楽しい時間を過ごせました。もちろん星についての勉強もできるので、晴れている日の夜空を見上げるのが、前より楽しくなった気がします。

●●忙しい日々で旅行にも行けず星空で気分転換したいと思い行きました。たまたまレディースデーでラッキーでした。私が行ったときはオーロラ特集の時期でした。いつかは本物を見たいと思いながら見てきました。今回はちょっとリッチにアロマの香りつきです。久々のプラネタリウムに興奮しつつの上演でしたが始まると綺麗なオーロラに感動しました。心は落ち着き日常を忘れられた一時になりました。上演時間は決して長いものではありませんが何時間ものんびりできたような気分になりました。これで明日からの怒涛のよな日々をまた乗り切れると思え来て正解だったと思いました。定期的に様々な特集を行っているのでまた行きたいと思っています。プラネタリウムは長期休暇でなければ子供も少なくとても落ち着いた空間で大人にピッタリの空間ですのでデートにもオススメです。一人でも中に入れば暗くなるので周りを気にせずくつろげる空間です。

●●約2年前の冬、東京スカイツリーに訪れた際に行きました。休日だったせいか非常に混み合っており、訪れた時間よりちょっと先の上映時間のものを案内された記憶があります。席は全席指定で、係の方が見やすい位置を教えてくださった記憶があります。後ろのほうでゆったりみたかったのですが、何せ混んでいたためあまり座席に空きがなく、人気ぶりが伺えました。乗客は若いカップルが多かったように思います。四季ごとに移り変わる空の様子を水樹奈々さんのアナウンスに沿って紹介する、といった内容のプログラムでした。座席は中央でしたが、上映は頭上全体だったので、後ろのほうがみにくく少し残念でした。しかし、本当に外で星空観察をしているかのような自然な映像で迫力に圧倒されました。空間も広々としていて圧迫感がなかったし、椅子も十分リクライニングできて座り心地も良く、上映中は心地よく過ごすことができました。プログラムは少し淡々としていて途中飽きてしまったので、また違った内容のものを見てみたいな、と思いました。

40代男性

●●「コニカミノルタプラネタリウム」になる前身の「サンシャインプラネタリウム」時代から、30年以上にわたってこちらを楽しませてもらっています。まだ他館が学芸員による口頭解説で星空を眺めるスタイルが主流だった頃から、ここはコンピュータ制御による上映(番組制)。プラネタリウム鑑賞が映画を観るのと同じような現代のスタイルになったパイオニア的な館だと思っています。都内ではもう「老舗」といってもいいのではないでしょうか。星を学ぶ理科の学習施設としてのプラネタリウムから何歩も進んで、視覚効果、サウンド(音響)、シートの座り心地、といった「体験」をトータルで考えての公開が、前身のオープン当初から今にも変わらずに貫かれていると思います。ただ現在は、より商業的な効率が追及されすぎているきらいがあり、座席もシビアに詰め込まれます。(昔はもっと「ゆったり」「のんびり」「静かに」観られた。) 番組自体のレベルもかなり低下している感も否めません。都会にいながら満天の星空を観てみたいという人の要望を満たすには十分な施設ですが、硬派な天文好き・星好きの人から見れば、今はだいぶ「ミーハー過ぎ」て「ナンパ」なデートスポットへと成り下がってしまったと思うのではないでしょうか。それは時代の流れとはいえ個人的な残念感なのですが、自分にとっては非常に思い出の深い、大好きな館なのでこれからも応援します。

40代女性

●●以前、東京観光に行ったときに初めてサンシャインシティにある、当時はサンシャイン60だったような気がしますが、そちらのプラネタリウムに行きました。プラネタリウムといえば、勉学に近いイメージを持っていたのですが、このコニカミノルタプラネタリウム満天はまるで映画やショーのような時間を過ごすことができました。時間帯によっても、内容が変わっていてどれも気になりましたが、ちょうど銀河鉄道の夜という童話がモチーフのものが気になり見ました。童話の中に紛れ込んでいるような、そんな錯覚を受ける感じがしました。池袋という都会の中にある、ちょっとした異次元のようでとても興味深かったのを覚えています。プラネタリウムのイメージがガラッと変わるので勉強が嫌いな人にもお勧めです。

●●会場に行くまでもとてもきれいで、大人の雰囲気があるところにあります。室内はそこまで広くはありませんが、座席が一人ひとりゆったりとしているので気持ちよくプラネタリウムを楽しむことができます。ここのプラネタリウムで特徴的なのが、ヒーリングプラネタリウムではないでしょうか。私はここで初めて体験しました。南の島の星空や海が映し出され、波の音と心地よい音楽とナレーション、あとはリラックスできる香りが出てくるんです。私は1番最後の回に行ったので気持ち良くてついうとうとと寝てしまいました。そのまま寝ていたいくらいとてもリラックスして癒されました。買い物帰りに寄ったこともあり疲れがすっきりと取れ、気持ちよく家路につくことができました。何度か行っていますが思い出してまた行きたくなりました!アクセスもしやすい場所なので皆様に行っていただきたいです。

●●以前、沖縄の星座紹介に合わせ、沖縄のアーティストBIGIN(ビギン)の歌が流れるイベントを見に行きました。広々として快適な観覧ができます。隣が水族館のため、土日などは人が多くエレベーターを待つのが少し大変な時がありますが、いろいろなイベントを行っているので、行くたびに違った見方ができ気に入って何度か訪れています。ずいぶん前になりますが、あがた森魚さんのライブも施設内で行われたことがあり珍しい取り組みをされているのだなぁという印象もあります。駅から直接行くこともでき、とても便利な場所にありますから、雨に濡れることもありませんし、サンシャインの屋上にあるので、プラネタリウムだけでなく、食事やショッピングも合わせて楽しめます。都内という場所の割にアクセスも良く、貴重な施設なのではないかと思います。

50代男性

●●サンシャイン水族館脇にあるコニカミノルタが運営するプラネタリウムです。200席強のプラネタリウムの中では小ぶりのサイズですが、月に一度必ず足を運んでいます。特におすすめなのが19.20時の回に行われるヒーリングプログラム上映です。アロマの香りに包まれながら、ゆったりとした音楽ときらめく星空を眺めながら癒されます。ナレーションは男性・女性と様々ですが、よくある学校教育で使用される「学ぶ」ためのプラネタリウムではなく、「癒される」ためのプラネタリウムです。金・土・日はとても混雑していますが、平日の月~木曜日ですと比較的空いているため、ゆったりと楽しむことができます。また、このプログラム上映のみ中学生以上でなければ入場出来ないため、ざわざわした中ではなく、大人の時間を過ごすことが出来ます。また、席は入口から一番後方の席がリクライニングのピッチも一番良いため、少し早めに行っていつも一番で入ります。

50代女性

●●上映が開始されると椅子が少し上方に傾きます。前半は、季節ごとの星座にまつわる物語形式で進められます。学校では教えてもらわない神話やいわれを学ぶことができ、図書館の本では平面的に見る星空も、ここでは、具体的に星座が図案化され、時には動いたりするなどの工夫がされているので、特に子供心には印象に残り易いと思います。また、都会では見ることのできない季節ごとの星空の様子を縮図ですが鮮やかに見ることができます。田舎出身の私は、子供の頃、田舎で見た星空を思い出して懐かしさに浸ったり、都会っ子のわが子には、ほとんど見ることが出来ない満点の星空を見せる良い機会となります。途中で流れ星が流れると、映像だと分かっていても胸が高鳴ります。後半は、鳥や昆虫、または海の生き物にカメラを載せて、その生き物の目線で大空や海中をあたかも自分が体験しているかの様な気分で見ることができます。映像が余りにも速い時は酔ってしまうこともありますが、映像の素晴らしさに引き込まれ、結局は最後まで見てしまいます。球体のスクリーンにあれだけ違和感なく投影できる日本の映像技術は、素晴らしいと思います。昔の様に「プラネタリウムは星空を見るところ」と限定的ではありません。また、「プラネタリウムは星空を学習するところ」というだけの場所でもありません。癒しスポットとして十分私達を癒し楽しませてくれるところだと思います。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●池袋にある「コニカミノルタプラネタリウム満天」は、従来とは一味違った楽しみ方が出来るプラネタリウムです。最大の特徴は、座らずに寝転がって鑑賞する「芝シート」「雲シート」という二人がけの特別席。「プラネタリウムは座って鑑賞するもの」という常識を覆したこの席では、リラックスしながら開放的な気分で鑑賞する事が出来ます。首が痛くなることもありません。上映プログラムも、ミュージシャンとコラボしたものからアロマが香るものまであり、シーズンによって様々なラインナップが楽しめます。また、ここでしか買えないグッズを多数取り扱うショップや、SNS映えする写真が撮れるスポットもありますので、待ち時間も楽しく過ごす事が出来ます。家族連れやカップルでの鑑賞がオススメですが、普段あまりプラネタリウムに行かない方にも是非行ってみて欲しいプラネタリウムです。

ページの先頭へ