宮崎空港

更新日:2018年12月7日

宮崎市街地の南部にある空港で、JR宮崎空港駅と接続されているため、空港-市街地間のアクセスが便利です。2014年に「宮崎ブーゲンビリア空港」という愛称が付けられました。空港の近くに航空大学校宮崎本校キャンパスがあり、空港の展望デッキから訓練機の離着陸訓練を見ることができます。また、展望デッキには航空大学校の訓練機が展示されています。

基本情報

読み方 みやざきくうこう
別称 宮崎ブーゲンビリア空港
種別 拠点空港(国管理)
空港コード KMI / RJFM
住所 宮崎県宮崎市赤江
電話番号 0985-51-5114
公式サイト こちら
ターミナル 1棟
営業時間 7時30分~21時30分
国際線
免税店
駐車場
滑走路 2500×45
アクセス JR九州宮崎空港線「宮崎空港駅」
各地からバス

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●この空港は、「宮崎ブーゲンビリア空港」の愛称がつけられて、県民に親しまれている空港です。駅からは直通の列車がある為、街中へのアクセスも容易です。敷地内にはブーゲンビリアが植えられ、南国のムードがうまく出ていると思います。1階中央にはイベントスペースがあり、イベント以外に様々な物品販売がされています。決して広い方ではありませんが、2階のテナントも充実しています。特におみやげ屋さんは必見です。品揃えがしっかりしているので、買い足りない人にとって、ここでもまた選べる楽しみが増えています。また、最近では待合室も少しリニューアルがされ、時間がある人にもくつろげる空間が出来ていると思います。トイレもキレイになっているので施設も使いやすくなっていると思います。飲食店もいくつかあるので、送迎時には少し早く行って空港内を満喫しています。

30代男性

●●私は実家が宮崎ですので、帰省する際に宮崎空港を利用しています。地方の空港ですのでさほど広くありませんが、不便に感じたことはありません。従業員の対応なども丁寧なので、快適に利用しています。地方の空港でポイントとなるのはお土産が充実しているところではないでしょうか。宮崎空港では、宮崎名物のお土産が充実しています。私は毎回「チーズ饅頭」を購入しています。これが評判で、友人・知人には毎回買ってくるように頼まれています。もう1つ、宮崎空港でオススメのポイントがあります。それは「からくり時計」です。からくり時計は1時間に1回動くもので、「夢かぐら」という名前がつけられています。宮崎といえば「かぐら」です。そのかぐらを人形が舞う仕掛けになっているのです。「からくり時計」を見るたびに、宮崎に帰ってきたんだなあと実感することができます。

30代女性

●●すごい田舎なんだろうという予想を覆されるほど綺麗で開放的な作りの大きな空港です。トイレも綺麗ですし、レストランなど食事する施設も多く、お土産屋さんも大変充実しております。ここでしか売っていない、佐吉のしょうゆのたれは、是非ご購入を。ポン酢好きの方にはたまらない醤油とポン酢の間のような手作りダレです。お刺身にも、料理にもなんでも使用できるのでいつも箱買いしております。マンゴーも売っています。宮崎は美味しいものが多くまだまだ行ってみないとわからない郷土料理も沢山あるので新たな発見が多くあり、お土産を見たり、試食していくだけでも楽しいです。空港から降りると、海も近く、ヤシの木も多くあり、南国気分満載です。電車も通っていますが、近くにレンタカー屋が何件かあるので観光の際には車の方が便利だと思います。

40代男性

●●昨年の秋に「宮崎ブーゲンビリア空港」という愛称がつけられた直後、帰省のため宮崎空港を利用しました。相性の名前に相応しく、明るい南国風の空港に生まれ変わっていました。中央の広場では全日空就航60就航の記念展示が行われており、全日空の歴代の制服が並べられていて印象に残りました。また、中央の広場の上の方にかぐらの模型があり、1時間に1回程度動き出し、空港を訪れた方々を楽しませてくれます。宮崎市内から車で15分程度の距離に位置する空港であるため、宮崎市内の繁華街や青島などの観光地へのアクセスも最高に良い立地にあります。また、JRの宮崎空港線が空港まで直結しているので、延岡や高千穂の遠方に行かれる方は電車が便利かと思います。搭乗口は10箇所もないので、繁盛時でも比較的スムーズに乗り降りできると思います。

40代女性

●●海沿いに面した空港で、関東から行くと宮崎が近づいてくると海の向こうに宮崎だけだなく鹿児島までが見渡せそうな地形が見えてきます。青島神社やシーガイアなどはすぐに分かります。空港の隣がサーフポイントなので、すぐに上空から波チェック出来、サーファーをワクワクさせてくれます。空港の真ん中に吹き抜けのある、開放感のある空港です。空港の外に出ると南国ならではのパームツリーがお出迎えしてくれます。イベントスペースでもいろいろイベントをしています。お土産屋も飲食店も充実しており、宮崎ならではのお土産や食事も堪能出来ます。展望デッキには航空大学の訓練機が展示してあり、コックピットに乗ることも出来ます。小さいお子さんも楽しめる施設だと思います。空港から市内へのアクセスも充実、電車乗り場もすぐですしバスもありますが本数は少ないです。サーファー目線で申訳ないのですが、空港についてタイミングさえよければ1時間後には海に入れるアクセスの良さも最高です。車で20分ほどで市内や青島まで行けます。空港で働いている方ののんびりとした口調にも癒されます。

50代男性

●●宮崎空港は2014年に宮崎ブーゲンビリア空港という愛称が付けられて、県内外からの利用者から親しまれ利用されています。ここは若いころよく出張に行っていたとき利用していましたから、ここに来ると少し緊張感が走ります。しかし同時に1階のイベント会場にはプライベートで行っていましたので、その会場では緊張が和らぎます(全国から集めた珍しいギターなどを展示しているときによく見に行きました)。この空港は地方空港ですが他の空港よりもレストランなど、食の施設が充実していると思います。家族でも行けますし、ビジネスマンのために用意されているメニューがあったり、それからこれはこの空港の大きな特徴ですが、隣接している航空大学校の離陸などの練習風景を見ることもできます。またお土産も種類が豊富にそろえてあり、見ても・買っても食べても、楽しめるスペースがたくさんあります。

50代女性

●●宮崎県へはゴルフ旅行の目的で行くために、数回こちらの空港を利用しました。割とコンパクトな空港ですが、施設の建物内外は全体的にとてもきれいな造りで衛生的な印象を受けました。ターミナルの1階にも少しありましたが、主には2階部分にお土産を販売しているお店が沢山ありました。宮崎県と言えばマンゴーや日向夏といった果物が有名ですが、生の果物に加えて果実を利用して加工した、さまざまな和洋菓子がありますし、スイーツ以外にも地鶏の炭火焼や宮崎牛、魚介類を加工した食品や地酒など、いろいろと品ぞろえが豊富で、お土産を購入するのに空港で事足りてしまうので、とても便利でした。また3階部分のフロアへ行けば食事が出来るお店が数件ありますので、搭乗までの時間にゆとりをもって空港へ行っても、時間つぶしにはあまり困りませんでした。そして宮崎空港のターミナルから出てすぐの所には宮崎空港駅がありますので、交通の便も良さそうです。

60代~男性

●●募集中です!

60代~女性

●●宮崎ブーゲンビリア空港は、その名の通り花に囲まれた南国情緒豊かな雰囲気です。規模は大きくありませんが、ロビーなどには適度な余裕があり、地方空港としては使い勝手がよく、とても快適です。11月のゴルフシーズンには、男子、女子ともにプロのトーナメントがあるので、特設イベント会場が設けられて、記念グッズの販売や選手のパネル展示などが行われています。運がよければ、現地入りする選手に会えるかもしれません。また、プロ野球のキャンプ地が宮崎にはたくさんあるので、2月のキャンプインシーズンには、空港で歓迎セレモニーが行われて、ジャイアンツやソフトバンクの選手達を間近でみることができます。写真をとるチャンスもたくさんあります。このように、宮崎空港にはプロスポーツ選手が多数訪れます。宮崎空港で購入できるオススメのお土産は、マキシマムという調味料です。目先が変わって面白いお土産になると思います。

ページの先頭へ