長崎空港

更新日:2018年12月7日

長崎県大村市の大村湾沖合にある、世界初の海上空港です。空港のアクセスは、長崎市・諫早・佐世保など長崎県各地からバスが運行されている他、ハウステンボスなど4路線の船便が空港のマリンターミナルから運航されています。国内線定期便は羽田・中部国際・大阪などの主要路線の他、オリエンタルエアブリッジの長崎県の離島3島への路線が運航されています。

基本情報

読み方 ながさきくうこう
別称
種別 拠点空港(国管理)
空港コード NGS / RJFU
住所 長崎県大村市箕島町593
電話番号 0957-52-5555
公式サイト こちら
ターミナル 1棟
営業時間 7時~22時
国際線
免税店
駐車場
滑走路 ・1200×30
・3000×60
アクセス 各地からバス

口コミと評判

20代男性

●●募集中です!

20代女性

●●長崎市内から車で40分ほどと少し不便な感じがしますが、周辺の観光地からはリムジンバスや路線バス、船もあり、慣れれば不便さは感じなくなりました。大村湾に浮かぶ空港なので船便があるのでしょうが、ハウステンボスなどで遊んだあとに船に乗って空港へ行くと言うのは、ほかの場所では味わえない経験でした。陸からバスやタクシーで空港へ行くには、唯一の道路である箕島大橋を渡ります。お天気が良く、体力が残っているときは橋の手前でタクシーを降り、歩いて渡ることもありますが、景色も素晴らしいし海からの風がとても心地いいです。そして、この橋を渡る時は「また長崎に遊びに来たいな」といつも思ってしまいます。たぬきがたくさん生息しているらしく、餌を与えないようにとの注意書きがいくつかありました。飛行機の離着陸に影響がないのか少し心配です。

30代男性

●●長崎空港は大村市にある空港で、長崎市内や佐世保市内からのアクセスは若干不便です。バスの便が充実しているのでそれほど使いにくい、というわけではありませんが長崎市内から大体1時間弱かかります。空港自体は古いながらもシンプルな作りで飲食店や土産物コーナーでの長崎特産品が充実しています。飲食店にはちゃんぽんや五島うどんのメニューもあり、郷土色豊かです。長崎名産を集めたコーナーでは長崎らしく多くのカステラが取り揃っています。中でも本店と空港だけでしか売られていない琴海堂のカステラは、本店では完全予約制でオーダーしてから数か月待ちという超レアな商品です。ここでしか買えないお土産に是非どうぞ。地方空港にしては割と人が多いなと思っていたんですが、調べてみると実は羽田ー長崎便は搭乗者数が全路線中9位の繁盛路線なんですね。ですから混雑している時があるので搭乗口までは時間に余裕を持って行ったほうがいいと思います。

30代女性

●●長崎空港は小さい時から何度も利用していますが、空港内部がごちゃごちゃしていないので、非常にシンプルな作りになっていて、利用しやすいです。チェックインを終えて、ゲートに行くまでの間にお土産コーナーやカフェ、レストランがありますが、お土産コーナーは長崎名物の物がたくさん売られていて、どれもこでも試食ができるので、お土産を買いやすい場所でもあります。若干ゲートの入口が小さいので、混んでいる時には急いでゲートに行って手続きをすまさなければいけませんが、そうでなければ、お土産コーナーなどを堪能する事ができるので、旅行の最後まで長崎を楽しむことができる、長崎らしさの詰まった空港であるということが、この空港のメリットであり、魅力だと思っています。ちょうど良い広さの空港ですから、空港の雰囲気に疲れることもありません。

40代男性

●●長崎空港は、海上にある空港で、本島から伸びる一本の橋から見る空港周辺の景色は、まさに長崎を象徴する海と丘です。空港自体は横長で、それほど広くはありませんので、利用者にとっては、利用し易い空港です。また、空港内の売店には、長崎のカステラ、角煮まん等、長崎名物のお土産が揃っています。空港の1階には、長崎を代表するちゃんぽんや皿うどんが食べられるお店があり、日帰り出張で忙しいサラリーマンには唯一長崎を堪能できる場所が空港内にあることも嬉しい限りです。そして空港から連絡船が出航していることに非常にビックリしました。観光で飛行機で長崎に訪れて、船に乗ってハウステンボスまで行けるのです。1時間に1本程度の運行ですが、空港に船着場がある空港は珍しく、船に乗れば、長崎旅行が更に満喫できます。他に時津方面にも運行しています。長崎空港の至る所にこれほどまでに長崎の魅力が詰まっている空港は他にはないと思います。

40代女性

●●長崎空港は横広にできているとてもわかりやすい作りになっている空港です。出発ゲートも到着ゲートも同じ階に存在しているので、迎えに来る人にとっても簡単でわかりやすい空港になっているのはいいなと思います。そして、空港を囲む場所というのも海に囲まれた長崎らしいなという感じで、長崎空港に向かうまでに海に挟まれた橋を渡って行かなければいけないというのも、「これから旅行に行くのだ、長崎とはお別れだ」という気持ちにさせてくれる旅行感をたっぷり味わわせてくれる空港となっています。空港の中は長崎の名物、角煮マンやハウステンボスがらみのチーズやカステラなど、とにかく豊富なお土産が売られていますし、ほとんどのものが試食ができるというのが長崎空港の良い部分だなと思います。ゲートにも近いので、ぎりぎりまで見ていられます。

50代男性

●●長崎県大村市にある空港です。この空港は海上空港です。(世界初とか?)海上空港といっても、島を改造した空港になります。もともとすんでいた方々を移住させて建設したようです。観光県である長崎の玄関口らしく、国内線・国際線の便数はかなり充実しています。九州の中では、福岡につぐ数なのではないでしょうか。空港内も、お土産屋さんが所狭しとならんでいます。食事も、長崎中華街を彷彿とさせる中華料理店が入店しています。空港内も、中華をメインとしたオブジェとなっていますが、建物は教会を意識したものになっています。有料駐車場がありますが、海上空港ということもあり、数日間置きっぱなしにすると、車のガラスが塩で真っ白になってしまいます。長崎空港を利用するときは、バスの定期便利用をお勧めします。ただし、長崎の街中から遠く、1時間ほど要します。

50代女性

●●長崎県大村市にある空港です。長崎市内までは少し時間がかかります。大村市内からも車で走って結構外れにあります。空港はとても綺麗で駐車場も広かったです。空港内は地方の空港なのに、かなり広く綺麗でした。新しい設備がとても気持ちよかったです。空港の中に長崎を代表するお土産店が充実しており、とくに、食べ物は実演販売していたり、試食などもあり、その場でも食べることや持ち帰りも出来てかなり沢山の種類がありました。長崎市の有名中華料理のお店もあり、飲食店はとても良かったです。空港が広いので、子供連れにも快適に過ごせます。市内から外れにあるので、早めに到着しても待ち時間が空港内で十分過ごせると思います。長崎市やハウステンボスへ行くのもリムジンバスが出ているので、長崎市からは離れているものの、さほど不自由には思いませんでした。綺麗な空港でした。

60代~男性

●●ハウステンボスに旅行に行く時に長崎空港を利用しました。着いた時に思った印象は、こじんまりしていますがとてもきれいな空港です。空港からハウステンボス行きのバスが出ていて2時間もかからずノンストップで着きます。ハウステンボス以外にも長崎駅や主要なところのシャトルバスが出ていますので、長崎空港からもいろいろなところが行けるので便利が良いと思いました。売店はやはり長崎と言うことでカステラのいろんなメーカーが出店されています。街中で買うのと同じ値段なので荷物になるのでここで帰りにお土産を買ってもいいと思います。長崎と言えばカステラ以外にはちゃんぽんがありますが空港にも長崎ちゃんぽんの店はあります。飛行機の待ち時間にぜひ本場の長崎ちゃんぽんを食べてください。旅を終えて帰る前に長崎旅行を思い出しながら本場で食べると美味しく感じました。

60代~女性

●●募集中です!

ページの先頭へ