博多どんたく港まつり

更新日:2018年12月7日

例年200万人以上を動員し、博多祇園山笠と並んで福岡名物となっている祭り。祭りの中心はなんといっても選択無形民俗文化財である「博多松囃子」。福神流や恵比須流、稚児東流、大黒流、稚児西流などといった流派がそれぞれ組織を持ち、祭りの当番を担っています。広島市の「ひろしまフラワーフェスティバル」や、弘前市「弘前さくらまつり」と同様、国内最大級の都市祭りとされています。毎年5月3日、4日に開催。

基本情報

読み方 はかたどんたくみなとまつり
開催日時 5月3日・4日
開催場所 福岡県福岡市博多区
電話番号 092-441-1118(福岡商工会議所 商工振興本部)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】博多駅から徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●博多どんたく港まつりはゴールデンウィークに日本で一番集客が多いと言われているお祭りですが、本当にとても多くの方々が来場されているお祭りです。福岡の中心部の一般道は博多どんたくの為交通規制がかかり人の波でごった返しております。なかでも夕方以降から出る花バスという電飾で彩られたバスは特に一見の価値ありです。お昼のパレードは全国から博多どんたくに出場されるパレード隊などが練り歩くのでなかなか観ることのできない他県のパレード隊などがみれるのでそれもまた楽しいです。実際の所何百万人もの集客がある祭りなので、近隣は渋滞や駐車場もなかったりするので本当に公共機関での来場をオススメします。博多どんたく港まつりの日の博多、天神は博多どんたく一色になりますので是非一度は博多どんたく港まつりへと行ってみてもらいたいです。

20代女性

●●どんたくは毎回決まってゴールデンウィーク中の5月3日と4日に開催される、博多を代表するお祭りです。明治通りで行われるどんたくパレードでは花自動車(バスをキャラクターなどで綺麗にデコレーションしたもの)や、仮装した地元の方たちが踊りながら練り歩きます。どんたくパレードは無料で見られますが、毎年場所取り合戦が熾烈でよく見える場所は早めにシートなどで確保する必要があります。また、見るだけでは満足できない方も2日目の18時からは誰でも参加可能な総踊りがあり、これがとっても楽しいです!外国からの観光客も地元の住民も一緒になってどんたくの音楽に合わせて踊ります。振り付けはよくわからなくても適当で大丈夫です。この期間の天神は交通規制もあり大変混雑しますので、マイカーは避けて公共の交通機関の利用をおすすめします。

30代男性

●●とにかく人が多い!いろいろな場所にいろいろなブースがあり、全てを楽しむことはまず不可能です。プロレスがあったり子供たちの演技にお婆ちゃんたちのフラダンスなど、演目は様々です。ラジオやテレビで中継される事も多く、福岡県内では知らない人はいないと思います。日本一人が集まる祭とも言われていますが、ギャラリーよりも参加者の方が多いようにと思います。パレードではいろんな学校のブラスバンド部のマーチングもあり、私は筑豊の中学校の出身ですが、ブラスバンド部は毎年参加していました。でもどんたくは毎年雨が降るイメージで、管楽器の友達が楽器が痛むのを嫌がっていました笑親戚や友人が多数参加するイベントなので、祭を楽しむというより演技や合奏をする知り合いを応援に行くイベントという印象があります。様々なジャンルの催しが博多や天神に集中するので、幅広い層の方が楽しめると思います!

30代女性

●●ゴールデンウイークで日本全国で最も人出が多いお祭りといわれている博多どんたくですが、毎年どんたくの時に雨が降ることが多くあまり行ったことはありませんでした。しかし夫の母親の知り合いがステージに出るということで、見に行ってその規模の大きさにかなり驚きました。あまりに大規模すぎて会場全体は絶対に回り切れません。各所にステージが設けられ色々な人がステージに出ているのですが、知り合いを見に来たりただお祭りに来たりと様々な人であふれかえっていました。パレードを見たのですが、ちょうど警察官の音楽隊がパレードをしていてかなり圧巻でした。また出店している屋台の数もとても多く、普段の屋台ではあまり見かけないようなものもたくさんあり、屋台だけでも十分楽しむことができます。ビールも缶ビールではなく地ビールがあったりと大人にも嬉しい屋台もたくさんあるのです。

40代男性

●●ゴールデンウィークの福岡、博多の街はどんたく一色になります。毎年、この期間中の人手が全国一で多くの人たちが訪れるのが、博多どんたく港まつりです。まつり、と言っても、一般に、祭り、という言葉から連想するようなものとは異なっています。博多の街のいたるところに大小様々な舞台が用意され、あらかじめ申し込んでいた色々なグループの人たちが踊ったり歌ったり、他のバラエティーに富んだパフォーマンスを見せてくれるのです。さらに、博多の中心部の大通りを通行止めにして、どんたくのパレード隊が踊りながら練り歩くのも特色の一つです。このどんたくのために、大学のサークルや職場の同僚たちとチームを作ってダンスやパフォーマンスの練習をする人たちも少なくありません。また、知り合いが舞台に上がるのを楽しみにしている人たちもおられます。雨にたたられることが多いと言われている博多どんたく港まつりですが、一見の価値ありです。

40代女性

●●大規模なお祭りで有名ですし、街全体が華やかになります。大きな特徴のひとつとしては、会社や大学などグループ単位でダンスを踊ることです。パレードのようなスタイルで、道路を通行止めにして観客が見ているところで思い思いのダンスをします。コスチュームもそれぞれ違うので見ていても飽きません。一般の人でも事前に申し込めばパレードに参加することも可能です。どんたくでは、しゃもじを持って踊るのでその姿も印象的です。もう一つは、花自動車といって電飾で飾られた派手は車が街を走ることです。人気キャラクターを模したものが多いので子供は大喜びします。夜になると電飾がよく見えてテンションが上がります。街中のあちこちに舞台が作られ、地域の人が踊ったりカラオケ大会になったり賑やかです。地元アイドルのショーも開催されて盛り上がります。模擬店も多く、観光客も大勢くるのですごく混み合います。

50代男性

●●毎年、ゴールデンウィーク中の人出の多かった場所やイベントで一番になるのが、博多どんたく港まつりです。これは、150万人都市の福岡市の街中の至る所がまつりの会場になる、一大イベントです。まつり、と言っても、お祭騒ぎのまつり、と言った方が雰囲気をつかみやすいでしょう。もともと、お祭りごとが大好きな博多の人たちが、市内各所に設けられた舞台で、歌や踊りや手品を始めとする様々なパフォーマンスを披露する時が、この港まつりなのです。そして、この港まつりのために一年間練習を重ねるグループも少なくありません。ゴールデンウィークの最終盤、5月3日と4日はどういうわけか、博多では雨が多いと言われているのですが、この時期の博多の街は活気に溢れています。小さな子供たちから大人まで、皆が十分楽しめる博多どんたく港まつり、皆さんもぜひ一度、いらしてください。

50代女性

●●福岡の祭りとしては、山笠と並んで有名なのが博多どんたく港祭りです。地元の人たちは、どんたくと呼んでいます。ゴールデンウィーク中の5月3日、4日に行われ例年たくさんの観光客の方が訪れています。子供から大人まで幅広い年代の人が、参加していて市民の祭りとなっています。主に、パレードが主役になります。いろんな団体が参加しており、しゃもじを持って踊ったりコスチュームを着てパフォーマンスを繰り広げてくれます。音楽隊のパレードは見る価値ありです。制服もかっこよいですが、演奏が素敵です。特設会場も設けてあり、椅子に座って見ることもできます。昔は花電車でしたが、今は花自動車が走っています。電飾で車を飾り付けとても綺麗です。毎年テーマが違い小さい子供にも人気のキャラクター等もあります。花自動車を見るなら昼間よりは、夜のほうをお勧めします。電飾なので夜のほうがきれいに見えます。ただどんたくの期間は、雨になることが多いので念のため折り畳み傘を用意しておくと安心です。

60代~男性

●●福岡の方じゃなくても、博多どんたく港まつり、という言葉をお聞きになったことはおありのことでしょう。毎年、ゴールデンウィーク期間中の人出が日本で一番多いイベントとしてマスコミでも取り上げられています。博多、つまり私たち福岡の人間はただ単に、どんたく、と呼んでいるこのイベントは、まつりと言ってもどこかの神社のお祭りではなく、博多の街全体がいわばお祭騒ぎに包まれる夏の訪れを告げる行事です。福岡市内の人が集まる各所に演舞台が設置され、あらかじめ申し込んでおいた個人やグループが、それぞれ、歌や踊り、手品などの出し物を披露し、日頃の練習の成果を発揮するのです。また、福岡市を東西に走る主要道路の明治通りではパレードが行われ、仮装行列や音楽隊、花自動車などの行進を、大勢人たちが沿道から楽しみます。毎年、ゴールデンウィーク中の5月3日と4日に行われる博多どんたく港まつり、どういうわけか雨にたたられることが多いのですが、一見の価値有りです。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ