福岡市動植物園

更新日:2018年12月7日

1933年に設立された御大典記念・福岡市動植物園から始まり、2013年に設立60周年を迎えました。北園と南園に分かれた園内に珍しいツシマヤマネコ、ツシマテン、ゴリラ、ライオン、トラなど約120種510頭羽の動物を飼育しています。こども動物園ではウサギやモルモットとふれあうことができ、ふれあい教室も開催しています。

基本情報

読み方 ふくおかしどうしょくぶつえん
住所 福岡県福岡市中央区南公園1番1号
電話番号 092-531-1968
公式サイト こちら
営業時間 9時~17時
休園日 月曜日(祝日の場合は翌日)
年末年始
入園料 大人400円 高校生200円
年間パス ×
駐車場
アクセス 地下鉄七隈線「薬院大通駅」2番出口から徒歩15分

混雑予想と攻略法

執筆中です!

口コミと評判

20代男性

●●私が子どもの時に遠足や家族の行楽で出かけた思い出深い動物園ですが、自分に子どもができ連れて行くとその立地の良さに改めて気付かされました。博多駅や天神からバス・地下鉄ですぐの場所にあり、緑豊かな閑静な住宅街の中にあるので、周辺を歩いているだけでも心地よい環境です。また、昔は坂が多くて園内を歩き回るのが大変なイメージがありましたが、施設内が改築されてエレベーターや傾斜の少ない道が増え、随分楽になりました。おじいちゃん、おばあちゃんも連れて行きやすいです。参加型のイベントを企画してくれるのもありがたいです。抽選でゾウさんの部屋を見学ができるイベントに当たった時は、大人も子どもも興奮しましたし、キリンさんのエサやりも良い思い出になりました。植物園が併設されているのも良いところ。家族みんなで一日中楽しめるスポットです。

20代女性

●●福岡市動植物園は薬院大通駅からバスがでているのでアクセスが便利です。植物園のなかには室内ハウスがあるのですが、バラの花がたくさん咲いていて感動しました。近くには花壇があります。家族連れが休憩しながら弁当を食べることもできます。園内には小さな展望台があるのですが、福岡市内がキレイにみえます。おすすめの撮影スポットです。私は花が大好きなのですが園内のスタッフが花の種類について詳しく説明してくれたので分かりやすかったです。園内はとても広いのでダイエットにもおすすめです。また植物園のすぐ近くに動物園もあるので小さなお子さんがいる家族連れも喜ぶと思います。最近はリニューアルされているので「食虫植物コーナー」というのが誕生しました。私は先日も植物園に行ったのですが花の種類が増えていたので充実した一日を送ることができました。楽しかったです。

●●こちらの特徴は、動物園と併設なことで、どちらかに入園すれば自由に(追加料金なしで)行き来できます。また、子供は無料なのもうれしいところです。春の桜はもちろん、特に気に入って何度も訪れるのは温室です。れんが造りの外観に大きな葉のつたが生えているのですが、新緑も、秋の紅葉も、葉の落ちる様子も思わず写真を撮りたくなるほどです。もちろん、温室の中も素敵で、蝶がひらひら舞うゾーンもありますし、白い壁と天窓からの光に映えるブーゲンビリアが南国のリゾート気分にさせてくれて、うっとりします。また、温室の手前にはバラ園があり、お気に入りの香りのバラをみつけたり、今日一番の美人の(!)バラを探すのも楽しみのひとつです。動物園が混み合っているときは、こちらの広々とした芝生やベンチでゆっくりお弁当を楽しむのもおすすめです。

●●動物園と植物園が一緒になっているので、とてものんびりと過ごすことができました。私は動物を見る目的で訪れたのですが、植物園と一緒になっているので木々が多く日陰が多いため、夏場でしたがとても気持ちよく歩いて回ることができました。入り口から中へ進んで行くと、所々に見たい動物がいる方向を表す標識が立っているので、道に迷わずに目的の場所へスムーズにたどり着くことができました。動物との距離は割と近く迫力を感じることができました。植物の数も豊富で、今まで見たことのない植物を見て楽しむことができたので、長い時間いても飽きることはなかったです。子供は動物を見て楽しむことができ、大人やお年寄りは植物を見て楽しむことができるので、子供からお年寄りまで楽しむ事ができる場所だと思います。家族連れで来るにはもってこいの場所だと思いました。

30代男性

●●我が家には小学生の一人娘がいます。その娘のお気に入りの場所の一つが、福岡市動植物園です。この施設はその名の通り、動物園と植物園が同じ敷地内にありますので、丸一日、十分に楽しむことが出来ます。娘は特に植物園の中のバラ園が大好きで、キレイな大きいバラの花に顔を近付けては、その香りをかいでいます。このバラ園の見頃は、春と秋の時期ですので、ゴールデンウィークと10月前後の週末には、大抵、植物園に足を運んでいます。ただ、どうしても週末や祝祭日は多くの人出があり駐車場も混み合いますので、朝一番に出かけるようにしています。それでも、植物園と動物園の両方を楽しむことが出来ますので、昼過ぎには全部見尽くしてしまうということはなく、一日中、楽しむことが出来ます。私は温室の中にある、日本では見ることの出来ない珍しい植物をじっくり観察することが一番の楽しみです。

30代女性

●●福岡市南区の高級住宅街にある大きな動物園です。とても人気なので行楽シーズンは開園して1時間ほどで駐車場が満車になることもあるくらいです。こちらの動物園はなんといっても種類が多いことに驚かされます。ゴリラ、オランウータン、カバ、サイなど他の動物園であまり見ることができないような動物がほとんどこちらでは見ることができます。子どもはもちろんですが、大人でも始めてみる動物もいたりしてとても楽しむことができます。また、展示の仕方が良いのか、かなり動物が活発に動いているので、動物園特有の「動物は見れたが全く動いていなかった」ということがあまりありません。先日もオランウータンが目の前で食事をしていたり、トラがガラスの目の前で水浴びをしていたり、カバが大きな口を開けて丸太と戯れていたり、とても楽しむことができました。坂が多いので若干ハードだと思います。

40代男性

●●私たちの家族はほぼ年に一度、福岡市動植物園に出かけます。この施設は福岡市内のほぼ中央に位置していて大人400円、高校生200円、中学生以下はなんと無料で入園することが出来ます。しかも、植物園と動物園が一つにつながっていますので、とてもお得です。植物園の大花壇は四季折々の季節の花々を年に4回植え替えて展示していますので、季節ごとに楽しむことが出来ます。また、その花壇の周りにはバラ園があり、特に春と秋の時季にはキレイなバラが咲き誇っています。私の妻や娘はこのバラ園が一番のお気に入りです。私は温室が気に入っています。そこでは、日本では目にすることの出来ない珍しいサボテンの数々や、熱帯雨林を再現したジャングルがあり、パパイア、マンゴー、コーヒーの木などを見ることが出来ます。また、多種多様なランも栽培、展示されていて植物の多様性を味わうことが出来ます。家族で一緒に楽しめる福岡市動植物園、お勧めのスポットです。

40代女性

●●子供を連れて福岡市動物園に行きました。私が子供の頃からあり、施設自体はあまり綺麗とは言えません。しかし、動物の数も多くいです。休日の来客も多く、なるべく早く行かないとすぐに駐車場も満車になってしまうほどの大人気でもあります。チンパンジーの場所はすぐに近くで見る事も出来、迫力もあります。建物も綺麗になっている部分があり、チンパンジーと場所はその場所の一つです。ライオンなどは網屋根になってるので上を向くとライオンが寝ていたりして怖がる子供も多数います。それだけ迫力がある作りになっているのです。日本猿はどのサル山は少し離れた場所にありますが、最後の場所となっています。カバを見たかったのですが、カバの姿はありませんでした。飲食のスペースもきちんとあり、メニューも手軽に食べれるものが多かったです。トイレも子供用のトイレが出来ていました。

●●もう一度訪れたい場所ナンバーワン、福岡市動植物園です。何年か前に一度友人に連れて行ってもらいました。私は植物園が大好きでいろいろな植物園に出かけています。植物園は動物園ほど多くなくて、さまざまですが、こちらの福岡市動植物園はとても美しく、いろいろ楽しめる要素が満載でだいすきな植物園です。特に私は温室が大好きで、温室の充実している植物園はポイントが高いのですが、こちらの温室はとても広くて、草花の種類もとても豊富で、しかも室内がとても見やすいので気に入りました。中でも大温室というジャングルを再現したエリアもあり、熱帯雨林原産のヤシ類や果樹、花や木などが展示されているのですが、ここがとても好きです。ここのジャングルを2階から眺めることもできる作りになっているのですが、その風景が個人的にとても大好きでまた行ってみたいです。

●●名前の通り、動物園と植物園が併設されています。福岡市のど真ん中なんですが、丘の斜面を切り開いて作られていて、ちょっと前まではやや行きにくい場所にありました。今では地下鉄の駅が出来たので少し便利になったかもしれません。市営なのでかなり安いです。中学生以下が無料というのも子連れには嬉しいポイントです。植物園の方が高台に位置していて、園内はわりと平坦になっています。とても広々しているので、のんびり周る事が出来ます。温室は一応ありますが小さいので、季節を選んで行くのがいいです。やっぱり春から秋にかけてがシーズンですね。休憩所などは園の端と端にあるのでトイレなどはちょっと不便です。休憩所では日によってボランティアさんによる無料の工作教室などが開催されているので、スケジュールを確認して行くといいですよ。

50代男性

●●福岡市動植物園は、福岡市のほぼ中央に位置する施設で、その名の通り動物園と植物園が同じ施設内にあります。我が家には中学生の娘がいますが、その娘が小学校に入学する前から毎年、家族で訪れています。駐車場のスペースが狭く休みの日にはすぐに満車になるので、朝早くから出掛ける必要がありますが、動物園と植物園を行き来できますので丸一日楽しむことが可能です。動物園では最近までリニューアル工事が行われており、アジア熱帯の渓谷エリアの動物たちを集めた展示スペースが完成しました。そこでは、アジア象やオランウータン、ヒョウ、マレーグマなど子どもに人気の動物を見ることが出来ます。また、何と言ってもこの動物園の一番の特徴は、絶滅危惧種に指定されているツシマヤマネコを飼育、展示していることです。展示は常時行われているというわけではありませんが、私も何度か見ることが出来ました。幼い子供たちのためには小型のメリーゴーランドなどの遊戯施設も備わっていて、家族でのお出かけにお勧めです。

50代女性

●●市内にあるので気軽に行けます。駐車場が混むので、バスを利用することをお勧めします。園内は広く色々な動物がいますが、中でも気に入っているのが猿山です。沢山の猿がいて個性豊かなので、ずっと見ていても飽きません。子供にはふれあい広場があるので、そこで小動物を触ったり抱っこすることが出来ます。家族連れがほとんどですが、デートやグループで来ている人達もいます。学校や幼稚園の遠足でもここは定番になっています。小高くなっているのでこう配が結構きつく感じますが、動物たちを見たいのであちこち歩き、いい運動になります。イベントが色々ありますが、中でも夏になると夜も開園することがあり、普段では見れない動物の様子を見ることが出来るので人気があります。動物園の中に、メリーゴーランドがあるので休憩がてら遊ぶことも出来ます。

60代~男性

●●福岡市動植物園は、福岡市の中心部から少し西寄りにある市民の憩いの場です。その名の通り動物園と植物園が一体となっており、大人は400円の入園料を払えば両方を行き来することが出来ます。私は特に植物園で時間を過ごすために、一年に数回、足を運んでいます。春夏秋冬、いつ訪れても、その時その時、季節の草花が迎えてくれますが、私は特にバラ園と温室が気に入っています。バラ園は春と秋の二回、見頃があり、気候がいいこともあって毎年多くの人たちがバラの花を愛でたり写真を撮ったりスケッチしたりと、思い思いの方法で楽しんでおられます。私は専ら、花を眺めて匂いを嗅ぐだけですが、それだけでも新鮮な気分を取り戻すことが出来ます。また、日本ではお目にかかれない熱帯の果樹やサボテンなどを温室の中では楽しむことが出来て、しばし異国情緒を楽しむことが出来ます。これからも植物園でリフレッシュして、英気を養います。

●●福岡市動植物園は、福岡市内中心部に位置しています。その名の通り、動物園と植物園が同じ敷地内にあり、大人は400円、高校生は200円の入園料を支払うと、両方行き来できるので、一日中、十分楽しむことが出来ます。私は時折、車で訪れますが、福岡市営地下鉄の薬院大通り駅から歩いて行くことも出来ます。最近、設立60周年を迎えて、それに伴い部分的にリニューアル工事を繰り返していて、動物の見せ方に工夫が凝らされているので、新鮮な気持ちで動物たちを観察することが出来ます。園内では特別天然記念物のツシマヤマネコの飼育と繁殖が行われており、常に展示されているというわけではありませんが、珍しいツシマヤマネコを見ることが出来る場合もあります。私も以前、偶然、ツシマヤマネコにお目にかかることが出来て、とても感激しました。

60代~女性

●●主人と二人で行きました。以前の入園料は大人400円、高校生200円でしたが平成28年に料金の改定が行われ現在は大人600円、高校生300円となっています。中学生以下が無料なのは変わっていません。ちなみに福岡市や熊本市在住の65歳以上など、一部の条件に当てはまる方も無料です。私が子供の頃から存在するレトロな動物園で、園内のあちらこちらで歴史を感じることが出来ます。植物園と繋がっていて入園すると自由に行き来OKとなっているのでお得感があります。数は多くないですが観覧車やメリーゴーランドなど遊園地にあるようなアトラクションも存在するので、小さなお子さんが園内を見て回るのに飽きてきたら乗り物に乗せてあげるのも良いかもしれません。坂道が多くて歩き回ると結構体力を使います。時々休憩を挟みながら主人と一緒に動物園内をぐるりと回るのにおよそ3時間かかりました。ライオンやトラなどの猛獣たちは私どもが見に行った時は皆大人しく、のんびりと歩いたり横になったりしていました。ヒョウが一番間近で見られて、ガラス越しで1mも離れていない場所で寝ていたのでまじまじと見ていたら、毛並みが非常に美しくて目の保養になりました。反対に活発に動き回っていたのはオランウータンやカワウソでしたね。これには近くにいたお子さんたちも喜んでいました。アジア熱帯の渓谷エリアにビルマニシキヘビのアルビノがいて、色素の薄い大きな体がとても綺麗だったのが印象深かったです。動物の種類が豊富なので長時間いても退屈しません。自販機の数も多く、歩き回って喉が渇いても安心です。中には飲食店もありますが、お弁当を持って行くのも楽しいかもしれませんね。

ページの先頭へ