初午祭

更新日:2018年12月7日

霧島市の鹿児島神宮で行われる祭りで、20万人以上の観光客があります。室町時代、領主・島津貴久と日秀上人(にっしゅうしょうにん)がこの神宮の改築工事中に、馬頭観音の夢に現れ「この地ではだれも自分を顧みてはくれない」と嘆いた夢をみたことがきっかけとなりはじまったとされています。そのため祭りでは、鈴を飾った馬を鐘や太鼓、三味線に合わせて踊ったようにみせる「鈴かけ馬踊り」を行っています。毎年旧暦正月18日の次の日曜日に開催。

基本情報

読み方 はつうまさい
開催日時 旧暦1月18日を過ぎた次の日曜日
開催場所 鹿児島県霧島市(鹿児島神宮)
電話番号 0995-45-5111(初午祭実行委員会)
公式サイト こちら
入場料 無料
駐車場 なし(近隣の一般駐車場を使用)
アクセス 【電車】隼人駅からタクシーで5分
【車】九州自動車道溝辺鹿児島空港ICから25分

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●募集中です!

30代男性

●●鹿児島に春を告げる伝統あるお祭りです。見所は大きな鈴が連なる装飾を施された馬が、お囃子に合わせてステップを踏む「鈴かけ馬踊り」。700kgにもなる馬の踊りを、かなり間近でみることが出来るので、迫力満点です。子供から大人まで楽しめると思います。ただ、場所は鹿児島神宮周辺のみとかなりコンパクトな割に、人手がかなり多く、とにかく混雑します。自分で歩けない、ベビーカーが必要なほどの小さな子連れはあまりお勧めできません。駐車場は鹿児島神宮とイオン隼人などに臨時駐車場が出来ますが、午前8時の交通規制がかかる頃には、ほぼ満車になります。市外の方は電車で隼人駅まで来てから、歩いた方が良いと思います。出店はお祭り価格でどこも割高ですが、近くの宮内小学校が出しているうどんは、安くてコストパフォーマンス良いですよ。

30代女性

●●募集中です!

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●募集中です!

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ