福岡城

更新日:2018年12月7日

関ヶ原の戦い後、その軍功により加増され筑前の太守となった黒田長政により、1601年に「福崎」の地に築城されました。天守に関しては建設されたという説と建築後解体されたという説があり定かではありませんが、築城を期に「福崎」は黒田家ゆかりの地にちなみ「福岡」と改名されました。

その後、明治に入り多くの建物は移築または解体されてしまいますが、現存する櫓や門などもあり、県の重要文化財に指定されています。

基本情報

読み方 ふくおかじょう
別名 舞鶴城 石城
住所 福岡県福岡市中央区城内
電話番号 092-711-4666
公式サイト http://fukuokajyo.com/
城郭構造 梯郭式平山城
天守構造 不明
築城主と築城年 黒田長政 1601年
主な城主 黒田氏
廃城年 1871年
営業時間 ×
定休日 ×
入場料 ×
駐車場 あり・有料
アクセス 地下鉄大濠公園駅3番もしくは5番出口より徒歩10分
地下鉄赤坂駅2番出口より徒歩15分
「大手門」バス停より徒歩10分
「美術館東口」バス停より徒歩10分

口コミと評判

20代男性

●●福岡城は、黒田長政が築いた城です。長政は、戦国時代最強の軍師であった黒田官兵衛の嫡男です。福岡城は、平地城です。よって城を、堀と石垣で守るという考えで築城されています。北と西に堀をめぐらし、東と西は高い石垣で守られています。とはいえ天守閣がないため外から一見すると、お城とはわかりません。主な登り口は2か所あります。大手門から護国神社に抜ける道路沿いから登る方法と、舞鶴公園内にある東御門跡から登る方法です。城内は意外に広く、全て見ようとすれば結構な運動になります。また、そこかしこに大樹が植わっており歴史を感じます。天守閣はありませんが、櫓や門は保存されているので、それを中心に見ていくと良いでしょう。一番のオススメスポットは、「天守台」です。ここから福岡市内を一望することができます。見渡すと、西に大濠公園、南に護国神社があります。北と東には福岡市が広がっています。見晴らしがいいので、戦国時代であれば敵の動きは手に取るようにわかったでしょう。福岡城周辺には、大濠公園や護国神社などの観光スポットがあります。そのような施設も周遊のコースに組み込むと、より充実した観光ができると思います。

20代女性

●●福岡城とその付近は雰囲気作りに力を入れているな、と感じました。古びた建物ながらも、それが歴史を感じさせ様々な感情を感じられ、非常に有意義な訪れとなりました。福岡城の様子を楽しんだ後に併設されている茶房に寄ったのですが、光姫をイメージした喫茶店となっており、女性が大歓喜しそうなメニューを提供してもらえました。喫茶店の外に赤い椅子が設置されてあるのですが、そこで風流に城下町の様子を見ながら、お洒落な抹茶オレや、抹茶アイスを食べる事ができました。食器も昔ながらの焼き物の和風であり、凝っていました。スイーツが好きな人か、光姫のファンならばこの喫茶店を目的とした訪れであっても、十分に有意義を感じられると思います。

30代男性

●●福岡城は築城の名手と言われた黒田官兵衛と猛将の黒田長政の親子が築城した城で、大阪城以西では最大規模を誇る城でした。現在の大濠公園と舞鶴公園にその痕跡を残しており大手門や多聞櫓・潮見櫓等の門や櫓が現存していました。戦後になって急速に開発が進められた為に福岡城の城郭内を分断するような道路が東西に走り、官公庁舎や住宅地も造営されているのが残念ですが、長期のスパンで公園としての整備を進める計画が有るので将来の復元が楽しみな城でもあります。

舞鶴公園には城跡の本丸跡が存在しますが、天守は黒田家安泰の為に作らなかったと言われています。大濠公園には西の丸や名前の由来ともなっている草が江の大堀の跡が残っています。現在は市民にとって憩いの場となって親しまれているのは他の城郭跡の公園と同じでした。福岡という名も黒田氏と縁のある備前福岡から来たもので、その福岡城は九州を代表する大都市の中心として相応しい規模を持っていた事が各所で分かり、今後の整備が楽しみとなりました。

30代女性

●●福岡城と言っても天守閣はありませんのでご注意ください。実際には「福岡城跡」と呼んでいる人も多いです。天守閣はないのですが、周辺のお濠や城壁などが残っていて、歴史的な雰囲気があります。福岡市民には桜の名所としても親しまれています。わざわざ市外から桜を見に来る人もいるほどです。私も何度か福岡城跡・舞鶴公園の桜を見に行きましたが、桜の木の数も多いため見る甲斐があります。夜もライトアップされていますし、「福岡タワー」と「桜」と「夕焼け」のトリプルコラボを見ることができ、とてもロマンチックでおしゃれでした。そのトリプルコラボは携帯で写真を撮らずには居られないくらい綺麗です。1眼レフのカメラを抱えている方もたくさんいました。他にも梅の時期も綺麗だと聞いたことがあります。公園内にはベンチやテーブルなどもあるため、そこに座ってお弁当を食べることもできます。桜の時期はブルーシートを持ってこられている方が多いです。

40代男性

●●福岡市中心部に、福岡市民の憩いの場である大濠公園と舞鶴公園が隣接しています。その舞鶴公園内に、舞鶴城としても知られている福岡城址があります。我が家は子どもが幼かった時から大濠公園にはよく遊びに行っていたのですが、舞鶴公園まで足を運ぶことはありませんでした。しかし、娘が小学生になり、社会の授業で地元のことを学んだことがきっかけで福岡城に興味を持ち、先日、家族で出かけました。大阪城などのように建物自体が残っているわけではありませんが、幾つかの城門や櫓などが残っていて江戸時代の名残を感じることが出来ました。また、城のお堀の跡にはハスの葉が所狭しと浮かんでいて、カメやコイを観察することが出来ました。都会の中に位置していますが、城跡の周りは緑に囲まれており、日常から離れてしばし、心を落ち着かせることが出来る場所でした。これからも時折、家族で出かけたいと思いました。

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●舞鶴城としても知られている福岡城は、福岡市内中心部の近くにありますが、お城と言っても天守閣が残っているわけではありません。しかし、お城の周囲の城壁やお濠が残っていて、周辺を散策すると歴史の雰囲気を感じ取ることが出来ます。この福岡城は、最近の大河ドラマで取り上げられた黒田長政によって建てられたお城で、城門や櫓もいくらか現存しています。都会の中の舞鶴公園の一角をなしていますが、一歩足を踏み入れると、都会の喧騒からは解放されて福岡城が原型をとどめていた頃に想いを馳せることが出来ます。自動車で訪れる場合、舞鶴公園に隣接している大濠公園の駐車場か近隣のコインパーキングを利用することが出来ますし、公共の交通機関であれば福岡市営地下鉄が便利です。普段はそれほどたくさんの人出があるわけではありませんので、落ち着いてゆっくりと歴史を感じ取ることが出来るオススメのスポットです。

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ