世田谷区立教育センター

更新日:2018年12月7日

課外活動や、教員の研修などに利用される教育施設。平成22年(2011)にリニューアルされたプラネタリウムは、これまで以上にリアルで迫力ある投影が可能になっています。その恒星数は1億4千万個という圧倒的な数を誇り、“世界最高の星空”を実現。自然な夜空であるところも注目です。一般投影は土日祝日に行っています。

基本情報

読み方 せたがやくりつきょういくせんたー
住所 東京都世田谷区弦巻3-16-8
電話番号 03-3429-0780
公式サイト こちら
ドーム径 16メートル
座席数 / 形 140席 / 不明
機材・機種 五藤光学 ケイロンハイブリッド(ハイブリッド式)
投影日時 土日祝日春夏冬休み(第3日曜日を除く)
11時~・13時30分~・15時30分~
観覧料 一般400円 小中学生100円 小学生未満無料
※土日祝日は小中学生無料
駐車場
アクセス 世田谷線上町駅より徒歩10分
田園都市線桜新町駅より徒歩10分
「弦巻営業所」バス停より徒歩1分
「松が丘交番前」バス停より徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●世田谷中央図書館と併設されているプラネタリウムです。世田谷区が運営しているので、入場料が安価で、子ども向けのプログラムも用意されています。定員は140人とこじんまりとしたプラネタリウムですが、施設が新しく、とてもきれいで居心地の良いプラネタリウムです。子ども向けのプログラム「ちびっこタイム」では、初めに世田谷区の情景が映し出され、そこから見える星空を再現して見せてくれ、説明も丁寧なので、子どもだけでなく大人にも親しみやすく、分かりやすい内容になっています。大人向けの一般投影は午後の時間帯になります。住宅地にあり、最寄り駅である田園都市線桜新町駅からも世田谷線上町駅からも徒歩10分くらいかかりますが、プラネタリウムから出て通路を渡れば図書館や喫茶室もあるので、子連れの学習兼レジャーとして、大人の気分転換にも手軽な施設だと思います。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●区立の図書館施設に併設されたプラネタリウムです。平日は区の小中学生の学習に使われています。休みの日は一般公開されていて、独自のプログラムで投影しています。区立施設なので入場料が安いのが魅力です。サイズもそんなに大きくも無く小さくもなく、椅子の座り心地も良く、集中できます。朝一番の上映はちびっこタイム、午後は一般向けの投影を行っています。幼稚園の子どもをつれてちびっこタイムに行ったのですが、小さい子向けの分かりやすい解説を聞きながら星を見ることができて、子どもも興味深そうにしていました。施設は本当に区民の学習用で、駅から少し歩きますし周囲にお店も少ないですが、とにかく落ち着いてプラネタリウムを安価に見たいときには近くならば気軽なプラネタリウムだと思います。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●世田谷区立中央図書館内にあり、2011年にリニューアルされたとてもきれいなプラネタリウムです。世田谷の身近な風景の夜空が映し出されます。一般投影は土日祝日で、午前中はちびっこタイムのプログラムが投影されます。ちびっこタイムだけに、小さな子供にもわかりやすい説明がされるので、子供たちも楽しそうに静かに見入っています。星座の物語も映像と星を合わせて投影してくれるので大人でも非常に興味深いプログラムとなっています。プラネタリウム施設として、大きすぎず、小さすぎず、定員140名とちょうど良いサイズで、椅子の座り心地もよく、ついリラックスして眠ってしまいそうです。東京では星空を見ることができないので、子供が星に興味を持ってくれるように、こういったプラネタリウムを利用して星の素晴らしさを学んでいってもらいたいです。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ