熊本市立熊本博物館

更新日:2018年12月7日

昭和27年(1952)に設立された博物館。9500個もの恒星を映し出す精細なプラネタリウムは、デジタル音響システムも備えており、迫力ある音と共に楽します。

180名収容で、車椅子スペースや磁気誘導ループ(対応補聴器を持参のこと)、ベビーカー収納場所なども確保。館内ではほかに、熊本の山や海に生息する生き物(はく製)などを展示しています。

基本情報

読み方 くまもとしりつくまもとはくぶつかん
住所 熊本県熊本市古京町3-2
電話番号 096-324-3500
公式サイト こちら
ドーム径 16メートル
座席数 / 形 180席 / 扇形
機材・機種 五藤光学 クロノスⅡハイブリッド
投影日時 要問い合わせ
観覧料 一般200円 中学生以下100円
駐車場
アクセス 杉塘駅または段山町駅より徒歩8分
「交通センター」または「市役所前」バス停より徒歩15分
「博物館・旧細川刑部邸前」バス停より徒歩すぐ

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●もともと星や月・オーロラなど「夜空」がとても好きで興味があったので、楽しい時間を過ごせました。熊本市立博物館は建物は古いながらもプラネタリウムはしっかりとした作りで、幻想的な雰囲気が漂っていました。中に入りしばらくすると場内が暗くなり、柔らかなナレーションの声と共に星空が映されました。熊本の中心地に住んでいると、街の明かりで星空はめったに見られません。なので、感動もひとしおでした。星座の説明とともに星が動く演出がとても分かりやすく、神秘的とさえ思いました。これから季節が夏に近づくと「夏の大三角形」が見ることが出来る機会も増えるので、灯りを消し夏の夜空を見上げ星座に思いを馳せるのもいいなと思ったプラネタリウムでした。

30代男性

●●募集中です!

30代女性

●●家の近くにあったこともあり小さい頃はよくプラネタリウムに連れて行ってもらっていました。その当時もきれいだったという印象はありますが20年ぶりぐらいに行ったプラネタリウムで衝撃を受けました。私が行ったプラネタリウムは熊本市立博物館の中にあります。少し小さい印象のプラネタリウムで以前と変わってはいないと思っていました。しかし変わっていました。まずは椅子が座り心地のいい椅子になっていました。以前は首が痛くなっていましたが今はリクライニングがいい感じにでき首も痛くならずに楽しめました。そして始まってみてビックリしました!映像が繊細で迫力ある音と共に出てくる星たちがとてもきれいでした。あまりにもきれいで星空に引き込まれるような、少しコワいような気分になりました。

●●小さい頃に通っていたプラネタリウムに子供を連れて行って来ました。小さい頃に見たプラネタリウムの印象のままに行ったのですが、全然違いました!まずキレイさが違いました!本物の星空を見ているような感覚になるようなキレイさでした。辺り一面の星空を子供と一緒に私も子供に戻って楽しむことができました。椅子も座りやすく首が痛くないようになっていたのでとても快適に過ごすことができました。プラネタリウムがこんなに進化していたとはビックリでした。子供もとても喜び、星に興味を持ったみたいです。すぐに星の図鑑を買いに行きました。また子供を連れて見に行こうと思います。また行きたくなるとてもキレイで印象的なプラネタリウムでした。

40代男性

●●募集中です!

40代女性

●●熊本市立博物館のプラネタリウムは数年前に改装されたばかりです。以前のプログラムはどちらかというと小学生向けに作られていましたが、改装後は最新のプラネタリウムになっており映像が格段に良くなりました。オープニングは熊本市の今日の夜空の紹介から始まるのですが、光の少ない郊外で夜空を眺めているような感じです。解説の途中で現在夜空で見ることができる惑星の紹介もされますが、これが一番の見どころです。小さな光の点だった物をズームアップして見せてくれるのですが、まるで大きな球体が本当に天にあるようでいまにも落ちてくるようなかなりリアルな惑星の映像に館内のお客さんから思わず「おおーっ」どよめきが聞こえる程です。その後の、星に関するプログラムはどちらかというとNHKの特集のような構成になっており以前より大人も楽しめる専門的な内容と惑星と同様のリアルな映像に魅了されます。なので、改装後は人気が出てきたようでいつも多くのお客さんがならんで見にこられています。

50代男性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ