鹿児島空港

更新日:2018年12月7日

鹿児島市北西部の霧島市にある空港で、鹿児島市中心部からは高速バスで約40分です。国内線定期便は羽田・中部国際・大阪などの主要路線の他、奄美大島・種子島・屋久島など、鹿児島県の離島への路線が運航されています。出発ロビーの待合室や展望デッキからは霧島山の風景を見ることができます。1階ロビーには天然温泉「おやっとさあ」があります。

基本情報

読み方 かごしまくうこう
別称
種別 拠点空港(国管理)
空港コード KOJ / RJFK
住所 鹿児島県霧島市溝辺町麓822
電話番号 0995-58-2740
公式サイト こちら
ターミナル 国内線・国際線
営業時間 7時30分~21時30分
国際線
免税店
駐車場
滑走路 3000×45
アクセス JR肥薩線「嘉例川駅」から約4km
各地からバス

口コミと評判

20代男性

●●鹿児島空港は平地ではあるのですが、山の中にある空港という感じです。ただ空港内は鹿児島県の名産品を取り扱ったお土産屋さんがあり、この空港でお土産を買っていくのもおすすめです。他にもドトールのコーヒーショップやコンビニなどがあり、時間を潰せる場所(くつろげる)場所はあります。そしてなんと言っても一階にある温泉(足湯)は気持ちよくかなりおすすめです。入ると足がすべすべになり、女性の方にもおすすめです。出発前、到着後どちらにも利用することをおすすめします。また、利用者数は多い方ではないのでロビーのソファーはいつでも座れるので、歩き疲れることはなく、小さなお子様がいるご家族の方やご年配の方にも優しい空港です。すでに記載がありますが、他にはアクセスはあまり良く移動は全てバスのみとなっています。また、バスは鹿児島の中心部と直結しているので思ったよりも不便ではないです。そして、周囲は山に囲まれているので美味しい空気を満喫するには最高の空港ではないかと思います。

20代女性

●●以前、仕事で頻繁に利用していました。着陸間際に上空から鹿児島空港を見てみると、まるで森の中に突っ込んでいくかのような…そう思ってしまうくらい、山の中にあります。そのため、市街地へのアクセスがあまり良くなく、例えば鹿児島中央駅までだとバスを利用して40分近くかかります。電車は通っていません。空港施設は、割とこぢんまりしていますが、国内線国際線共に発着しており、それなりの活気があります。空港の造りがコンパクトな分、利用客にとってはわかりやすく、1階が到着ロビーと航空会社カウンター、2階が出発ロビーという比較的単純な動線になっているのでそこまで迷うこともないと思います。また、空港内では検査場に入るまでにも名産品など数多く並んでいるので、お土産を買うのにも困らないと思います。他に、鹿児島名物の鶏飯や黒豚が食べられるレストラン、普通のコーヒーショップ(ドトール)にコンビニエンスストア(ファミリーマート)なども揃っています。大きな空港のように、遊んだりショッピング、散策などして半日ほど潰せるような空港ではありませんが、出発前の1〜2時間くらいはゆったり気持ちよく過ごせる空港だと思います。

●●私は鹿児島空港がお気に入りです。あの建物の見た目が大好きです。東京等に比べると小さいですが、とてもインパクトのある建物です。鹿児島空港で働いているとキャビンアテンダントさんはとても親切です。どこに行けばいいかわからない時や、道に迷っている時、聞かなくてもキョロキョロしていたら親切に声をかけてくれます。空港は鹿児島の人は温かいなと感じられる場所です。そして、空港といえばどこもそうですが、その都道府県の名物が販売されています。鹿児島でいうとさつま揚げやかるかんです。私は、この二つが大好きです。もちろん、専門店に買いに行くのもいいですが、さつま揚げとかるかんが同時に購入できます。ノーマルではなく、変わったものも購入できますので、旅行で空港に行く事は少ないですが、食べ物などを買いに行く事は多々あります。一つのお出かけスポットとして利用させていただいてます。

30代男性

●●鹿児島市内などの市街地から離れた場所にあるものの、国内線、国際線ともに備えており、関東方面へのLCCも各社、便があるのはとても便利。新幹線が出来て、陸路も圧倒的に便利になったが、コスト・時間といった面からもまだまだLCCの使える飛行機の方が圧倒的に便利だと思う。スカイマークを使えばかなり安く(ANAなどに比べて半額近い時期もある)東京までダイレクトに行けるのはとても良い。東京、関西からも直行便が多く出ているので、鹿児島観光などの足としてもおすすめ。空港へのアクセスについては、鹿児島県内の各地からバスの運行があるため、空港は不便な場所にあるが、そこまで困ることはない。もちろんレンタカー会社も空港周辺にあるので、空港で車をレンタルして自由に移動してもいい。また、景観がとてもよく、南国を思わせる街路樹がならんでおり、空港内のショップもご当地グルメがあったりと、情緒がとても出ている。

30代女性

●●鹿児島市中央駅から高速バスで40分ほど、市街地から遠くてやや不便な場所にあります。もっと他の県のように空港と市街地が近ければと思いますが、仕方ないですね。国内線と、国際線もあります。九州の端のため就航路線も多くなく、国内線のフロアしか行ったことがありませんが、国内線は3階建てでそんなに広くないため比較的迷わず搭乗手続きなどかからないです。鹿児島の離島(奄美大島・種子島・屋久島)への路線があるので、遠方から鹿児島の離島に行きたい方には必須の空港ですね。施設の2階にはコンビニエンスストアのファミリーマートがあります。お食事は鶏飯や黒豚など鹿児島のものを食べることもできます。1階にはドトールもあります。鹿児島のお土産を買うところもたくさんあるので、楽しめる空港だと思います。

●●鹿児島空港が好きです。鹿児島の中心 鹿児島中央駅から鹿児島空港まで直通バスがあるので、距離はありますが、とても簡単に空港に行けます。鹿児島空港はとても広いです。まずはお土産屋がたくさんあります。私がとても印象的だったのは、馬刺しの試食があること。そんなとこは初めて見たのでビックリしました。鹿児島で九州のお土産がすべてあるのではないかというくらいお酒のお土産屋や、明太子のお土産屋と多数で、なに買おうか悩んでしまいます。それと鶏飯が、食べ放題というお店「大空食堂777」なんと555円ですきなだけ食べれてしまいます。開店時間に行くと待つことなく食べれます。もちろん鶏飯だけではなく、普通のメニューもあります。他には、足湯もあります。なかなか空港には足湯がないようで、とてもめずらしいそうです。タオルとかはないので自分で用意してから行くのがオススメです。

40代男性

●●鹿児島市の中心部から高速バスで1時間弱かかる、遠くて不便な場所にあります。東京都心から成田空港までバスで行くようなイメージでしょうか。やっぱり桜島が近くにあると、離着陸にも影響するからなのでしょうか。小さい空港ながら、国内線と国際線があります。残念ながら国際線を利用する機会がなく、国内線しか利用したことはありませんが、国内線ターミナルは3階建てです。ターミナルは広くはありませんが、必要なものがキュッと詰まった建物です。おみやげ売り場も内容は充実しています。食事できるところも多くはありませんが、鹿児島のものをひととおり食べることができるよう、工夫されています。奄美方面への路線があるので、ここまで飛行機できて、離島行きの飛行機に乗り換えるひともいますが、駐車場が広いのでこの空港まで車できて、飛行機で離島へ向かう人も多いです。(私の上司は福岡から車で鹿児島空港へ行き、飛行機で種子島へ帰省していました。)

40代女性

●●空港を出てすぐのところに広い駐車場があります。また宿泊する場合は近くの駐車場にとめる人も多く、送迎バスで空港と行き来します。施設は割ときれいです。空港の外に出ると足湯があります。腰掛ける椅子や屋根がちゃんとあるので、そこでゆっくりできます。空港に足湯があるのは他の空港と比べて違う点です。主に二階にお食事処やお土産コーナーがあり、観光客でいっぱいです。お店によっては離着陸する飛行機を眺めながら食事をとれます。また鹿児島名物の山形屋のかたやきそばも食べることができます。他にも飛行機のシミュレーションが出来たり、模型が展示してあるスペースもあります。小さな子供たちもそこで時間をつぶせる事が出来るし、大人でも見ていて楽しいところなので、おすすめです。三階は屋外に出ることができ、見送り可能です。子供の乗り物も少しあります。

●●山の上に位置する鹿児島空港は、私たち家族が大好きな空港の1つです。鹿児島は離島が多いせいでしょうか。展望デッキからは、頻繁に飛行機が着陸、到着を繰り返す姿を楽しむことができ、子供たちも大興奮です。小さなプロペラ機から、国際線の見慣れないデザインの飛行機までさまざまな飛行機も楽しむことができます。さらにこの空港の素晴らしいところは標高が高いので景色がよく、遠くに霧島連山の山々も望むことができます。山々を背に飛び立つ飛行機の姿には本当に見とれてしまいます。鹿児島市内からはかなり距離がありますが、ぜひ、飛行機に搭乗することがなくても 訪れることをおすすめしたい空港です。鹿児島名物の食べ物も充実していておすすめです。

50代男性

●●普段鹿児島市内に在住しており、プライベートや仕事などで鹿児島空港を利用しています。空港のある場所が高速バスで40分のところにあり、ちょっと遠いかなと感じますがリムジンバスが10分おきに鹿児島市内から発着しているのであまり不便さは感じません。山麓に開かれた自然豊かな土地に広々と佇む鹿児島空港は普通の空港ではお目に罹れない足湯専用の天然温泉「おやっとさぁ」があるのです。出口ロビーの外に観光客や出発客などたくさんの人が足をお湯に浸けており、私も出発前に必ず足を浸かっています。足を入れるときちょっと熱いですが、熱さに慣れてくると何とも言えない開放感でほっと癒されます。空港内はお土産屋さんやレストランがたくさんありますし、滑走路を見下ろせる展望室や、マッサージチェアやリラグゼーションルーム、美術品の展示場がありここでフライトまでの時間を潰すことができます。たくさんの施設を堪能できる鹿児島空港は我が県の自慢の施設であると言えます。

50代女性

●●帰省のたびに利用しています。昼食を食べることが多いのですが、1階から3階まですべての階に飲食店があるのでとても便利です。2階、3階に入っている飲食店では地元名産の食材を使ったさまざまな郷土料理が提供されているため、県外からのお客様との食事に利用することもあります。3階のエスカレーター前にある店やその奥の店の窓側の席からは発着する飛行機を眺められ、晴れている日はとても気持ちよく食事ができます。お土産店もたくさんあり、人気の郷土菓子や地鶏などの加工食品はほとんど空港内で買えるので、時間がないときも困りません。空港に早く着きすぎてしまったときは2階保安検査場に向かって右手奥の通路にあるギャラリーを見に行き時間をつぶします。陶芸作品や絵画などその時々で展示物が変わり、ちょっとした芸術鑑賞が楽しめるので気に入っています。

60代~男性

●●鹿児島空港は鹿児島市内中心部から車で約1時間ほどの少し離れた場所にあります。公共機関を使う場合は空港連絡バスを使うことになりますが、鹿児島市内からは約10分間隔で運行しているのであまり困りません。車で行く場合ですが駐車料金は1泊800円程度。送迎や空港施設を利用するための駐車料金はは2時間まで無料になっています。鹿児島空港にはレストランや土産物屋さんなどの施設がたくさんありますが、全国的にも珍しい足湯温泉「おやっとさぁ」があります。誰でも無料で利用することが出来るので出発待ちの人や、空港連絡バスを待つ人が足湯に足を浸けています。無料で展望デッキも利用することが出来るため展望デッキから離発着する飛行機を眺めるのもオススメです。鹿児島空港は離島を抱えているため地方空港にしては離発着が多いので見応えがあると思います。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ