日本科学未来館

更新日:2018年12月7日

江東区青梅にある国際研究交流大学にある科学館です。特に科学の交流を深めるため、展示物の解説を行うコミュニケーターを配置しています。6階には、112名収容のプラネタリウムがあり、日本初となる「全天周・超高精細3D映像を使用した立体視作品などを用意。多彩なシステムで魅せる、他にはないプログラムをぜひ。

基本情報

読み方 にっぽんかがくみらいかん
住所 東京都江東区青海2-41
電話番号 03-3570-9191
公式サイト http://www.miraikan.jst.go.jp/
ドーム径 15.2メートル
座席数 / 形 110席 / 一方向傾斜
機材・機種 メガスター2cosmos / Atmos / ドームシアターガイア
投影日時 11時~・12時~・13時~・14時~・15時~・16時~・17時~
観覧料 一般600円 18歳以下200円
※入館料として。観覧は無料
駐車場 175台・有料
アクセス テレコムセンター駅より徒歩4分
船の科学館駅より徒歩5分
東京テレポート駅より徒歩15分
「日本科学未来館」バス停より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●ここのプラネタリウムは感動します。まず科学未来館に入ったときのプラネタリウムの外観には圧倒されました。球体の入り口部分は、プラネタリウムに入る前から惑星を彷彿とさせるもので、開演前に並んでいる時でもワクワクとしました。上映内容はとても充実していて、私はバースデイという作品をみました。スクリーンの面積がとても広く、部屋中全てがスクリーンという印象を持つくらいの大きさです。大人が座っても十分リラックスできる広さの座席は、隣との距離も密接している感覚がないので、上映作品に集中できる配慮があると感じました。チケットは当日会館前に並んで先着順なので、平日がおすすめです。休日は少し早めに行って並ばないとすぐに無くなってしまうほどの人気です。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●車を地下の駐車場に停めて1階へ上がります。人工池を左にみながら入口を入ると、エスカレーターをひたすら6階まであがります。そして、プラネタリウム入口に立っている職員の方から、チケットを確保します。どんどん埋まってしまうので、朝一番に行く事をお勧めします。時間になると中に入りますが、最新鋭だけあって椅子も座り心地がよく、プログラムが始まると3Dの感覚も想像以上に感じられます。常時放映している「ちきゅうをみつめて」は何回見ても面白いです。テーマパークのアトラクションで遊んでいるような感覚になれますし、子供たちもZ原子がいったい何なのか興味深々で見ていました。終わったあとは一階下で食事を取って、さらに下にある常設展示や特別展示を見ると面白さは倍増です。

40代男性

●●家族と一緒に見に行きました。そのとき見たプログラムはやや子供向けのものだったので、大人が鑑賞するには多少もの足りない感じもありましたが、設備面はとてもよかったです。スクリーンもかなり大きいですし、座席もゆったり目で多少太り気味の私でも窮屈さを感じることはありませんでした。それに3D映像はかなりの迫力があり、思わずのけぞってしまうこともありました。「オオ」といった声をあげている人もいました。難点としては、かなり混雑することでしょうか。早めに着くように行ったのですが、入館時もかなりの行列でしたし、プラネタリウムのチケットを入手するのにも結構ならんだ気がします。できれば、朝一で行かれることをお勧めします。

40代女性

●●プラネタリウムが好きで、全国あちこちを訪れています。この日本科学未来館にある「ドームシアターガイア」、本当に素晴らしかったです。とにかく壮大で、見ていると時間を忘れます。夢のような時間でした。近かったら毎日行きたいくらいです。全天周ってこんなにすごいのか、とひたすら感動しました。星がとても細かくて、ため息が出るほどの美しさでした。移動の関係で、ついた時間が少し遅くなってしまい、希望する時間のチケットが買えなかったんです。しかしどうしても見たくて、そのあとの日程をキャンセルし、買える回で一番早い回のチケットを購入しました。結果、大正解だったと感じています。圧倒的なスケールに時間を忘れました。終わってほしくない、と思うほどでした。また機会があったら是非訪れたいと思う場所の一つです。プラネタリウムが好きな方なら、ここは必見だと思います。

●●混雑していると聞いていたので、開館前に到着。無事に当日券を手にすることができました(WEB予約もできます)。場内は椅子が階段状に設置されていて、スクリーンも大きく、椅子も心地よいものでした。プログラムは「バースデイ」。宇宙はどうやって誕生したのか、また宇宙の仕組みはどうなっているのか、などを立体映像を通して説明してくれます。通常3D映像というとスクリーンから何かが飛んできたりするイメージが強いのですが、こちらの作品では、もちろんそういうのもありますが、星や惑星などが立体的に漂い、空間の奥行きを感じさせてくれます。内容的には大変興味深いものでしたが、小学生の子供たちには少し難しかったようです。それでも、映像の美しさ、3D画面の面白さに喜んでいました。これをきっかけに、宇宙や科学に興味を持ち始めてくれたら嬉しいのですが。また訪れたいと思います。

50代男性

●●毛利衛さんが館長を務めていると聞いて、さっそく行ってみました。これまでプラネタリウムに行ったのは、もうウン十年前の前の話です。学校の星の勉強で行ったのが最初で最後でしたが、今回知人を誘っていってきました。以前のプラネタリウムとは全く違い、本当に美しいものでした。全天周を活かしたドームシアターに映し出される映像の美しさには度肝を抜かれました。専用ゴーグルをかけると、手に届きそうなほどの星の群れに、連れも、うっとりしていました。もちろん私も感激して、思わず声をあげそうになるのをこらえるのに必死でした。これで300円とは…。以前入ったプラネタリウムとは全く違うものだと実感しました。技術の進歩ってすごいものですね。聞くところによると、あのドームでいろいろな映像がほかにもみられるそうですね。また行ってみたいと思いました。

50代女性

●●日本科学未来館のプラネタリウム、ドームシアターガイアは3D映像でプラネタリウムを体験することが出来ます。休日ともなるとプラネタリウムのチケットが売り切れてしまい、夕方遅い時間しか予約が取れないこともあります。子どもと一緒の場合には早めに科学未来館を訪れて希望の時間のチケットを予約した方がいいと思います。私が見たのはプラネタリウムですが、バーズディという宇宙の成り立ちを描いた映像でした。半円に広がるスクリーンに3Dで見る宇宙が本当に迫力ありました。自分自身も宇宙にいるような感じで物語の一部になった感じでした。宇宙の映像がとにかく神秘的で美しくて感動しました。最先端の技術でみるプラネタリウムは大人のプラネタリウムといった感じです。子どもには少し内容的に理解するのに難しかったかもしれません。それでもこうやって宇宙ができて自分たちがここに存在していることを少しでも体感してもらえたと思います。

60代~男性

●●米国のオバマ元大統領も来館したという日本科学未来館です。 小学生の孫達と数回訪れていますが、何回行っても観るべきものがあります。その中でも5階(6階・・?)にあるプラネタリウムは特に人気があるようで、常に整理券を発行している程です。 我らも一回だけですけど拝見してます。 入場すると階段状に客席が有り、正面にほぼ半球状にプラネットが展開します。画像は、”全天周・超高精細3D映像”といわれるもので、女性の声で解説が読み上げられ、迫力ある大画面が展開されました。 500万の星像やダークマター(暗黒物質)、他の天体も綺麗な点像が映ってますし、プラネタリウムの星像と 35mm 映写機を重ね合わせるところのなかなかでした。このプラネタリウムを鑑賞するには、人気が高いだけに休日などは出来るだけ早目に入場し、いち早く整理券を求めることです。

60代~女性

●●お台場にあるプラネタリウムとあって、カップルやファミリー層で賑わいを見せていました。最新の科学に関する学術的な展示物が多く、大人でも少し難しい内容もありましたが館内はとても広々としており見応えがありました。特に宇宙船や宇宙食など普段触れることの少ない展示物はなかなか興味深い内容で、小さい子どもも目を丸くして楽しんでいました。プラネタリウムは前日までの予約制となっており、別途300円かかります。ドームシアターガイアとよばれるドーム型の空間が上映スペースで、宇宙に舞い込んだような臨場感溢れる空間が広がっていました。今までいくつかのプラネタリウムに行ったことがありますが、ここは迫力や立体感が一層感じられて30分の上映時間があっという間でした。一つのアトラクションのようでもあり、エンターテイメント性もあってまた季節を変えてリピートしたいと思いました。

ページの先頭へ