杉並区立科学館

更新日:2018年12月7日

杉並区民や小学生のための科学館。直径15メートル・140席のプラネタリウムは、現在~未来の太陽や月の様子をつぶさに観察することできます。マニュアル・オート番組の投影がり、「160シーンパノラマシステム」などにより、多彩な演出も可能。ワクワクする宇宙や星空が広がっているのでオススメです。

基本情報

読み方 すぎなみくりつかがくかん
住所 東京都杉並区清水3-3-13
電話番号 03-3396-4391
公式サイト こちら
ドーム径 15メートル
座席数 / 形 162席 / 扇形
機材・機種 五藤光学 GM 2-SPACE
投影日時 要問い合わせ
観覧料 無料
駐車場 ×
アクセス 荻窪駅・井荻駅・下井草駅からそれぞれ徒歩20分
「中瀬中学校」バス停より徒歩5分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●区立のプラネタリウムなので、区民の為の学習の場、という感じです。投影は毎日やってはいませんので、区の広報誌などでスケジュールをチェックしてから行った方が良いです。内容は季節ごとの星の紹介をした後、屋外で実際に望遠鏡で観測したり、講師を呼んで講演会などをやったりしています。エンターテイメント性はありませんが学芸員の方がきちんと解説をしてくださいます。プラネタリウムの他にも化石や標本の展示、ノーベル賞受賞者の小柴博士の展示コーナー等々、普通のプラネタリウムでは見る事ができない展示があります。施設自体が古いし内容も堅いので、若いカップルのデート向けではありませんが、近所に住んでいる家族連れなどで毎回結構な人数で賑わっています。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ